おすすめのスウェーデンの食べ物7つを紹介!一度食べたら虜になるかも

みなさんはスウェーデンという国についてどのくらい知っているでしょうか?

スウェーデン人はどんな物を食べているのか、スウェーデンにはどんな食べ物があるのか。

その答えは、スーパーマーケットに詰まっています

今回はタイトルにもあるように、日本ではみられないスウェーデンの少し変わった食べ物についてご紹介していこうと思います。

【スウェーデンの関連記事はこちら】

↑スウェーデン滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

1.スウェーデン人が愛する量り売りグミ

swe-gourmet01

ゴディス(キャンディーやグミ)

スウェーデンのスーパーマーケットに行くと必ずあるのが量り売りグミコーナー

スウェーデン語でゴディス(キャンディーやグミのこと)といいスウェーデン人が大好きなお菓子です。

量り売りグミなら日本でもたまに見かけますよね。しかし、スウェーデンでは規模が違うんです。

ほぼすべてのスーパーに、そしてコンビニにまで量り売りゴディスコーナーがあります。

街を歩いているとゴディス専門店も多く見うけられます。

swe-gourmet02

ゴディス専門店

日本では量り売りのお菓子はほとんどが子供がやっているイメージですが、スウェーデンでは違います。

スーパーに行くと、幼い子供はもちろん仕事終わりのサラリーマンやお年寄りまで老若男女、たくさんの人が量り売りゴディスを楽しんでいるのです

初めてスウェーデンを訪れると、その光景がとても不思議にみえるでしょう。

また、スウェーデン人1人あたり年間17キロもの量り売りゴディスを食べているという調査結果もあります。ものすごい消費量ですよね!

・グミの値段

お値段ですが、日本では100グラム300円~500円ほどで売られているみたいです。

しかしスウェーデンでは1キロあたり約1,000円で買うことができます。100グラムで考えると100円です。

世界でも上位に入るほど物価が高いスウェーデンですが量り売りゴディスはかなり安めです。

スポンサーリンク

2.人気ナンバーワンのリコリス

リコリス

リコリス

スウェーデンのゴディスは種類がとても豊富で日本ではみたこともないグミやキャンディーがたくさんあります。

その中でもひときわ目立つのがLakrits(リコリス)と呼ばれる真っ黒いグミです。

このグミは北欧でよく食べられている大人気のグミで、特にスウェーデン人とフィンランド人はこのグミを好んで食べるといいます

リコリスはスペインカンゾウという植物の根で作られているグミで、昔スウェーデンの薬局で薬草として売られていたそうです。

スウェーデン人はこれを食べ慣れていることもあってこの味が大好きです。そして種類も豊富です。

swe-gourmet16

筆者も食べてみましたが人生で一度も食べたことがない不思議な味でとても美味しいとは言えない味でした。

その味を表現するなら石鹸、香水、塩、そして漢方をまぜたような味で種類によっては耐えられないほどのしょっぱさを感じます。

真っ黒なので体に害はないのかと心配してしまうほどの見た目ですが、薬草の根で作られているので安全です。

むしろデトックスや抗アレルギー作用などの効果もあるそうです。

このリコリスというグミは海外観光客からも珍しいお土産として人気です。味はともあれ不思議なスウェーデンのグミをお土産にする人が多いそうです。量り売りとは別に小さい箱で箱売りもしているのでスウェーデンを訪れた際は土産にしてみるのもいいかもしれません。

swe-gourmet15

また、スウェーデンではリコリス味が大好きなスウェーデン人のためにアイスクリームやキャラメルにもリコリス味があります。どんな味なのか気になる方はスウェーデンを訪れた際にはぜひ一度食べてみてください!

スポンサーリンク

3.スウェーデンを代表するケーキ、プリンセストータ

swe-gourmet14

プリンセストータ(通称プリンセスケーキ)

みなさんはプリンセストータ(通称プリンセスケーキ)をご存知でしょうか?

プリンセストータとはスウェーデンの伝統的なケーキのことをいいます。

名前の由来ですが、昔スウェーデンのプリンセス(女王)たちが好んで食べたという記録からプリンセストータという名前がつき、いまでも多くの人に愛され続けています。

スウェーデンでは誕生日、記念日、クリスマスやパーティーなど、特別な日には欠かせません。

また、プリンセストータはとても甘くしっとりしたケーキで、なによりまるまるとしたドーム型の見た目がとっても可愛いんです。

元々は緑色ですが、最近ではいろんな色のプリンセストータが出回っています。

swe-gourmet12

プリンセストータはスウェーデン人がとても大好きなケーキで、スウェーデン国内で最も売れている洋菓子だそうです。

スウェーデンを訪れた際には1度は食べておきたいスウェーデンの伝統的なスウィーツです。

swe-gourmet13

・日本ではIKEAで食べれる!

ちなみに日本でもこのプリンセストータを味わえるところがあります。

スウェーデン家具雑貨で有名なIKEAでこのプリンセストータを食べることができるんです!

IKEAでは1人サイズでプリンセストータを販売しているので気になった方はぜひ食べて見てください。

せかいじゅうからのご案内

日本と世界を繋ぐ仕事にたずさわる法人・個人の方へ

国内・海外でビジネスをしている方、これから海外で起業したい方必見!ここからスタートアップを図ろう→せかいじゅうSTARTUP

4.乾燥したパン!?キネッキブロード

あまり知られていませんが、スウェーデンといえばキネッキブロードというほどスウェーデンでは定番のパンです。

swe-gourmet07

キネッキブロード

スウェーデンではほとんどの家庭にキネッキブロードが常備されており朝食によく食べられています。

バターやチーズ、またお好みで野菜などと一緒に食べます。

日本人からするとこのパリパリした食感はパンというよりクラッカーに近いような感じだと思います。

冬の長い北欧で、長期間保存することができ、大量に作ることができるので古くから重宝されてきた食材だそうです。

スウェーデンのスーパーマーケットに行くとキネッキブロードのコーナーが必ずあります。

種類も豊富でライ麦で作られているものや全粒穀物で作られているものなど、それぞれ味が違います。

swe-gourmet06

普通のキネッキブロードは量が多いのでお土産には向いていませんが、小さいサイズも売っています。

また、手軽に食べれるように間にクリームチーズやチョコレートが挟まっている物も売っているのでお土産用にするのもいいかと思います。

スポンサーリンク

5.スウェーデン人が大好きなおやつバニラハート

あまり知られていませんがスウェーデンはスウィーツ大国です。

スウェーデンには日本では見たことのない数多くのスウィーツがたくさんあります。

そのなかでも筆者が虜になってしまったのがバニラハートというお菓子です。カフェやスーパーマーケットに行くと必ず置いてあります。

swe-gourmet11

バニラハート

バニラハートは名前の通りキュートなハート型で中にはスウェーデン語でバニラソースと呼ばれるカスタードクリームが中に入っています。

外側はサクサク、中はしっとりしていてとても美味しいですよ!

スーパーマーケットではパンコーナー付近にいつも置いてあり、1個8クローナ(100~120円)ほどで売っています。

とても美味しいのでぜひホテルでのデザートとして買ってみるのはいかがでしょうか!

6.スウェーデンならでは!チューブペースト

スウェーデンでは数多くのチーズがありますが、スーパーマーケットに行くと少し変わった形でチーズが売っています。

まるで歯磨き粉のようなチューブチーズがたくさんあります。

swe-gourmet10

チューブペースト

種類も豊富でエビチーズやハムチーズ、スウェーデンならではのザリガニチーズやお肉を使ったチーズまで数えきれないほどの種類があります。

また、チーズだけでなくいろんな味のペーストも売られています。

swe-gourmet09

スウェーデンではハンバーガーを作る時に使ったりパンなどと一緒に食べたりして楽しまれています。

swe-gourmet08

カッレスキャビア

そのなかで日本人の舌には合わない物がカッレスキャビアと呼ばれるものです。

カッレスキャビアは簡単に言うとキャビアペーストで、スウェーデンでは日常的に朝食やおやつに食べられていてみんな大好物だといいます。

カッレスキャビアの一般的な食べ方はパンの上にゆで卵のスライスを置きその上にカッレスキャビアをのせて食べます。

カッレスキャビアはスウェーデンでは大人気の食べ物ですがスウェーデン以外の国の人にはあまり理解できない味で、世界で『マズイ食べ物』とも言われているそうです。

私も食べたことがありますが、はっきり言って美味しくなかったです。国が変われば食も変わるといいますが、カッレスキャビアだけは好きになれない味かもしれません(笑)

スウェーデンのカッレスキャビア会社が日本で試食会をする広告がありましたが、日本人の微妙な反応がみられます(笑)

7.お土産にオススメ!スパイシーなティー

swe-gourmet05

Fika(フィーカ)

スウェーデンではFika(フィーカ)と言って”お菓子を食べながらコーヒーやティーを飲む”文化がとても大切にされています。

スウェーデン人はコーヒーやティーがとても大好きで毎日たくさん飲むことで有名です。

スウェーデン人にはティーが欠かせない存在ということもありスーパーマーケットには大量のティーが品揃えしてあります。

そこでオススメなのが少し変わったスパイシーなティーです。日本でティーといえばハーブティーやジャスミンティーが主流ですがスウェーデンではジンジャーのようなスパイスの効いたティーがとても人気があり、種類もたくさんあります。

飲んだ時にスパイシーで少しピリッとするような感覚がやみつきになります。

スウェーデンのスーパーマーケットにはたくさんのティーが売っているのでお土産用に買っていくのもいいと思います。

swe-gourmet03

また紅茶も人気でたくさんの種類があります。

swe-gourmet04

パッケージも可愛いのでお土産にぴったりです!

スポンサーリンク

さいごに

ここまでスウェーデンの食文化についてご紹介させていただきまきた。いかがでしたでしょうか?

世界にはいろんな食べ物があるように、スウェーデンにもいろんな食べ物がありますね。

少しでもスウェーデンの食文化について知っていただけたら幸いです。

【スウェーデンの関連記事はこちら】

↑スウェーデン滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

スポンサーリンク

これまでにないユニークな海外滞在を!せかいじゅうホームステイ

せかいじゅうホームステイ

旅行ではできない、世界の暮らしを体験する「せかいじゅうホームステイ」

単身・友達・家族など、どんな方でもOK。長期滞在や留学、移住、リタイア生活にホームステイを利用しませんか?

北米、ヨーロッパ、アジア、オセアニアの世界各地のホスト宅で長期滞在を実現しよう♪

海外在住の日本人家族が海外の滞在先を提供します。詳しくは↓

スポンサーリンク

海外の移住・留学エージェントの方へ、せかいじゅうSTARTUPに参加しませんか?

たくさんの海外渡航したい日本人に出会い、サポートしよう

海外でビザ、不動産・賃貸、移住、留学サポートなどの事業をされている企業様の世界的なネットワークを作っています。

まずはせかいじゅうSTARTUPへの参加をお待ちしています。

ABOUTこの記事をかいた人

せかいじゅう編集部

せかいじゅう編集部です。海外で暮らすために大切な情報を集め、皆様にお届けいたします。「こんな記事が欲しい!」などあれば、お気軽にご連絡ください。