メキシコ留学を満喫!世界屈指の海を楽しむプラヤデルカルメン

pdc00

「留学」。語学、海外に興味がある人にはその言葉を聞いただけでなんだか胸が高鳴ってしまう言葉です。

さて、留学と一言に言っても高校留学、大学留学から語学学校へ通う語学留学など様々なタイプがありますが、語学留学の場合は場所によっては語学だけでなく語学以外に趣味も充実させるチャンスもあります。

では、メキシコ、プラヤ・デル・カルメンの留学プラスアルファのプログラム例をご紹介しましょう。

プラヤ・デル・カルメンってどんな所?

プラヤ・デル・カルメンは日本人にはハネムーンで人気のカンクンから車で約50分の場所に位置します。

pdc04

カンクンビーチと同じく、カリブ海がとても美しい新しく開発されたモダンでお洒落な小規模の市で、1年を通して世界中から多くの観光客が訪れますがメキシコ1外国人が多く住む市でもあります。

観光業で市が成り立っているため、町の中心部には24時間体制で観光警察がパトロールしていますので、軽犯罪はあるもののメキシコの中でも比較的安全な市と言うことができます。

また車で1時間ほど行くとトゥルム遺跡、そして3時間ほど行けばチェ・チェン・イッツア遺跡などマヤ遺跡も多くありマヤの歴史と現在まで続くその伝統を感じることのできる地でもあります。

では、プラヤ・デル・カルメンの代表的なスペイン語コースを持つ学校を紹介しましょう。

pdc02

プラヤ・デル・カルメンの語学学校1「プラヤリングア」

プラヤリングアはスペイン語学校ではなく、英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語コースなど他の言語も持つ語学学校です。

ただし通常これらの言語は現地の人に対して提供しています。

スペイン語のコースに関しては、スペイン語を学ぶ人のためのコースというよりはメキシコの旅行者、もしくはこれから南アメリカのスペイン語圏に旅行する旅行者のために会話などを中心に実用的なスペイン語を教えています。

スペイン語のインテンシブコースのグループは1週間に20時間で225アメリカドル/週。

コースは月曜日から金曜日まででクラスの人数は4人から7人まで。

スペイン語のプライベートレッスンは23ドル/50分。

また、メキシコ料理のクラス、サルサのクラス、ダンスのクラス、マヤ文化と芸術、メキシコの歴史を学ぶクラスなども提供しており、1クラス10~12ドルで受けることができます。

学校の敷地内には宿泊施設もありますが、ホストファミリーのサービスも行っています。

立地もよく海から徒歩5分、市の中心部に位置しているので、スペイン語の短期留学で、語学以外にも色々なアクティビティを楽しみたい人には、最適な学校です。

プラヤ・デル・カルメンのスペイン語学校2「インターナショナルハウス」

この学校も同じ様にスペイン語以外に多言語を扱っています。

スペイン語に関してはグループのインテンシブコースは月曜日から金曜日まで週に20時間で、料金は230アメリカドル/週ですが、長期で申し込むごとに割安になります。

1年間のコースを申し込むと週に155ドルの計算で1年間払うことになり、短期と比べかなり割安になります。

また、午後には英語コースを受講している地元のメキシコ人生徒との交流やマヤ文化を学ぶ機会もあります。

BULATSというスペイン語の試験も受けることができ、スペイン語を母国語としない人を対象にスペイン語の教師になる40時間のコースも提供しています。

ある程度の期間スペイン語を学びたい人にはとてもよいオプションでしょう。

pdc01

プラヤ・デル・カルメンのスペイン語学校3「ベルリッツ」

語学学校「ベルリッツ」は日本でもよく知られていますね。スペイン語はこのベルリッツでも受けることができます。

ベルリッツは他の学校と違ってクラスもより真剣なものになり、語学に力を入れたい人には最適の学校になります。

この学校はグループレッスンとプライベットレッスンがありますが、他のスペイン語学校と違い留学生、旅行者を対象にした学校ではないので、スペイン語の生徒が少ない場合、もしくはいない場合はプライベートのレッスンを受けることになります。

ベルリッツはコースに興味がある場合は学校長との面談の予約をし校長から直接コースの値段を聞くことになりますが、参考までに著者が以前教師として働いていた時は、6人までのグループが週に3時間で1300ペソほどで、プライベートクラスは45分のレッスンで350から500ペソでした。

立地もよく町の中心部で他の学校と同じように海から徒歩5分の距離にあります。

直説法というメソードを使ってレッスンを行っており、プライベートレッスンでも値段も他の学校とあまりかわらないので、真剣にスペイン語を学びたい人にはおすすめです。

留学プラスのアクティビティ1「ダイビング」

さて、カリブ海の美しい町プラヤ・デル・カルメンでスペイン語学校の後に楽しめるのは何といっても「ダイビング」です。

世界で第二のダイビングホットスポットと言われているコスメル島もここ、プラヤ・デル・カルメンからフェリーで行けます。

世界中のダイバーが憧れる、そして世界中からダイバーが訪れのがこの町なのです。

町には多くのダイビングショップがありますが、PADIコースといい、ダイビングをするために必要となるライセンスを2日間で取得するコースを提供しているダイブショップがほとんどです。

では、市で人気のダイブショップをご紹介しましょう。

pdc03

「Phantom divers」。このダイブショップは初心者コースから上級者コースまで提供している他、地下の天然の泉であるセノテの洞窟の中をダイビングするケイブダイビングコース、そしてナイトダイビングコースなど上級者以上でした取れないコースも多く扱っています。

世界でもケイブケイブダイビングができる地は少ないため、ダイビング上級者には絶好の場所になります。

またダイビングコースとホテルステイのパッケケージもあるダイブショップもあります。

ダイビング好きの人、またダイビングを始めたい人は逆に「ダイビング留学」を目的にし実用的なスペイン語を習得してもよいでしょう。

pdc05

留学プラスのアクティビティ2「カイトサーフィン」

プラヤ・デル・カルメンでは様々なマリンスポーツが楽しめますが、ダイビングの次に人気のコースがカイトサーフィンのコースです。

プラヤ・デル・カルメンではカイト・サーフィンスクールと呼ばれるものは1つだけになりますが、この学校は資格を持ったインストラクターがマンツーマンで、もしくは2人の生徒に1からカイトサーフィンの仕方を教えてくれる4日間ほどのコースを持っています。

レッスンは1回で140アメリカドルから230アメリカドルになりますが、レッスンの時間設定をしておらず生徒が理解するまで時間をかけて徹底的に指導してくれるので、価値のあるコースになるでしょう。

まとめ

スペイン語だけではなく様々なアクティビティが楽しめるプラヤ・デル・カルメンの留学、いかがでしたか?

アカデミックに語学を学ぶ留学というよりは、趣味を中心にした留学に適しているのが魅力です。

プラヤ・デル・カルメンは1年を通して暖かく、これらのマリンスポーツも季節を問わずできますが、ハイシーズンと言われる時期は気温が少し下がり過ごしやすくなる11月から4月頃ですので、この時期に来ることができれば7月、8月の真夏に比べてより快適に過ごすことができるでしょう。

ABOUTこの記事をかいた人

せかいじゅう編集部

せかいじゅう編集部です。海外で暮らすために大切な情報を集め、皆様にお届けいたします。「こんな記事が欲しい!」などあれば、お気軽にご連絡ください。