日本とこんなに違う!インドネシア生活で注意したい6つのこと

国が変われば、常識が変わる。海外で生活していると日本では当たり前のことが、海外ではそうでないことに気付きます。

生活習慣や文化が日本と違うインドネシアでは、どのようなことに気を付けて生活をしていけば良いのでしょうか?

そこで今回はインドネシア在住のMさんに、日本とは違うインドネシアならではの注意したい点を6つご紹介していただきました。

【インドネシアの関連記事はこちら】

↑インドネシア滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

1. 蚊に刺されないように注意する

日本と気候が違うインドネシアでは、滞在中に気を付けたい病気がいくつかあります

その代表的なものが、熱帯病であるマラリアとデング熱です

この病気はどちらも蚊を媒介し、感染するもの。重症化すると死に至る病気のため、特に注意が必要です。

毎年デング熱の流行する雨期になると、地元の人々の間でも病気の話題で持ちきりになります。

マラリアもデング熱も予防策は、とにかく蚊に刺されないようにすること。

外出の際は虫よけスプレーやローションで肌の露出部分をガードするか、長袖長ズボンを着用するなど、蚊に刺されない対策をしっかりとしておきましょう。

虫よけスプレーやローションはスーパーやコンビニなどで簡単に購入できますよ。

ウルトラソン:虫除けのなかでも最強クラスの効果があるクリームです。米軍でも採用されています。

チグアウェイ:同じく、米軍などが使用している強力な虫除けローション。匂いが少ないのが特徴です。 ツツガムシ(レッドバグ)、蚊、ダニ、ノミ、サシバエ、ヌカカ、ヒアリ、ミツバチ、スズメバチなど、あらゆる害虫に効果があります。

住居に関しても、インドネシアの住居には基本網戸が付いていないので、網戸を取り付けるか夕方には窓や扉を閉めるようにし、なるべく蚊を室内に入れないように対策しましょう。蚊取りマットやスプレーなどを使用するのも有効です。

対策期間が長い効果!180日間もつノーマット:

スポンサーリンク

2. 水道水は飲まない

インドネシアの水道水は基本的に飲めません

ひと昔前まで「10分間沸騰させれば飲める」と言っていた地元の人も、今ではミネラルウォーターを購入し飲んでいます。

飲料用のミネラルウォーターは19リットルのガロンボトルに入って販売され、コンビニやスーパー、個人商店などで手軽に購入ができます。

ただこのガロンボトルはとても重く、バイクや車に積むのも一苦労。

ほとんどのメーカーは宅配サービスをしてくれますので、そちらを利用するのが便利です。

頼めば重いボトルを持ち上げてウォーターサーバーに設置もしてくれますので、男手のない時には大助かり!電話一本で配達してくれ、馴染みになると向こうから御用聞きに来てくれます。

ミネラルウォーターの値段はメーカーによってかなり差があります。また居住地域によっても値段は変わり、私の住む島ではインドネシアで一番知名度が高い「AQUA(アクア)」が21,000ルピア(約180円)ほど。

地元のメーカーだと安く10,000ルピア(約85円)ほどで購入できます。値段や周りの評判などを考慮して、自分に合ったメーカーを選んでみて下さい。

indone-note02

スポンサーリンク

3. トイレ事情が違う

インドネシアでトイレに入ると床や便座が水浸し…というのは普通の光景なのですが、日本から来て間もないと驚かれるかもしれません。

インドネシアでは用を足した後トイレットペーパーで拭く習慣がなく、水洗いをする文化なのです。

観光地やモールなどの商業施設では洋式トイレがかなり普及していますが、紙がないことはよくあること。手動で水が出るシャワーホースがトイレの横に付いているので、それで洗い流します。

indone-note03

またローカルエリアでは日本でいう和式タイプでしゃがむスタイルのトイレが多く、トイレの横に溜められた水を手桶で汲んで洗い流します

その際に床や便座まで水をかけて流す人がいるようで、インドネシアのトイレは水浸しになるのです。

トイレットペーパーが備え付けられていても、たいていのトイレでは水に流してはいけません。

その場合はごみ箱が備え付けられており、そこに捨てるようになっています。インドネシアのトイレットペーパーは水に溶けないものも多く、また配水管が細くて詰まりやすいからとも言われています。

紙を流していけない場合は必ず注意書きがされていますので、そちらを確認してから使用してくださいね。

せかいじゅうで大人のホームステイをしよう

海外在住の日本人宅のホームステイしませんか?

旅行ではできない現地生活・文化を体験できます。「人生一度きり。日本しか知らないのは勿体ない」ワクワクする事、心が穏やかになる国・街がある。世界中のホストがお待ちしています♪旅行ではなく、世界の日常を経験したい方はこちら

4. 国際郵便EMSの受け取りにお金がかかる

海外で生活をしていると、日本から届く荷物がとても楽しみになるもの。

ところがインドネシアでは国際郵便のEMSの場合、待っていても荷物は届きません。郵便局が配達をしている地域もあるようですが、ほとんどは自分で郵便局まで出向き、荷物を取りに行かなくてはいけないのです。

郵便局から電話か書面で荷物が届いた旨の連絡がくる時もありますし、前もって送り主から荷物の番号を教えてもらい、ネットで荷物の動きを追跡しておきます。

また日本では送り主が正しい郵送料を支払っていれば、受取人がお金を支払う必要はありませんが、インドネシアでは違います。

荷物に関税がかからない場合でも、受け取りの際に手数料という名目でお金の支払いを求められるのです。

今までは郵便職員が個人的に手数料と称し、10,000ルピア(約85円)ほどを請求していました。

ところが昨年末頃から正式に規則として定められたようで、海外からの荷物の受け取りには1個につき25,000ルピア(約210円)の支払いが必要になっています。

日本人としては腑に落ちない郵便事情ですが、これがインドネシアでは常識なのです。

スポンサーリンク

5. 細かいお釣りが返ってこないことがある

お金のやり取りは1円単位まできっちりされているのが日本。買い物の際は1円でもお釣りがあればちゃんと返ってきます。

しかしインドネシアではそこまできっちりとしていません。数年前までは500ルピア(約4円)以下の釣銭が不足した場合、コインではなく飴玉を渡されることが普通だったのです。

ここ最近は釣銭替わりの飴玉使用はダメだとのお達しがあったそうで、細かいお釣りもコインで返ってくるようになりました。

それでも500ルピア(約4円)以下のお釣りの場合、「寄付してもらっても大丈夫ですか?」と聞いてくる大型チェーンのスーパーが今でもあります。

indone-note01

タクシーに乗車し支払いをする時も、お釣りが1,000ルピア、2,000ルピア(約8.5円、17円)程度だと返ってこないことがよくあります。

タクシーの場合、メーター料金に少しチップ代を加算して渡すことはこちらでは普通のことなのです。

丁度良い金額のお札がなく釣銭が欲しい場合は、その旨を伝えれば大丈夫。ただ、大きな額の紙幣で支払っても「釣銭がない」と言われることもよくあります。

もしお釣りがきっちりもらえないと嫌だと思うのなら、買い物やタクシーを利用する際はなるべく小銭を用意して、ちょうどの額を支払うことをおすすめします。

6. 百貨店などで商品の購入方法が違う

インドネシアでは商品を購入する際に、そのままレジに商品を持って行ってはいけない場合があります。

店員にノタ(Nota)と呼ばれる伝票を書いてもらってから、伝票を持ってレジで精算をし、商品を受け取るというシステムになっているのです

主に百貨店ではこのノタが必要な場合が多く、スーパーでも衣料品や文房具類はノタが必要なケースもあります。おそらく商品管理のためにこのようなシステムを採っているのでしょうが、商品を手にするまでに時間がかかるため、面倒くさく感じる時もあります。

店によっては百貨店でもレジに直接商品を持って行って精算できる場合もあり、外国人にとっては分かりづらいことも。

そんな時は店員にノタが必要かどうかを確認してみましょう。例えノタの事を忘れてレジに直接向かっても、店員が後ろから呼び止めてくれるはずですので、心配しなくても大丈夫ですよ。

スポンサーリンク

まとめ

インドネシアは同じアジア圏ではありますが、日本とは違うところがたくさんあります。

初めは戸惑うこともありますが、「郷に入っては郷に従え」。少しずつ慣習や文化の違いを理解しながら、生活に慣れていきましょう!

【インドネシアの関連記事はこちら】

↑インドネシア滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

スポンサーリンク

これまでにないユニークな海外滞在を!せかいじゅうホームステイ

せかいじゅうホームステイ

旅行ではできない、世界の暮らしを体験する「せかいじゅうホームステイ」

単身・友達・家族など、どんな方でもOK。長期滞在や留学、移住、リタイア生活にホームステイを利用しませんか?

北米、ヨーロッパ、アジア、オセアニアの世界各地のホスト宅で長期滞在を実現しよう♪

海外在住の日本人家族が海外の滞在先を提供します。詳しくは↓

世界各国のビザ、不動産エージェントの提携企業を募集しています

ビザ取得、不動産取得、法人設立など、日本人向けの海外移住・投資をする方のサポートをしている企業様へ

せかいじゅうは日本最大級の海外移住情報メディアです。このせかいじゅうを利用される海外移住希望者のサポートをしてみませんか?

主にビザ、不動産のエージェント企業様の応募をお待ちしています。せかいじゅう提携パートナーとして、ご協力ください。

ABOUTこの記事をかいた人

せかいじゅう編集部

せかいじゅう編集部です。海外で暮らすために大切な情報を集め、皆様にお届けいたします。「こんな記事が欲しい!」などあれば、お気軽にご連絡ください。