イタリア留学で最初に知るべき4つの知識

「イタリア留学したいけれど、何から始めたらよいのかわからない。」

今回はそんな方に向けて、基本的なイタリア留学の準備に関する情報をご提供します。

イタリア留学をすると決めたならば、本格的な準備は半年前から進めましょう

まずは、何をするためにイタリア留学をするのか目的を明確することが大切です。そして、目的を決めた後は、イタリア国内のエリアや都市を決定すると良いでしょう。

また、イタリア留学のカウンセリングをしてくれるエージェントは、アメリカやオーストラリアのように多くはないのが現状です。

そのため事前にある程度の時間をかけて、自分自身で情報収集することがとても重要です。

イタリア留学総合サイト「Study in Italy

留学スタイル別の細かな情報を始めとする学校検索、体験談、手続き情報までイタリア留学に関する情報を収集できるサイトです。

【イタリアの関連記事はこちら】

↑イタリア滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

【NEW】せかいじゅうイベント情報

せかいじゅうNight マレーシア 9/16(祝日)at Tokyoに参加しませんか?

マレーシア居住者とのトークイベント&世界を目指す仲間を見つけよう♪お席は先着順!イベント詳細はこちら

1.バリエーション豊富なイタリア留学

留学をする場合には、何を目的として留学するのかがとても重要です。

語学を学ぶだけなのか、キャリアップを図るためなのか、それぞれの目的に合わせた留学スタイルを選択する必要があります。

語学留学

イタリアには約400の語学学校があると言われています。期間も短期のものから中長期のものまで豊富に揃っているのも魅力です。

学校によっては、イタリア文化を学べる、アート、料理、オペラ、ファッション関連のコースと組み合わせて授業を受講することができる学校もあります。

短期間のものも多いので、興味のあるものに合わせて経験ができます。

また、語学能力を確認するために「イタリア語検定試験」を受けて自らのイタリア語力を図ってみるのもおすすめです。

イタリア外務・国際協力省が認定する「イタリア語検定試験」は4つの異なる機関により実施されています。

レベルは入門から最上級のレベル6まであり、イタリアでの受験もできますが、日本でも実施されています。

専門学校留学

ファッション、デザイン、料理、ツーリズム、伝統工芸などを学べる学校が豊富に揃っています。

授業は英語のサポートが入る学校と、イタリア語のみで授業を受講するものがあり、受講の時間、時期なども様々です。

入門コースから本格的に学べるものと多岐にわたります。

大学/大学院留学

イタリアの大学は国公立がほとんどです。世界最古の大学とされているボローニャ大学など、ハイレベルな教育システムを誇っています。

国公立の場合学費がとても低く、半年の概算の留学費用(授業料、滞在費、航空券などを含む)は約100万円と言われています

参照:イタリア留学ガイド(発行:イタリア文化会館)

また、在籍している大学とイタリア協定校との交換留学プログラムを利用すると、授業料が免除になるものや、日本の大学の単位が取得することができるケースもあります。

スポンサーリンク

2.イタリア留学は各学校のウェブサイトを活用して

イタリアでやりたいこととエリアが決定したら、各学校のウェブサイトなどを活用して、学校の特色、場所、コース内容(期間・料金・人数)などを、各学校の情報を比較しながら検討することが大切です。

なお、各学校のウェブサイトにおいては、イタリア語/英語のサイトがあるので、英語で問い合わせすることが可能です。

特に人気の語学学校などにおいては、日本語での問い合わせも対応しているので、不明な点や疑問点を質問してみましょう。

ウェブを通じて申し込みや支払いができるケースが多いので、留学のエージェントなどを通さずに手続きが可能です。

留学エージェントは手数料が無料との案内がありますが、送金の際の手数料や為替レートが高いなどのケースもあります。

留学エージェントを使用する場合には、詳細をきちんと確認しましょう。

スポンサーリンク

3.一年間の語学留学の滞在費用は?

まず、留学を叶えるために知るべきなのは「費用」です。

海外留学の場合、為替の変動があるため、金額は若干左右します。

2016年の年間平均レートは¥120.33/€、2017年1月〜4月末までの平均レートは¥120.96/€となります。

さらに、換金手数料(平均4%)が必要となってきます。

全体の費用を踏まえて、留学の日程を決定しましょう。

出発前の費用

*換算レート:¥125.79 (上記平均レート+為替手数料)

学費:€5,000 (¥628,992)

語学学校に一年間通った場合の平均的な金額です。

保険:¥176,550

ゼネラリ保険:イタリア最大の保険会社で、世界的な会社格付け機関等から評価されている安心できる保険会社です。
https://www.generali.co.jp/insurance/person_line.html

航空券:¥150,000(概算)

往路便の日時変更(一年間)が可能な航空券を選ぶことをおすすめします。

ビザの申請費用:¥7,000

滞在許可書申請費用:€152(¥19,120)[現地にて支払]

━━━

合計費用:¥981,662

イタリアでの生活費

一人部屋:€500(平均金額)×12ヶ月=€6,000

食費/交際費:€400(平均金額)×12ヶ月=€4,800

その他生活費(携帯代/衣類):€200(平均金額)×12ヶ月=€2,400

━━━

合計費用:¥1,660,428

上記は概算の内訳となります。

おおよその金額ですが、一年間イタリアに留学する際にかかる費用は¥2,642,090となり、約270万円必要となります

この中に含まれていないもので追加でかかりそうな費用としては、滞在中にイタリア国内の旅行と周辺諸外国への旅行です

旅行などをプラス見積った場合に、概算で約300万円準備しておくことで望むような形の留学生活が送れる可能性が高いです

また、イタリアでは一ヶ月に80時間以上就学している場合にのみ、一週間20時間の就労が認められています

正直なところ、パートタイムの仕事を探すのは容易ではありませんが、現地で仕事をすることもできます。

また、上記の費用は一年間の語学留学の費用なので、予算に合わせて半年で検討することも可能です。

・イタリアの生活費関連記事

イタリアの生活費を公開。ポイントを押さえれば出費は削減できる!

せかいじゅうで大人のホームステイをしよう

海外在住の日本人宅のホームステイしませんか?

旅行ではできない現地生活・文化を体験できます。「人生一度きり。日本しか知らないのは勿体ない」ワクワクする事、心が穏やかになる国・街がある。世界中のホストがお待ちしています♪旅行ではなく、世界の日常を経験したい方はこちら

4.目的とスタイルに合わせたイタリア留学を

目的や滞在先、イタリアでしたいことなどを事前に明確に決定することで、費用も時間も無駄に過ごすことなく、有効的な留学生活を送ることができます。

また、費用はかかりますが、まずは、短期間で実際にイタリアに足を運んでみて学校などを見学してみるという方法もあります。

長期の留学を検討している場合には、特に実際に体験してみるまでは、不安になることも多くあると思いますが、異国の地で目的をみつけて何かにチャレンジすることは、必ずこの先のプラスの経験になるので、ぜひトライしてみてください。

【イタリアの関連記事はこちら】

↑イタリア滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

スポンサーリンク

これまでにないユニークな海外滞在を!せかいじゅうホームステイ

せかいじゅうホームステイ

旅行ではできない、世界の暮らしを体験する「せかいじゅうホームステイ」

単身・友達・家族など、どんな方でもOK。長期滞在や留学、移住、リタイア生活にホームステイを利用しませんか?

北米、ヨーロッパ、アジア、オセアニアの世界各地のホスト宅で長期滞在を実現しよう♪

海外在住の日本人家族が海外の滞在先を提供します。詳しくは↓

世界各国のビザ、不動産エージェントの提携企業を募集しています

ビザ取得、不動産取得、法人設立など、日本人向けの海外移住・投資をする方のサポートをしている企業様へ

せかいじゅうは日本最大級の海外移住情報メディアです。このせかいじゅうを利用される海外移住希望者のサポートをしてみませんか?

主にビザ、不動産のエージェント企業様の応募をお待ちしています。せかいじゅう提携パートナーとして、ご協力ください。

ABOUTこの記事をかいた人

せかいじゅう編集部

せかいじゅう編集部です。海外で暮らすために大切な情報を集め、皆様にお届けいたします。「こんな記事が欲しい!」などあれば、お気軽にご連絡ください。