バリ島の求人はこう探せ! 経験者が語る就職活動ノウハウ

夢と希望に満ち溢れた憧れの海外移住。

アメリカンドリームならぬ「バリ島ドリーム」を目指して、最近では日本を脱出して東南アジアの観光地・バリ島に居を構える日本人も少なくありません。

温暖な気候や日本人の好みに合う食事、そして何よりも日本より格安で暮らせるリゾート地ということで、特に30代から40代の働き盛りの日本人が、満を持してバリ島に成功を求めに訪れているのです。

ですが一番の心配事は、もちろんバリでの収入源の確保

皆さんはどうやってバリ島で収入を得て生活をしているのでしょうか。

そこで今回は、ココロもフトコロもホクホクになれる!バリ島での就職活動のノウハウを語っていきます!

【インドネシアの関連記事はこちら】

↑インドネシア滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

現地採用、駐在採用、それぞれのメリットとデメリット

現在日本で生活をしていて、将来バリ島へ就職を考えている方を前提にお話しますと、ほとんどの方は日本を拠点にして就職活動を行うことになると思います

その際まずは考えてほしいのは、

  1. あなたは現地採用で就職を目指していますか?
  2. それとも、駐在員として?

似て非なるこの両者、まずはこの2つのメリット、デメリットを挙げていきます。

バリ現地採用パターンの場合

最近テレビや雑誌などでよく「アジアのコールセンターで働く日本人」の紹介がされていましたが、イメージとしてまず浮かび上がるのはこの事例ではないでしょうか。

一言で言うと、「現地の方と同じ労働条件で働く」ことが条件で採用内定が出されるパターン。

つまり、給与も労働時間も基本は、現地の方と遜色ない条件下での労働になります。

インドネシアの求人を見ていると、この現地採用パターンが圧倒的に多いです。

ですが現地採用はデメリットだけではなりません。

・現地採用のメリット

まず何よりも、門戸が広く開けられていること

実は日本人って、私たちが思う以上に貴重な戦力なのです

観光分野がこの島の主要産業として成り立っているバリ島の実情。その中でも日本人旅行客に関わる仕事は特に、豊富な職種が常に募集されているのが現状です。

そしてもう一つのメリットが、好きなだけバリ島にいられるということ

バリ島駐在の場合では、本社から異動命令が出れば、それに従わざるを得ませんよね。

一方で現地採用の場合は働き心地がよければ極端な話、好きなだけその会社で働くことが出来るのです。

駐在員採用パターンの場合

駐在員と聞いてまず思い浮かぶのが、「セレブ」とか「語学堪能」とか、少し敷居が高そうなワードではないでしょうか。

バリ島での場合こそまさにその通りで、バリ島で暮らす駐在員の多くは、プライベートプールとお手伝いさん付のコンドミニアムに暮らし、会社支給の運転手さん付の高級車で街を疾走し、食事は高級日本食レストランで食べるという方々です。

もちろんそれらは駐在員として働く際の大きなメリットではあるのですが、一方で既に述べましたように、決して無期限での駐在生活というわけではないのです。

本社からの出戻りの辞令、そして過酷な日本勤務の始まり、そして何年か後にはさらに別の国に転勤になるという場合も。

このように、駐在員での採用の方は高待遇と引き換えに、自由にバリ島で暮らすことはできません。

スポンサーリンク

バリでは具体的にはどうやって就職活動を始めればいいの?

現地採用の場合でも駐在員採用の場合でも、就職活動に当たっての基本的な流れは変わりません。

  1. エントリーシートや履歴書の提出
  2. 一次面接(スカイプや電話での面接、あるいはこの時点で現地面接の場合もあります)
  3. 二次面接(最終面接の場合は、現地で行うことがほとんどです)
  4. 内定

おおまかな流れとしては、日本での一般的な就職活動とそれほど変わりありません。

ただし日本での就職活動と違い、当然ながら現地での面接に際しての交通費(飛行機代)や宿泊費など、必要経費がかさみます

バリ島で就職を目指す方はまず何よりも、就職資金だけは充分に確保して臨むべきでしょう

次からは具体的に、日本で就職活動をするに当たってのオススメのサイト等をご紹介します。

スポンサーリンク

バリ島で直接求人を探す方法

人より少しだけ語学に自信があり、少しだけ自由な時間がある方でしたら、もう思い切ってバリ島に行ってみましょう

現地でしか手に入らないリアルタイムな求人が、クタやウブドなど大きな街では溢れています。

バリ島の主要観光スポットに据え置きされている「アピ・マガジン」は求人だけでなく、暮らしや観光に関する話題が盛り沢山の無料情報誌です。

それ以外にも、日本人が集まるようなカフェやゲストハウスでは求人掲示板があるところもありますし、インターネット経由で直接申し込みをしてその日のうちに面接なんて事例も。

海外での就職は、働くことと同様に、生活に慣れることも必要です。

バリ島では語学学校に通いながら、現地で就職活動をされている方も珍しくありません。

日本を拠点に就職活動をする方法

ですがやはり一般的には、日本で就職活動をして現地の働き先を探すパターンの方が安心感もあるでしょう。

日本から遠く離れたバリ島、インターネットを駆使して理想の職場を見つけましょう。

①「バリジョブ」

http://www.balijob.info/

インドネシアでも特にバリ島の求人情報が豊富なサイトです。

また、求人だけではなく主要都市のレンタルハウスの情報なども載っているため、就職活動だけではなくバリ島での生活全般の情報が手に入るのがありがたいです。

②カモメアジア転職

http://kamome.asia/

バリ島だけでなくアジア各国の求人を強みとする、日本でも知られている有名なサイトです。

職種だけでなく語学不問の求人や駐在員採用枠での求人など、様々な選択肢のある求人があります。

せかいじゅうで大人のホームステイをしよう

海外在住日本人宅へホームステイしませんか?

旅行ではできない現地生活・文化を体験できます。「人生一度きり。日本しか知らないのは勿体ない」ワクワクする事、心が穏やかになる国・街がある。世界中のホストがお待ちしています♪旅行ではなく、世界の日常を経験したい方はこちら

日本人に人気の主な職種と給与

日本人に人気の主な職種と給与を幾つかピックアップしてみます。

なお、以下に挙げる給与の相場は現地採用での場合を想定しています。

旅行会社・宿泊・・・月々10,000,000万ルピア(約90,000円)~

日本人に最も人気で、かつ、未経験者でも歓迎される職種としてまず挙げられるのが旅行会社・ホテル関係。

ただし、求人が飽和状態でもあるため月々の平均給与は決して高いわけではありません。

英語などに秀でた能力をお持ちの方は、より高待遇になる傾向があります。

飲食関係・・・月々11,000,000万ルピア(約100,000円)~

特に今はバリ島では日本食ブームが再来していますので、多くの日本食レストランが求人を募集しています。

ただし、調理師免許やインドネシア語習得能力など、一定の水準を求められる場合も。

仕入れ・購買代行・・・月々12,000,000万ルピア(約110,000円)~

上の二つに比べ数としては少ないですが、最近目立ち始めているのが「仕入れ代行」

バリ島のお洒落な雑貨から専門知識を要する建築資材関係まで、近年急速に求人が多くなっているのがこの代行業務です。

現地仕入先とのインドネシア語での交渉能力に長けている方が優遇されます。

その他

  • 日本語教師(月々12,000,000万ルピア/約110,000円~)
  • 通訳業務(月々15,000,000万ルピア/約135,000円~)

など様々な職種が人気ですが、共通して言えるのが「語学や特殊能力」に秀でているかどうかの点です。

あくまで上記の金額は目安のため、これらの特殊技能をお持ちの方はより高待遇になる傾向があります。

語学力不問!日本語だけで仕事ができる代表的な職種

英語もインドネシア語もまったく出来ないという方でも、諦めずに多方面で職種を探してみて下さいね。

その中でも

  • エンジニア
  • IT関係
  • 工場管理スタッフ

などは、専門性が求められる代わりに比較的給与もよく、また、語学力を問わない求人も多い傾向にあります。

関連記事

職業別インドネシアの平均月収を大公開

スポンサーリンク

バリ島就職活動ノウハウまとめ

2017年末時点で、バリ島の最低賃金は月々約2,000,000ルピア(約18,000円)に定められています

私たち日本人にとっては、びっくりするくらいの低賃金ですが、実はここ数年、この最低賃金上昇率は毎年10%弱ずつ増加の傾向にあるのです。

つまり、この上昇率で判断するならばバリ島は今、好景気真っ只中!

バリ島で就職活動するには明らかに今が狙い目と言えると思います。

この記事を書いている時点でも、毎月のように給与が上がったという話をよく耳にします。

もしかしたら近い将来、バリ島の給与平均が東京を越える日が来るのかもしれませんね。

そんな淡い期待を持ちつつ、ぜひ憧れのバリ島就職を成し遂げて下さいね。

【インドネシアの関連記事はこちら】

↑インドネシア滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

スポンサーリンク

これまでにないユニークな海外滞在を!せかいじゅうホームステイ

せかいじゅうホームステイ

旅行ではできない、世界の暮らしを体験する「せかいじゅうホームステイ」

単身・友達・家族など、どんな方でもOK。長期滞在や留学、移住、リタイア生活にホームステイを利用しませんか?

北米、ヨーロッパ、アジア、オセアニアの世界各地のホスト宅で長期滞在を実現しよう♪

海外在住の日本人家族が海外の滞在先を提供します。詳しくは↓

世界各国のビザ、不動産エージェントの提携企業を募集しています

ビザ取得、不動産取得、法人設立など、日本人向けの海外移住・投資をする方のサポートをしている企業様へ

せかいじゅうは日本最大級の海外移住情報メディアです。このせかいじゅうを利用される海外移住希望者のサポートをしてみませんか?

主にビザ、不動産のエージェント企業様の応募をお待ちしています。せかいじゅう提携パートナーとして、ご協力ください。

ABOUTこの記事をかいた人

せかいじゅう編集部

せかいじゅう編集部です。海外で暮らすために大切な情報を集め、皆様にお届けいたします。「こんな記事が欲しい!」などあれば、お気軽にご連絡ください。