海外移住に失敗しないリサーチ方法 3つのポイント

こんにちは。

「海外で暮らしてみたい」と思い立ったら、まずしなくてはいけないことは何でしょうか?

もしかしたら、航空チケットを買ってしまう、
というすごく行動力のある方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、まず大切なのは
「海外で暮らすためのリサーチ」
でしょう。

・子供の教育に人気の都市は?
・自然をたくさん満喫できる国はどこかな?
・日本人が少ない都市はどこかな?

まずは、目的があり、そのために必要な情報を調べる、というアプローチが一般的だと思います。

その場合、まず最初の小さな一歩としては、
「リサーチをする」
というステップがあります。

今はインターネットには、たくさんの海外情報が溢れています。知りたい大抵のことはわかってしまいます。

でも、リサーチを失敗してしまうと、
渡航準備や海外生活にすごく苦労してしまうことがあります。
ちょっとリサーチを怠ったせいで、お金や時間の面など、すごく遠回りしてしまうことがあるのです。

逆に、リサーチがうまくいくと、
準備から移住スタートまで、スムーズにいくでしょう。

渡航期間は余計なことを心配せず、一生忘れられない人生体験ができるでしょう。

海外移住リサーチのポイントとは?

ここで、リサーチにおけるポイントをいくつか紹介します。

1)時間をとってリサーチをすること

前述と関連しますが、
多くの場合、リサーチに費やす時間が少ない場合があります。
しっかり時間を費やして、情報を集めることは大切です。

例えば、
「友達とグアムへ3泊4日で旅行に行きたいな~」
と思って、本1冊パラパラめくって、1時間で話してここにしようよ!と決める場合と、

5時間くらい南の島情報を集め、その中から旅行先を選ぶ場合、
この4時間差は、のちの4日間の感動を大きく変えてしまうことになります。

あと4時間だけ追加しておけば、、
グアムではなく、世界のダイバーが密かに集まるフィリピン・ボラカイでの体験が待っていたかもしれません。

ちょっと面倒でも、情報取集に時間を費やすことによって、その何倍も効果が返ってくることがあるんです。

2)1つの情報に頼らないこと

情報を集める場合、
一つのソースだけに頼らず、多くの情報サイトや媒体からしっかり情報収集することが大切です。

例えば、海外で暮らす場合は、
海外在住者のブログからの情報は有益ですが、
その在住者以外のブログから情報を集めることで
より違った目線で生活がみえてくることがあります。

例えば、ある方のブログには
「この国の食はおいしくない」という方もいれば、
「この国ほど食が優れている国はない」という方もいます。

いずれも本当なのでしょうが、常に情報を客観的に見ていく姿勢をもつことが大切です。

事実ベースの情報
主観ベースの情報

をしっかり見極めて、情報に接することが情報集めでは重要であると思います。

上記のおいしい、おいしくないは、あくまで主観の情報ですね。

3)海外の実体験者から情報を集めること

海外へ移住するために強い味方の1つは、
「海外在住者の情報」
でしょう。

海外在住者の方々から直接情報を聞くことができれば、ネットの情報には出ていない、違った実際が見えてきます。

・もちろん、せかいじゅうのプランナーでもよいし(^ ^)
・知り合いの紹介でもよいし、
・過去に海外生活をしていた人でもよいし、
・海外に行ってしまって現地の人に聞くのでもよいです。

「生の声」を大切にすると、情報収集も大いに実りあるものになるでしょう。

以上、4つを紹介してみました。

まず、海外移住するために知らなくてはいけないことが何かを把握したら、今からGoogleを開いて、その問いを入力してみましょう。

そこに新しい発見や情報が待っているかもしれません。

スポンサーリンク

これまでにないユニークな海外滞在を!せかいじゅうホームステイ

せかいじゅうホームステイ

旅行ではできない、世界の暮らしを体験する「せかいじゅうホームステイ」

単身・友達・家族など、どんな方でもOK。長期滞在や留学、移住、リタイア生活にホームステイを利用しませんか?

北米、ヨーロッパ、アジア、オセアニアの世界各地のホスト宅で長期滞在を実現しよう♪

海外在住の日本人家族が海外の滞在先を提供します。詳しくは↓

世界各国のビザ、不動産エージェントの提携企業を募集しています

ビザ取得、不動産取得、法人設立など、日本人向けの海外移住・投資をする方のサポートをしている企業様へ

せかいじゅうは日本最大級の海外移住情報メディアです。このせかいじゅうを利用される海外移住希望者のサポートをしてみませんか?

主にビザ、不動産のエージェント企業様の応募をお待ちしています。せかいじゅう提携パートナーとして、ご協力ください。

ABOUTこの記事をかいた人

せかいじゅう運営

よろしくお願いします。