アイルランド生活を楽しくする10のコツを伝授。国民性も知っておこう!

アイルランド生活をうまくやっていく10のこつ

アイルランド、アイルランド人のイメージはありますか?

アイルランドは英語圏ですし、肌が白く目が青い人種なのでハリウッド映画やドラマのようなイメージがあるかもしれませんが、実はけっこう違います。

実際住んでみると、いい意味でも悪い意味でもカルチャーショックを受けます。

アイルランドでうまくやっていくこつを少しでも知っていると、生活がスムーズに進むこと間違いなし!

ここでは、これから滞在予定の方に、是非覚えておいてほしい10のことをお伝えしたいと思います。

【アイルランドの関連記事はこちら】

↑アイルランド滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去のアイルランドの記事一覧はこちら

アイルランドの環境編

1. 天気の悪さに慣れる

アイルランドに来てすぐに気づくことは「天気」です。

日本では晴れていることが当たり前ですが、アイルランドに来ると晴れが少ないことに気づきます。

アイルランドの天気は、基本いつも曇りです。そして雨がいつもぱらつきます。

夏以降に来ると顕著に天気が悪いので、思いのほか気分が参るかもしれません。

調整可能であれば、春〜夏は比較的天気が穏やかなので、この時期から来ることをおすすめします。

でもそのうち慣れます。いつか晴れる、いつか暖かくなる、という期待を捨てると気分が参ることも減るでしょう。そして、貴重な晴れに感謝の気持ちまで生まれますよ。

アイルランドの風景1

2. 田舎を満喫する

アイルランドの魅力。それはなんと言っても田園風景です。

街から1歩郊外に出れば、そこには緑いっぱいの田園風景が広がっています。

雨のおかげで1年中緑の芝生で牛や馬、羊がとても活き活き生活しています

ただあまりの田舎っぷりにびっくりするかもしれません。

ダブリンやコークなど都会も立派にありますが、全体的には田舎です。

都会派の人も、アイルランドに来たら是非田舎を満喫してほしいです。足を伸ばすと、本当に綺麗なビーチや森がいっぱいあります。

スポンサーリンク

アイルランドの国民性編

3. とにかく「How are you?」を言おう。挨拶と天気の話しは必須

アイルランド人の第一印象は、とにかくフレンドリー。これがアイルランドの最大の魅力だと感じる人は多いはずです。

だから皆気軽に知らない人にでも挨拶をします。

決まり文句は「How are you?」 発音は「ハウアーユー」ではなく「ハウヤ。初めて会う人、道ですれ違った人、誰にでもどこででも「ハウヤ」です。

そして、「今日は天気がいいですね」と、天気の話しが続きます。これで一気にアイルランドに溶け込んだ感じになります。

アイルランド天気

4. おしゃべり好き、ゴシップ好き

アイルランド人は本当にフレンドリーで、おしゃべり好きでもあります。

しかも、まるで友達同士のように誰とでも話します。

バス停やお店のレジで待っている間、はたまたレジ係とお客さんなど、話に花が咲いていて友達なのかなと思っていると、今会ったばかりということがしょっちゅうです。

外国人である私達とはそこまでではないですが、それでもいろいろと初対面で聞いてくる人もいます。

しかもアイルランドは小さな国なので、誰かと誰かが知り合いと言うことが多く、皆上手に情報を聞き出そうとします。

あまりにうまいので、聞き出されてると気づかないくらい。

でもちょっとだけ、知らない人にはべらべら自分のことを言いすぎないように注意した方がいいです。

5. ブラックジョークや皮肉に慣れる

ブラックジョークや皮肉が好きなのはイギリス人のイメージが強いかもしれませんが、アイルランド人も同じです。

ジョークを英語で理解することは日本人にはなかなか難しく、さらにそれがブラックとなるととても困難です。

筆者の経験ですが、結婚した当時義母が知り合いに「この人お手伝いさんだから」と私を紹介しました。私は一瞬理解できずそんな風に思われてるのかと傷つきました。

しばらく義母の言葉が忘れられませんでしたが、いつの頃か、あれはブラックジョークだったんだと義母の言動や態度を知るにつれてわかってきました。

ブラックジョークや皮肉は、慣れるのに時間がかかります

あまりにひどいことを言われた時は、ジョークの可能性があるかもです。

6. 本音と建前があることを知っておく

アイルランド人は、イギリスに長い間支配されてきた歴史があるからか、おしゃべり好きな割には本音を言いません。イマイチつかみ所がない一面でもあります。

例えば、アイルランド人は社交辞令をよく言います

今度うちに遊びに来てね!と気軽に言いますが、本当に来られると困る、みたいな感じです。

それと、紅茶やケーキ等を出されて結構ですと断ることもよくありますが、アイルランド人は遠慮しているとわかっているのでいらないと言っても出してくれます。

この辺の感覚は、日本人ととても良く似ているので理解しやすいです。

7. お酒との関係を理解しておく

アイルランドはウイスキー発祥の地。ギネスビールもアイルランド産まれです。

アイリッシュパブは世界各国どこにでもあるし、アイルランド人とお酒は切っても切り離せない強い関係にあります。

と言うことで、飲酒量は日本人の4倍と言われるほど多いです。

アイルランド語に「craic(クラック)」と言う言葉がありますが、今でもこの言葉は英語に混ぜて皆使います。

英語の「fun」と同じ、「楽しみ、面白さ」と言う意味ですが、アイルランド人は、このcraicがとても大切です。

パブはこのcraicが簡単に持てる場です。楽しいお酒は良いことですが、少々度が過ぎるのも正直なところ。

伝統的に食べずに飲む習慣があるので酔いやすく、飲める体質なので飲み過ぎる傾向にあります。

お酒好きの人には、アイルランドは間違いなく楽しめる場所です

お酒好きじゃない人には、たまに苦痛を伴うことがあるかもしれませんが、アイルランド人はこういう風なんだと理解するしかないようです。

パブで大切なこと、「ラウンド」を知っておこう!

アイルランド人と一緒に飲む時は、皆順番にお酒をおごり合います。これを「ラウンド」と言います。

3人で飲んでいる場合、まず1人が3人分お酒を買いに行き、次に違う人がまた3人分お酒を買いに行き、最後の一人がまた3人分買いに行き…というように、おごり合いながらお酒を飲みます。

飲む量によりますが、一応誰も損をしていないことになっています。

「ラウンド」を知らないと、アイルランド人からはケチだと思われやすいです。

8. 時間にルーズ。ドタキャンへの心構えが必要

アイルランド人は大雑把です。

ここは日本人と正反対の部分です。

時間にルーズは当たり前。ドタキャンなんてしょっちゅうです。

日本人の感覚だとドタキャンなんて怒ってしまいますが、アイルランド人同士は平気なようです。

このルーズさは、個人レベルでなく公でも同じです。

電車やバスが遅れることも日常茶飯事ですし、学校の提出物の締め切り期限なども、あってない様なものです。事前の約束事も苦手です。

しかし、言い方を変えれば「おおらか」

細かいことを気にせずのんびりしていて、せかせかしたって仕方ないか、と思わせてくれます。

アイルランドに来たらイライラすることも多くあるかもしれませんが、いっそのこと、このゆるさに染まると楽です

9. ずる賢い一面を知っておく

アイルランド人はフレンドリーでおおらかな良い一面がありますが、実はずる賢い一面も持っています

これもイギリスに長い間支配された結果で、正直でいると危ない目にあった過去があるからかなと思います。

車の部品など一般の人がわかりにくい物だと、正規のお店で定価で売っていても実は中古品ということもあったりします。

家の修理などで業者とやり取りをする時も、すごく愛想よく明日来ますと言っても平気で来ませんし、電話をかけ直すと言ってもかかって来ないことが多く、そうかと思えば突然予定と違う日に来たりなど、日本とはちょっと違う対応が返ってきます。

日本人は正直者でしっかりしている人が多いので、このような対応をされると戸惑いますが、アイルランド人はずる賢い一面があると覚えておくとビックリし過ぎないで済みます。

10. シャイで褒められ下手だということも忘れずに

フレンドリーでおしゃべり好きなのに、特に男性はシャイです。街から外れると外国人に慣れていない人もいて、そっけない態度な人もいます。

今でこそたくさんの外国人が住んでいますが、EUに加盟する前は外国人は珍しい存在でした。

なので、時々外国人と何を話したらいいかわからない、と言う態度を取られることもありますが、シャイがゆえです。

もちろんダブリン等の都会では大丈夫ですが、それでも一般的にアイルランド人男性はシャイです。

逆に、女性は日本人女性と比べるとかなり強いです。アイルランドもバブルを経験して、女性にも経済力がついたので「独立した強い女」と言う印象です。

でも面白いのが、どちら共に褒められ下手です。褒めると謙遜の言葉が返ってきます。これはやっぱりどちらにもシャイな部分があるあかし。

ブラックジョークや皮肉と同様、英語での謙遜も私達には最初理解が難しいです。

褒めたことを否定されたと感じることがあるかもしれません。でも、照れて謙遜していることがほとんどなので心配しないで下さいね。

スポンサーリンク

アイルランドの生活をうまく楽しもう!

環境はアイルランドと日本は全然違いますが、国民性は似ている部分もあります

本音と建前があったり結構シャイだったりと、日本人にとっては理解しやすい部分で、親近感も沸きます。

ただそう思っていると、全然違う部分に驚かされたり。

アイルランド人の性格、うまくやっていくこつを覚えて、文化の違いに動じず楽しくやっていけるといいですね。

【アイルランドの関連記事はこちら】

↑アイルランド滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去のアイルランドの記事一覧はこちら

スポンサーリンク

これまでにないユニークな海外滞在を!せかいじゅうホームステイ

せかいじゅうホームステイ

旅行ではできない、世界の暮らしを体験する「せかいじゅうホームステイ」

単身・友達・家族など、どんな方でもOK。長期滞在や留学、移住、リタイア生活にホームステイを利用しませんか?

ホテルではできない、せかいじゅうホームステイだけが持つメリットを使って長期滞在を実現しよう♪

海外在住の日本人家族が海外の滞在先を提供します。詳しくは↓

スポンサーリンク

海外移住・永住でご相談・お悩みはありませんか?

プロエージェント

せかいじゅうが厳選する移民エージェントを紹介します

当メディアは世界中の各国へのコネクション・ネットワークを強みとし、その規模は世界最大規模。海外渡航に関する悩みやトラブルを解決します。

海外への移住手続きやビザ取得まで完全サポート!せかいじゅうが選び抜いた信頼できる専門家を紹介致します

せかいじゅうプロからお気軽にご連絡ください。

海外エージェント(移住・ビザ・仕事)の方はこちらからご応募ください。

ABOUTこの記事をかいた人

せかいじゅう編集部

せかいじゅう編集部です。海外で暮らすために大切な情報を集め、皆様にお届けいたします。「こんな記事が欲しい!」などあれば、お気軽にご連絡ください。