インドネシアのSIMカードの利用手順とチャージ方法(料金解説付き)

インドネシアのSIMカード利用手順とチャージ方法

WI-FIが使えるホットスポットはインドネシアにも数多くありますが、もっとフレキシブルに使うことができる携帯電話のSIMカード(通信会社)からのオンラインアクセスは、SNSで情報をシェアしたり、配車アプリ、グーグルマップ、LINE,緊急事態などにもすばやく対応できます

インドネシアに旅行、留学、駐在員として働く人などなにかしらの理由で日本を離れる場合、携帯電話が現地で使えなくなると、とても困ります。

でも、しっかりとしたインドネシアの通信会社の情報やSIMカードについての知識があれば、インドネシアに着いたときに慌てる必要がなくなるでしょう。

【インドネシアの関連記事はこちら】

↑インドネシア滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

インドネシアの携帯基礎知識

SIMフリーの携帯電話

まずはじめに確認してほしいことは、お使いの携帯電話・スマートフォンがSIMフリーであること

今回SIMフリーについては割愛させてもらいますが、簡単に言えば、世界中どこでも現地通信会社のSIMが使える携帯電話をSIMフリーといいます。

また、SIMロックとは通信会社が自社のSIMカードのみ使えるように(他社の通信会社のSIMカードが使えない)ロックした携帯電話の事を言います。

インドネシアsimカード店

町中でよく見かける露店のSIMカード店

SIMの値段

日本の場合、SIMカードを買うというイメージがありませんが、インドネシアではSIMフリーの携帯電話が一般的で、それに合わせて、好きな通信会社のSIMカードを使うことが一般的です。

インドネシアでは、SIMカードにあらかじめインターネット通信料、通話料などの料金がパックになって売られている場合がありますが、基本的にSIMカードだけの値段でいいますと、日本円で100円ほどです。

そこにインターネット通信のパケットがセットになっているものがありますので、値段が違い、種類がたくさんあります。

インドネシアのSIMカード

インドネシアのSIMカード

インドネシアキャリアの通信会社

  • Telkomsel
  • Indosat ooredoo
  • XL
  • Axis

この中で一番のシェアをもつのが、Telkomselです。

ジャカルタなどの都市では4Gの無線通信がどこでも使えて通信速度も安定してます。

インドネシアの通信会社

どの通信会社のSIMカードも携帯SHOPなら品揃えがいい

SIMカードの規制

インドネシアでは2018年からSIMカードの規制が少し厳しくなりました。

現在は、SIMカード登録時に携帯電話登録が義務つけられており、外国籍の私達は、使用する通信会社のカスタマーセンターで登録をしなければいけません

登録に必要なものはパスポート(KITAS,KITAPでも可能)になります。

KITAS,KITAPの参考記事:「インドネシア永住権の申請と取得方法を徹底解説

露店などの携帯ショップではレジストリはできないので、お近くの通信会社のカスタマーセンターまで出向く必要があります。

外国人が多く利用する空港などにも登録用のブースが設置されています。

ちなみに、インドネシア人の場合はSMSから簡単に登録可能です。

スポンサーリンク

インドネシア通信会社のSIMカードの利用方法手順。大事な用語も解説します

空港でSIMカードの購入

ジャカルタのスカルノハッタ国際空港(第三ターミナル)やバリのングラ・ライ国際空港などの大きな空港には、インドネシアの通信会社のカウンターブースがあります。

インドネシアではSIMカードの規制が厳しくなり、番号登録が義務づけられました

これにより、町中などの露店や携帯ショップでSIMカードは購入できますが、番号登録には通信会社のカウンターで手続きをしないといけません。

スカルノハッタ国際空港の新しくできた第三ターミナルには、テレコム社のカウンターGRAPARIがあります。GRAPARIはテレコム社のカスタマーセンターです。

外国人がテレコム社のSIMカードの番号登録をする場合、こちらで手続きを行うことになります。

ジャカルタなどの大きな街にはたくさんのテレコム社のカスタマーセンターがありますが、旅行などの際には時間節約にもなりますので、インドネシアのSIMカードを使いたい場合には、空港などで番号登録を済ますことをオススメします。

役に立つ用語を抑えよう!

さてここで覚えておきたいインドネシア語は、「REGISTRASI=レジストリ(登録)」です。

空港などの場合、この一言で相手にSIMカードの番号登録をしたいことが伝わるでしょう。

SIMカードを選ぶ

SIMカードの購入

SIMカードの購入

インドネシアにはたくさんの通信会社のキャリアがありますが、インドネシアで一番シェア率が高いのはテレコム社です。

もし、あなたが通信会社のキャリアで迷う場合は、テレコム社のSIMカードを試してみてはいかがでしょう。

インドネシアのSIMカードはプリペイドです。

もし気に入らなければ、他のキャリアのSIMカードに替えることは簡単にできます。

PULSAを買う

SIMカードにはたくさんの種類があり、インターネットのデータ通信料が、SIMカードとセットになったものや、無料通話時間などがセットになったものがあります。

もしデータ通信量を使い切った場合などは、チャージしないといけません。このチャージのことをPULSAといいます。

インドネシアのSIMカードはプリペイド式が多いので、日本と違って後払い(月額請求)ではなく、必要な分をチャージして使うことになります。

PULSAは町中どこでも購入可能です。

コンビニ、携帯ショップ、SIMカードショップ、小さな小売店などでも売られています。

混雑しているSIMカード店

SIMカードの購入

例えば、1万インドネシアルピア分のPULSAを買う場合ですと、1万インドネシアルピア+手数料が必要になります。

手数料は買う場所により違いがありますが、だいたい一千インドネシアルピアから五千インドネシアルピア、日本円で10円から50円ほどの間の金額が必要になります。

チャージしたらその場でチェックする

PULSAをチャージしたら、すぐに携帯電話にSMSが届きます

内容はいくらチャージされたかが記載されています。また現在の残高は、いつでも携帯電話から確認できます。

テレコム社の場合は

  • 808# / PULSAの残高確認
  • 808# / SIMカードの携帯電話
  • 889# / ボーナスの確認
  • 999# / パケットの購入

この番号は通信会社によって異なりますが、携帯電話にSIMカードを登録した時にコンタクトにプレインストールされますので、覚える必要はありません。

パケットの活用

パケット(PAKET)とはデータ通信やSMSなどのサービスを定額で購入することです。

便利なところは、データ通信の場合、1日(有効期限)/500MB、通話だけを使いたいときには、30分定額通話/すべてのキャリア、など細かく購入できることです。

パケットは携帯電話から使いたいパケットのコードをSMSで送信したり、またはPULSAを取り扱う店などで購入可能です。

まだインドネシア語が話せない場合などは、紙などにメモをとって購入すれば簡単です。

スポンサーリンク

データ量、通話料、料金の目安

インドネシアにはたくさんの通信会社がありますが、基本的にデータ通信料、通話料などには大きな差はありません

インドネシアの携帯SHOP

携帯SHOP

参考までにテレコム社の料金の目安です。(2018年7月時点)

通話料

通話料(同じ通信会社同士の通話の場合):

  • 時間帯:00:00~16:59
    はじめの1分間:Rp108ルピア/秒、その後Rp31ルピア/秒
    1分間通話した場合:Rp108ルピアX 60秒=Rp6,480ルピア(日本円で50円ほど)
  • 時間帯:17:00~23:59
    はじめの1分間:Rp98ルピア/秒、その後Rp29ルピア/秒
    1分間通話した場合:Rp98ルピアX 60秒=Rp5,880ルピア 日本円で45円ほど

通話料(異なる通信会社の通話の場合):

  • 時間帯:00:00~16:59
    Rp635ルピア/秒
    1分間通話した場合:Rp635ルピアX 60秒=Rp38,100ルピア(日本円で292円ほど)
  • 時間帯:17:00~23:59
    Rp577ルピア/秒
    1分間通話した場合:Rp577ルピアX 60秒=Rp34,620ルピア(日本円で266円ほど)

同じ通信会社と違う通信会社との1分間の通話料の差額(時間帯:00:00~16:59)

Rp38,0100ルピアー Rp6,480ルピア=Rp31,620ルピア(日本円で243円ほど)

SMSの料金(違う通信会社でも料金は同じです。):

Rp325ルピア/SMS(1回)(日本円で2.5円ほど)

データ通信料(インターネット)

Rp70/20KB (日本円で0.05円ほど)

もしパケットを使わないで1GBの通信をしたら、Rp3,500,000ルピア(日本円で26,916円ほど)。

もし1GBのパケットを使った場合、Rp10,000ルピア/1日間(日本円で76円ほど)。

恐ろしいほどに料金が違いますね。

初めはパケットの購入方法やシステムに戸惑うと思いますが、慣れるととてもお得になります。

インドネシアの通信会社はそれぞれのアプリがあります。

こちらを使うと英語に対応しておりますので、まだインドネシア語が苦手な方は、アプリからパケットの購入か、店舗での直接購入をオススメします。

SIMカードには有効期限があります

SIMカードには有効期限があります

基本的にSIMカードに1ヵ月以上チャージしないと、そのSIMカードは使えなくなります

また、チャージすることにより、有効期限が延長されるシステムになっています。

SIMカードの有効期限が一週間ほどになりますと、通信会社からSMSで報告があるので、見落とさないようにしましょう。

せかいじゅうで大人のホームステイをしよう

海外在住の日本人宅のホームステイしませんか?

旅行ではできない現地生活・文化を体験できます。「人生一度きり。日本しか知らないのは勿体ない」ワクワクする事、心が穏やかになる国・街がある。世界中のホストがお待ちしています♪旅行ではなく、世界の日常を経験したい方はこちら

インドネシアの携帯とSIM利用まとめ

インドネシアに滞在を予定の方は、SIMカードの使用方法を覚えて経済的に活用しましょう。

現地SIMカードを使うことにより、たくさんのサービス、ディスカウント、クーポン、ギフトポイントなどを使用することができます。

また、電子マネーなどで決算できる場所も非常に多くあり、数多くのインドネシアのアプリは日常生活をとても快適にしてくれます。

プリペイド式のSIMカードなので通信会社の変更、プランの変更などが簡単で、後から多額の請求をされる心配もなく、自分好みにカスタマイズできるところが魅力的です。

【インドネシアの関連記事はこちら】

↑インドネシア滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

スポンサーリンク

これまでにないユニークな海外滞在を!せかいじゅうホームステイ

せかいじゅうホームステイ

旅行ではできない、世界の暮らしを体験する「せかいじゅうホームステイ」

単身・友達・家族など、どんな方でもOK。長期滞在や留学、移住、リタイア生活にホームステイを利用しませんか?

北米、ヨーロッパ、アジア、オセアニアの世界各地のホスト宅で長期滞在を実現しよう♪

海外在住の日本人家族が海外の滞在先を提供します。詳しくは↓

世界各国のビザ、不動産エージェントの提携企業を募集しています

ビザ取得、不動産取得、法人設立など、日本人向けの海外移住・投資をする方のサポートをしている企業様へ

せかいじゅうは日本最大級の海外移住情報メディアです。このせかいじゅうを利用される海外移住希望者のサポートをしてみませんか?

主にビザ、不動産のエージェント企業様の応募をお待ちしています。せかいじゅう提携パートナーとして、ご協力ください。

ABOUTこの記事をかいた人

せかいじゅう編集部

せかいじゅう編集部です。海外で暮らすために大切な情報を集め、皆様にお届けいたします。「こんな記事が欲しい!」などあれば、お気軽にご連絡ください。