インド就職をする5つの魅力を明かします(仕事を探す方法解説付き)

「海外で働いてみたい。新しい世界で挑戦してみたい。」そんな方にぜひ、おススメしたいインドでの就職事情をご紹介いたします。

インドと聞くと、どんなイメージを持つでしょうか。

カレー?
頭にターバンを巻いた人?
ガンジス河に、象の神様?

実は今、インドは世界経済でもとても注目の場所です

大きな経済マーケットを開発するために多くの海外企業が進出する中で、ピリッとスパイスの効いた刺激的な生活が待っています。

インドで働くメリットはこんなにある!

「インドで働くといっても・・」と、はやり働くうえ、キャリア形成をするうえでは、インドで働くメリットが必要ですよね。

そんな方へ、メリットはたくさんあります!いくつかを紹介しますと・・

  1. まさに今、経済発展を体験できる刺激的な環境。
  2. 未経験の業種にもチャレンジしやすい。
  3. 他国就職に比べて充実した福利厚生。
  4. 安定した給料体制。
  5. 異なった価値観中で、大きく自分を成長できる。
    (その他:毎日インドカレーが食べられる)

それぞれ、詳しく見てみましょう。

スポンサーリンク

1. インドはまさに今、経済発展を体験できる刺激的な環境

インドは近年、年間7%という経済成長率をキープしています

世界中で、最も成長の著しい国と言っても良いでしょう。

また、人口12億人とゆう巨大なマーケットは、絶好のビジネスチャンスに満ちています。

いまだ発展途上のインドで働くことで、数年後には経済の最先端で働ける人材に成長しているかもしれません。

スポンサーリンク

2. 未経験の業種にもチャレンジしやすい。

どうして、海外未体験の方にお勧めなのでしょうか?

やはり、初めての海外進出を目指す方にとって、一番難しいのは、就職先企業を見つけることでしょう。

特に人気のある欧米諸国などでは、よほど優れた技術を持っていないと、仕事が見つかりにくい。

実は、就職のし易さでもインドは穴場です。

インドでの募集要項を見ると、

  • 事務職や秘書
  • 未経験歓迎のセールス
  • 不動産
  • サービス業

など、特殊なスキルが無くても応募しやすいものが多いです。

海外で働いてみたいけれど、自分のキャリアに自信のない方にも、インドはチャレンジしやすいのではないでしょうか。

初体験の業種でも応募できるので、働きながらスキルとキャリアを伸ばしたい方にもおススメです。

また、インドはビジネスレベルの英語力が無くても就職できる企業もあります

現在そこまで英語に自信のない方でも、海外に出てから英語スキルを上げていくことも可能ですよ。

せかいじゅうからのご案内

日本と世界を繋ぐ仕事にたずさわる法人・個人の方へ

国内・海外でビジネスをしている方、これから海外で起業したい方必見!ここからスタートアップを図ろう→せかいじゅうSTARTUP

3. 他国就職に比べて充実した福利厚生(現地採用)

さて、やっぱり気になる、初めての海外生活へのサポートです。

インドで働くには、

  • 日本で就職してインドに駐在として転勤する方法
  • インドでの就職を探す現地採用

がありますが、福利厚生もかなり違います。

今回は、就職しやすい現地採用に関して書いてみます。

インドは企業ごとに福利厚生は全く違いますが、大きな傾向です。

インドの就労ビザ取得のサポート、現地でのサポートをしてもらえる

インドで働いて収入を得るためには、就労ビザが必要となります

就労ビザ取得の為には、ビザ取得者に関する責任を負う企業から各種書類を用意してもらう必要があります。

受け入れ先がきちんとした企業ならば、ビザ取得の審査はさほど厳しくありません。

ビザ費用は年数によって違いますが、経費として雇用先から払って貰えることが多いです。

現地での住民登録も、雇用先の企業がサポートして、付き添いの人と一緒に各機関に登録に行ける場合が多いようです。

入国サポート

初めてインドに来る人にとって、入国直後は治安が不安と思う方も多いでしょう。

ほとんどの企業は、インド入国時に最初の宿泊先への送迎、一定期間通勤のサポートが付いていることが多いです。

また、住居を入国してから探す場合は、見つかるまでの一時滞在のホテルも企業が手配してくれることが多いですが、面接時に確認しておくといいでしょう。

住居を探すサポート

インドに就労ビザで移住した場合、2週間以内に住所登録をしないとペナルティがあります。

インドに到着して一番の仕事は、自分の賃貸探しになることが多いです。

会社が不動産を呼んでくれて就業時間内に部屋探しに行けることが多いです。

また、サービス業などでは、会社が契約しているアパートを寮として使用している場合もあります。

住宅だけでなく、携帯電話の契約や、インターネット回線など、生活に必要な契約関係も手伝って貰えることが多いです。

休暇

有給休暇の日数は、日本の一般的な企業と大きく変わりはありませんが、日本で働くよりも有給を消化しやすい傾向があると思います。(そもそも、日本でも使えるべきだと思いますが。)

  • 日本への帰国
  • 海外旅行
  • タイなどの近隣諸国へ食料の買い出し休暇

などで、1週間から2週間程度の休暇は、割と簡単に取れる企業が多いと思います。

正社員への再雇用

福利厚生とは少し違いますが、現状として現地採用は5年未満での離職率が高く、最近は数年の雇用後、正社員への再雇用を提案する企業もあります。(筆者も就職活動中に提示されました。)

将来的に、他の国にも行って、様々な経験をしたい方にとって、とても魅力的な制度ではないでしょうか。

企業によっては、従来のインドのみとゆう契約の場合もあるので、気になる場合は面接のときに聞いてみるといいでしょう。

スポンサーリンク

4. 安定した給料体制

当然、給料体系は職種やスキルによって全く違うのですが、インドで企業が日本人を雇用する場会、最低給与が年間2万5千USドル以上とゆうルールがあります。

特化したスキルが無くても応募できる職種の場合、ほとんどの企業がちょうど2万5千USドルに設定している事が多いです。

ルピーは変動が大きい通貨なので、契約時のレートで給料が大きく変わってしまう可能性がありますが、2018年5月時点のレートで月収が22万円程度でしょうか。

インドで生活をするのには、充分余裕のある金額だと思います。

ただ、気を付けて頂きたいのは、インドでこの金額は高所得者です。

色々免除はありますが、30%の所得税がかかるので注意しましょう

日本人の感覚で30%は大きいですが、安心して下さい。それでもインドの物価では、全く問題ありません

5. 異なった価値観の中で、大きく自分を成長できる

やはり、一番のメリットは、インドでしかできない体験ではないでしょうか。

インドの価値観の違い

インドに来ると、日本で学んだ価値観が全く通用しないことが多々あります

  • 異国の人の仕事に対する姿勢の違い
  • 口約束の通用しない契約社会

に、最初は困惑してしまうこともあるでしょう。

良くも悪くも、全てが整備されている日本と違い、自ら解決策を見出さないといけない環境。

どんどん、自分自身がたくましく成長するのを感じます。

業種に限らず、自主性を持ってチャレンジする機会を多く与えられる事が多いと思います。

自分で目の前の問題をクリアしていく能力は、将来の自分にとっての一番の宝物

必ず役に立つ経験ができると思いますよ。

スポンサーリンク

インドでは、どうやって仕事を探す?オススメは・・

さて、一番肝心な仕事探し。

おススメなのは、インドに支店のある人材斡旋会社に登録することです。

下記に例を挙げた会社は、日本にいても、スカイプなどで、担当者さんが親身に相談に乗ってくれましたよ。

まだ、職種などで悩んでいても大丈夫。

履歴書やインタビューから、現在ある求人要項からおススメの仕事を見つけて下さる手厚いサポートを受けられます。

3つのオススメ海外転職サイト。

海外、国内に限らず、転職サイトへの登録は済ませておきましょう。

海外の転職サービスは各国異なるため、ここでは日本の転職市場においてトップ3に入る転職サイトをご紹介します。

いずれも無料で、利用でき求人数が豊富です。また、職務経歴書・面接対策といったサポートがしてもらえます。

  1. リクルートエージェントに登録する
  2. DODAに登録する
  3. パソナキャリアに登録する

その他にも沢山の人材斡旋会社があるので、「インド 就職」で検索すると、簡単に情報が見つかります。

注意点:

ネットで募集要項を検索して、人材斡旋会社を経由せずに応募することもありますが、その場合は募集要項をきちんと確認しましょう。

例えば、先に書いたように、インドでの日本人雇用は定められており、中小企業では、その条件に足りない条件で雇用している場合も多々あるようです。

インドの就活のステップ

就職活動は、日本で行うものとあまり違いがありません。

履歴所、職務経歴書の他に、英語のCVが必要な場合が多いので、事前に用意しましょう。

まずは、気になる企業にどんどん応募しましょう。

書類選考が終われば、3~4回の面接があります。

もちろん、直接現地に滞在して面接を受けれれば一番ですが、かなり費用が掛かる為、ほとんどの企業ではスカイプ面接を採用しているようです。

もしくは、日本にある支社で人事担当者から面接を受ける場合もありますが、1度はインドで働いている方との面接を受ける事をお勧めします。

同じ企業でも、インド支社は全く社風が違うことが多々あります。

スポンサーリンク

インド就職の魅力まとめ

まだまだ未知の国インドですが、好奇心が強く、新しいことに挑戦したい方にはおススメの穴場です。

興味を持ったら、どんどんチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク

これまでにないユニークな海外滞在を!せかいじゅうホームステイ

せかいじゅうホームステイ

旅行ではできない、世界の暮らしを体験する「せかいじゅうホームステイ」

単身・友達・家族など、どんな方でもOK。長期滞在や留学、移住、リタイア生活にホームステイを利用しませんか?

ホテルではできない、せかいじゅうホームステイだけが持つメリットを使って長期滞在を実現しよう♪

海外在住の日本人家族が海外の滞在先を提供します。詳しくは↓

スポンサーリンク

海外移住・永住でご相談・お悩みはありませんか?

プロエージェント

せかいじゅうが厳選する移民エージェントを紹介します

当メディアは世界中の各国へのコネクション・ネットワークを強みとし、その規模は世界最大規模。海外渡航に関する悩みやトラブルを解決します。

海外への移住手続きやビザ取得まで完全サポート!せかいじゅうが選び抜いた信頼できる専門家を紹介致します

せかいじゅうプロからお気軽にご連絡ください。

海外エージェント(移住・ビザ・仕事)の方はこちらからご応募ください。

ABOUTこの記事をかいた人

せかいじゅう編集部

せかいじゅう編集部です。海外で暮らすために大切な情報を集め、皆様にお届けいたします。「こんな記事が欲しい!」などあれば、お気軽にご連絡ください。