アイルランド移住が魅力的な12の理由

海外に移住するという決断は人生の中でもとても大きな出来事でしょう。

移住前に知っておけば良かったなんてことにならにためにも、これから住む国がどんなところか知っておくことはとても大切です。

また、どこの国にしようか悩んでいる方にもお勧めしたいアイルランド移住の魅力をご紹介したいと思います。

【アイルランドの関連記事はこちら】

↑アイルランド滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

【NEW】せかいじゅうイベント情報

せかいじゅうNight マレーシア 9/16(祝日)at Tokyoに参加しませんか?

マレーシア居住者とのトークイベント&世界を目指す仲間を見つけよう♪お席は先着順!イベント詳細はこちら

1. みんながフレンドリー

アイランドの人は話すことが大好きな人が多く、町を歩けば、楽しそうな話し声が聞こえてきます。

また、誰にでも気軽に声をかけてくれます。

特にお年寄りの方は、カフェでも、電車のホームでも電車の中でもどこでも話しかけてきてくれます。名前も知らない人と少しの時間のおしゃべりを楽しむことはアイルランド人にとっては日常的なのです。

また、アイルランドは、世界で最もフレンドリーな国として有名でもあります。

会話の内容は天気から始まり、天気で終わるアイルランド人。天気の話は本当によくでてきます。

それは、アイルランドは天候がよく変わり、1日で全ての天候が体験できると言われるからでしょうね。

スポンサーリンク

2. 英語で生活できる

アイルランドの日常会話は英語です。

アイルランド語を第一言語としていますが、限られた地域以外はほとんど英語が第一言語となっています。

逆にアイルランド人でもアイルランド語が挨拶程度しか話せない人がほとんどです。

私たち日本人が習うアメリカンイングリッシュのブリティッシュイングリッシュの違いはありますが、アメリカンイングリッシュでも十分に通じます。1から覚えなければならない言葉よりも、聞きなれた英語の単語なら、安心できますよね。

ireland-iju02

スポンサーリンク

3. 治安がいい

日本ほど良いというわけにはいきませんが、アイルランドの治安は他の国と比べてもとても良いと思います。

安全な国に住むことは、生活を送る上では大切なことですよね。

また、自然災害もほとんどありません。ただし、基本的危機管理はどこの国でも必要です。

せかいじゅうで大人のホームステイをしよう

海外在住の日本人宅のホームステイしませんか?

旅行ではできない現地生活・文化を体験できます。「人生一度きり。日本しか知らないのは勿体ない」ワクワクする事、心が穏やかになる国・街がある。世界中のホストがお待ちしています♪旅行ではなく、世界の日常を経験したい方はこちら

4. 1年を通して気温の変化があまりない。5度〜20度

日本とは異なり、夏は20度以上にはならず冬は5度以下にならない日が多いアイルランド

冬は風があるため、寒さを感じますが、日本の冬と比べればそこまで冷え込むことはありません。

もちろん雪が積もることもありませんので、たまに雪が降ると子どもたちは大喜びです。

また、夏はとてもお快適に過ごすことができます。ジメジメとしたアジア特有の暑さがなく、夏でもサラッとしています。

ただし紫外線は日本よりも強く感じます。また、20度を超える日があるとアイルランドでは大きなニュースで、みんなの話はそれで持ち切りです。

スポンサーリンク

5. ヨーロッパ旅行に気軽に・格安に行くことができる

日本からのヨーロッパ旅行は費用が高く移動の時間も必要としますので、なかなか気軽には行けませんよね。

しかし、アイルランドはEU圏であり、格安飛行機がアイルランドから様々な国に飛んでいます。

最も安いのは、やはりお隣の国のイギリスへのアクセスです

安いときは何百円台で片道航空券を取ることができます

この格安航空会社はよくイベントもしていますので、その他の国でも考えることができないほどの安さでチケットを取ることができます。

6, パブが沢山ある

お酒好きには最高ですよね。

アイルランドといえばギネスビールが有名ですが、実はウィスキーも有名なんのです。

町にも、田舎の方に行ってもパブを見つけることができ、気軽に入ることができます。

また、お酒を楽しむのはもちろんのこと、大人から子どもまでもが食事を楽しんだり、サッカー観戦、ラグビー観戦をしたり、音楽ライブを楽しむことなどもできます。

アイルランドでは、パブはみんなが集まる場所として昔から根付いています

ireland-iju03

スポンサーリンク

7. 大自然が沢山ある

日本での都会暮らしに疲れている方には、とても魅力的な言葉ではないでしょうか。

日本とは異なる大自然が多くあり、スケールも大きく大迫力です

アイルランドのメイン都市はとてもこじんまりとしていますので、一歩出るとすぐに田舎になります。澄んだ空気を吸って、素晴らしい景色を見ていつでもリフレッシュできます。

ireland-iju04

8. 水道水が飲める

アイルランドは、日本と同じく水道水をそのまま飲むことができます

これは、住む上でとても大切なことではないでしょうか。

飲めない水道水だと水を購入するだけでも大変な出費になりますし、自宅まで運ぶことも大変です。料理にも気軽に使えることもできます。

スポンサーリンク

9. 乳製品が安い

チーズ、バター、牛乳、ヨーグルトどれも日本よりおいしいのではないかと思うほど、アイルランドでは乳製品が種類も豊富で自分が好みのものを見つけ出すことができます

例えばバターは、アイリッシュバターを始め、オリーブオイルで作られたもの、アボカドで作られたものまで、日本では見ないものや高くて手が出せないものまで、こちらでは気軽に手に入れることができます。

ヨーグルトでは、にほんではとても高いギリシャヨーグルトがこちらでは安く購入できますし、種類も豊富です。

10. 色んな国の人が在住している

アイルランドの日本人人口はあまり多くはありませんが、アイルランドには本当にいろんな国の方が住んでいます

EU圏の国の人はもちろん、ブラジル、メキシコ、インド、中国、韓国などアジア人も多く見かけます。

そんなアイルランドだからこそ、相手が日本人だろうが何人だろうが関係なく気軽に話かけてくれます。それって、簡単にできそうでなかなか難しいことですよね。

実際に日本にいて隣に外国人がいて気軽に日常会話をする人を見たことある方は、ほとんどいないのではないでしょうか。

見た目で判断してはいけないと思いつつも、日本語が分からないのではないかと、勝手に思い込んで話しかけることをためらってしまいますよね。

あまりにも自然で時々が外国人ということを忘れてしまうほどです。

11. 日本食の材料が手に入る

日本の材料が全て手に入るわけではありませんが、アイルランドでも日本食は人気です

特にお寿司はかいがいならではのお寿司に変化していますが、町に出ると日本レストランも見かけます。

スーパーには、醤油をはじめ海苔、豆腐、ワサビなども置いています。近頃はみりんなんかもスーパーで手に入れることができます。

また、アジアンマーケットに行けばふりかけや漬物、ソース類なども購入可能です。日本食が恋しくなっても安心です。

12. 学生ビザでも働ける

学生ビザでも、週20時間内でしたら働いてお金を稼ぐことができます

また、一定の決まった時期にはフルタイムでも働くことが可能になりました。

アイルランドと日本はワーキングホリデー協定を結んでいます。30歳までの方なら誰でも申請することができます。

抽選倍率がとても高いイギリスに比べて、アイルランドはほとんどの方がワーキングホリデービザを取得することができます。

アイルランド移住の魅力まとめ

アイルランドという日本ではまだまだ知られていない穴場のヨーロッパの国です。

実際に行ってみると発見が沢山あります。

どこの国に行くのが良いのか、自分に本当に合っているのか、行ってみないと分からないことです。

しかし、その国に行ってはっきりした目標も持たずにただ行くだけでは、結局何をしに来たか分からず帰国することになりかねません。

日本を旅立つ前に色んな希望、覚悟、楽しみを持って海外に行くのですから、思う存分にその国の生活を満喫しましょう。

どこに住もうと、住めば都なるはずです!!

【アイルランドの関連記事はこちら】

↑アイルランド滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

スポンサーリンク

これまでにないユニークな海外滞在を!せかいじゅうホームステイ

せかいじゅうホームステイ

旅行ではできない、世界の暮らしを体験する「せかいじゅうホームステイ」

単身・友達・家族など、どんな方でもOK。長期滞在や留学、移住、リタイア生活にホームステイを利用しませんか?

北米、ヨーロッパ、アジア、オセアニアの世界各地のホスト宅で長期滞在を実現しよう♪

海外在住の日本人家族が海外の滞在先を提供します。詳しくは↓

世界各国のビザ、不動産エージェントの提携企業を募集しています

ビザ取得、不動産取得、法人設立など、日本人向けの海外移住・投資をする方のサポートをしている企業様へ

せかいじゅうは日本最大級の海外移住情報メディアです。このせかいじゅうを利用される海外移住希望者のサポートをしてみませんか?

主にビザ、不動産のエージェント企業様の応募をお待ちしています。せかいじゅう提携パートナーとして、ご協力ください。

ABOUTこの記事をかいた人

せかいじゅう編集部

せかいじゅう編集部です。海外で暮らすために大切な情報を集め、皆様にお届けいたします。「こんな記事が欲しい!」などあれば、お気軽にご連絡ください。