南アフリカの医療事情や病院のかかり方。人気の民間保険会社も紹介

南アフリカの医療事情や病院のかかり方。人気の民間保険会社も紹介

南アフリカ移住する時に知っておきたいのが現地の医療システム。住む国が違えば医療事情が異なるのは当然ですが、病気や怪我はいつ起こるか分からないので移住先の医療事情を把握するのは大切なことです。

ここでは南アフリカで病院にかかりたい時はどうすれば良いのか、日本とは違う保険の種類や事情についてお伝えします。

世界の日本人同士で作る・繋がるコミュニティ

世界へ広がる海外移住コミュニティ「せかいじゅうサロン」がスタートしました

南アフリカの医療システム。日本のような健康保険制度はない

日本には国民健康保険や社会保険のように、国や会社がサポートしてくれる健康保険制度がありますが、南アフリカは日本のような健康保険システムはありません。

民間保険に加入していない場合、自費で診察や検査を受けたり、自費で払えない時は国が経営する病院や診療所にかかることになります。

民間保険に加入している場合、診察費用や薬代、歯科治療代などが無料になったり、癌と診断された時は自動的にがん保険に移行し、自己負担が少なく治療が受けられます。

ただし、全て無料になるのではなく、入っているプランによって異なります。

また、日本のように病院側が医療スタッフを雇うのではなく、院内の施設を借りて医師がクリニックや歯科医院を開業したり、レントゲン室や血液検査室が併設する仕組みになっています。

スポンサーリンク

2つの病院が持つ特徴や違い

南アフリカには医療グループが運営するプライベート(私立)の医療機関と国が経営する医療施設に分類されます。

それぞれに特徴があるので説明します。

南アフリカの病院

1)プライベート(私立)の病院

私立系の病院には

  • Netcare(ネットケア)
  • Mediclinic(メディクリニック)
  • Life(ライフ)

があります。

風邪や病気などで病院を受診したい時は、この3つのうちどれかにかかることをおすすめします。

プライベートの病院は医療設備が整い、医師や看護師などスタッフの数が十分なため、日本と変わらずきちんとした治療が受けられます。

診療は予約制なので、長く待たされることは少ないでしょう。

診療費用は、加入している保険のプランによって異なります。診察や薬代、入院費用など医療の全てが無料だったり、日常的な診療は自己負担で入院費用のみをカバーするなど、入っている保険により負担額が異なります。

2)国が経営する病院

日本にある国立病院と南アフリカの国立病院は、大きく異なります。

日本は国立であっても医療設備がきちんと整い、適切な治療が受けられますが、南アフリカの国公立病院は医師や看護師など医療スタッフが不足している状態です。

更に、医療設備も不足していたり、私立病院ほど整備されておらず、薬剤なども揃っていません。

無料で受診できると聞くと費用が抑えられ魅力的に聞こえますが、急病で受診しても医師が少ないため、待たされることがあり治療が手遅れになるといったケースも聞きます。

入院しても看護師や医師の質は良いと言えず、検査や手術など治療を受けるまでに時間がかかり過ぎるのが問題となっています。

費用は個人の収入によって異なりますが、収入が少なかったり無収入の場合は無料で、収入がある人は少額を負担することになります。

日本人の場合は、少額ですが治療費がかかる可能性があります。

南アフリカにある三大医療機関グループがおすすめ

病院にかかる時は、ここで紹介する3つのグループの医療機関に受診すると安心です。

この3つは私立系の医療機関で、医療設備やスタッフが揃っているので日本と変わらない治療が受けられます。

  1. Netcare(ネットケア)
    URL:https://www.netcare.co.za/
  2. Mediclinic(メディクリニック)
    URL:https://www.mediclinic.co.za/en/corporate/home.html
  3. Life(ライフ)
    URL:https://www.lifehealthcare.co.za/

 

スポンサーリンク

救急車は有料・呼ぶ時はどうなる?どうする?

南アフリカで急病や怪我で救急車を呼ぶとき、救急車も病院と同じように公立系と私立系に分かれます。

日本の場合、無料で救急車を呼べますが、南アフリカは有料なので民間保険加入の有無を聞かれることが多いです。

私立系の救急車は1回につき約15,000〜25,000円かかり、公立は無料または収入に応じた利用金額を支払います。

私立系は車の台数や体制が整っているため、要請してからすぐに来てくれますが、公立系は救急車の台数が少なく、電話で呼んでも時間がかかることがほとんどです。

私立の救急車の要請は

Netcare 911 Ambulance:082-911

または、

各私立病院のEmergency Departmentにかけるようにします。

公立救急車は10-177

世界各地の人々と繋がるコミュニティ

5月24日のイベントはオーストラリア、ドイツ、アメリカ、カナダ、ブラジル、ホンジュラス等のメンバーが参加予定

海外ネットワークと情報収集、新しいことへのチャレンジができる「せかいじゅうサロン」

保険はどうしよう?南アフリカの人気の民間保険会社(メディカルエイド)

南アフリカは失業率が約29%と高く、民間保険に未加入の人が多いのが現状です。

経済的に余裕がある人は、民間保険に入ることができ、きちんとした治療が受けられますが、未加入の場合は国営の病院にかかることになり、満足な治療が受けられません。

長期滞在者や移住者は、海外旅行保険や現地の民間保険会社の加入をおすすめです。

南アフリカの民間保険

加入はインターネットから入会可能で、後日「メディカルエイドカード」と呼ばれるものが手元に届きます。

ここでは、現地にある代表的な民間保険会社を5つ紹介しますので、自分に合ったプランに加入しましょう。

保険料が高いといって加入しなかったり、解約すると後から後悔することになりかねませんので、必ず入るようにしてください。

月額保険料金の目安

  • 独身者:約15,000円〜
  • 大人2名:約30,000円前後〜
  • 家族4人:約50,000円前後〜(家族全員での金額)

月額の保険料金は、入院のみのプランなのか、日常のクリニック診療+入院などと合わせたプランなのか、加入する民間保険会社のプランによって異なります。

詳しい見積もりを出したい時は、加入を検討している保険会社のウェブサイトにアクセスして、インターネットから調べることができます。

5つのおすすめ保険会社

1.Discovery medical aid

南アフリカのなかでも最大の民間保険会社で、現地の人からも定評があります。筆者もこの保険会社に加入しています。

入院費用をカバーするプランや、クリニックの受診から入院・手術、薬代など医療に関わる全てをカバーするプランなど豊富にあります。

月々の保険費用は高めですが、プランによってフィットネスジムを低額で利用できたり、ガソリン代のキャッシュバックなどお得なサービスが魅力です。

URL:Discovery

2.Bonitas medical aid

南アフリカでは、2番目〜3番目に大きな民間保険会社で、糖尿病や高血圧、高脂血症、リウマチなど、慢性疾患をカバーしてくれます。他にも癌ケアなどのプランもあります。

URL:https://www.bonitas.co.za/

3.Fedhealth medical aid

個人のニーズに合わせた保険プランが実現します。

仕事を始めたばかりで収入が少ない、出産予定があるなど現在の状態や扶養家族に合わせたプランが組めます。

また、日常のクリニック受診や入院費用のカバーなど希望に遭ったプランが選べます。

URL:medical aid

4.Momentum medical aid

入院や外来受診、薬代などをカバーしてくれます。

その他、心臓病や糖尿病など継続的な治療が必要な病気の治療費をカバーしてくれたり、365日24時間、いつでも医師に電話をかけて無料で医師に相談できるサービスも提供しています。

URL:https://www.momentum.co.za/momentum/personal/products/healthcare

5.Medshield

最高の保険保証を提供することを目標とする会社で、50年の歴史があり加入者からの信頼も厚いです。

入院や出産にかかるサポートプランが充実しているので、他の民間保険会社と比べて月額費用が高くなる可能性があります。

入院費用などに重点をおいたプランが豊富なので、入院費用を心配したくない人に最適な保険といえます。

URL:https://www.medshield.co.za/Product-ListOfProducts

海外滞在に安心を加えよう!クレジットカードの海外旅行保険

あまり知られていませんが、一般的な旅行保険の他に、クレジットカード付帯の海外旅行保険でも万が一に備えることができます。

解説記事:絶対知るべき!クレジットカードの海外旅行保険。オススメ3つ+アルファを紹介

ポイントは、
・海外では、医療費が人生が狂うほど高額になる場合もある
・クレカ付帯保険には「自動付帯」と「利用付帯」の2つのタイプがある
・補償期間は90日

・補償内容は「治療・救済費用」「携行品損害」「旅行事故緊急費用」
・現金を持ってなくてもOKのキャッシュレス診療

などです。

例えば、エポスカード
は無料で持てて、補償がつくカードです。

しっかりと事前に準備しておきましょう。

スポンサーリンク

南アフリカにおける病院の受診方法

日本では自分の行きたい病院や診療科を決めて受診できますが、南アフリカの場合かかりつけのクリニックに最初に受診するのが一般的で、海外ではGPと呼ばれています。

精密検査が必要な時や専門的な診察が必要と医師が判断した時は、紹介状を持って専門医にかかることができます。

初診の段階で大きな病院に行っても、紹介状の有無を確認され、紹介状がないと診察を断られることがあるので注意しましょう。

南アフリカの病院受診方法

受診の方法

①予約

受診したい日時を予約をする。電話をかけても良いですし、直接出向いて予約を取っても構いません。

当日、風邪や体調不良でクリニックにかかりたいと思っても、予約で一杯の時は断られる可能性が高いので、早めに予約するようにします。

②受付

初診の場合は、所定の用紙に加入している民間保険の情報を記入しますので、手元に保険カードを用意しておきましょう。

③診察

ファミリードクターに診てもらう。専門的な診察を必要な時は、紹介状を書いてくれるので紹介状を持って別の病院にかかります。

④お会計

民間保険に加入していれば、診察代は払わずにそのまま帰宅できます。

⑤処方箋

薬を処方してもらったら、近くの薬局のカウンターで薬を受け取ります。(民間保険で薬代をカバーしているプランなら、薬代を払う必要はありません)

急病や大怪我の時は、予約なしで病院の救急外来(ER)を受診できます。

救急外来にかかる時は、診察前に一定の金額を支払い、後から民間保険会社に請求する形になります。

ファミリードクターの探し方

現地に長期滞在する時は、通常GPと呼ばれるファミリードクターを探します。

メディクリニック内には数人の医師が勤務しているので、その中から探すのも良いですし、ショッピングセンター内に開業している医師もいるので、雰囲気が良いと思えばGPにしても良いでしょう。

南アフリカのファミリードクターの探し方

南アフリカにある病院をエリア別に紹介

初めての場所では、どこにどんな病院があるのか分かりませんよね。

ここではエリア別に一部の病院を紹介しますので、万が一の時の参考にして下さい。

プレトリア(ハウテン州)

・Life Groenkloof Hospital (Little Company of Mary)

日本大使館のすぐ近くにある病院で、軽症や中程度の症状に最適です。トラベルクリニックも併設されているので、仕事や旅行で黄熱病地域に行く場合は、予防接種が受けられます。

住所:50 Geore Storrar Drive, Groenkloof, Pretoria, 0181
電 話:代表:012-424-3600、救急外来:012-460-4744
URL:https://www.lifehealthcare.co.za/hospitals/gauteng/pretoria/life-groenkloof-hospital/

・Mediclinic Kloof Hospital

産婦人科や小児科が充実しているので、家族連れや妊娠中の滞在者には心強い病院です。

住所:511 Jochemus Street, Erasmuskloof Ext. 3, Pretoria, 0083
電話:代表:012-367-4000、救急外来:012-367-4452
URL:https://www.mediclinic.co.za/en/kimberley/home.html

・Life Wilgers Hospital

ライフ系の病院で欧米の受診者が多いです。産婦人科、小児科、腫瘍科に強い病院です。

住所:Denneboom Road, Wilgers Ext. 14, Pretoria
電話:代表:012-807-8100、救急外来:012-807-8285
URL:https://www.lifehealthcare.co.za/hospitals/gauteng/pretoria/life-wilgers-hospital/

・Netcare Unitas Hospital

脳や心臓血管系に強い病院で、大規模な手術にも対応しています。救急外来は混雑しているので、重症の時にのみ受診したい病院です。

住所:Clifton Avenue, cnr Cantonment Road, Centurion
電話:代表:012-677-8000、救急外来:012-677-8214
URL:https://www.netcarehospitals.co.za/Hospital/Netcare-Unitas-Hospital

ヨハネスブルグ(ハウテン州)

急性症状や重症な症状に不向きな病院です。サントン地区に住む日本人の利用者が多い病院なので安心です。

・Mediclinic Morningside Hospital

住所:Cnr Rivonia & Hill Road, Morningside, Johannesburg (Sandton)
電話:代表:011-282-5000、救急外来:011-282-5126/7
URL:https://www.mediclinic.co.za/en/brits/home.html

・Netcare Milpark Hospital

心臓疾患、緊急の処置を要する怪我など、重症患者を優先的に治療します。高度先進病院で現地でもレベルの高い病院と定評があります。

軽症や中等度の時は、近くのメディクリニックやネットケア病院にかかるようにしましょう。

住所:9 Guild Road, Parktown west, Johannesburg
電話:代表:011-480-5600、救急外来:011-480-5910
URL:https://www.netcarehospitals.co.za/Hospital/Netcare-Milpark-Hospital

・Netcare Sunninghill Hospital

小児科や循環器系に強く、緊急搬送先に利用される病院です。ICU,外傷救急センターも併設し重症患者を受け入れる規模の大きな病院です。

住所:Cnr Nanyuki & Witkoppen Road, Sunninghill, Johannesburg
電話:代表:011-806-1500、救急外来:011-806-1652/3
URL:https://www.netcarehospitals.co.za/Hospital/Netcare-Sunninghill-Hospital

ケープタウン(西ケープ州)

・Netcare Christian Barnard Memorial Hospital

カテーテル治療室を備え心臓,腎臓などの臓器移植や循環器疾患など、レベルの高い治療が受けられます。

都心部にあり観光名所に近い立地から観光客も訪れます。混み合うことが予想されるので、風邪でかかる時はメディクリニック系の病院にかかるようにしましょう。

住所:Cnr DF Malan Street and Rua Bartholemeu Dias Plain,Foreshore,Cape Town
電話:代表:021-441-0000、救急外来:021-441-0176
URL:https://www.netcarehospitals.co.za/Hospital/Netcare_Christiaan_Barnard_Memorial_Hospital

・Mediclinic Cape Town Hospital

小児科や産婦人科、整形外科系を備えています。軽度・中等度の症状に利用すると良いでしょう。

住所:21 Hof Street, Oranjezicht, Cape Town
電話:代表:021-464-5500、救急外来:021-464-5555
URL:https://www.mediclinic.co.za/en/cape-town/home.html

・Mediclinic Cape Gate

軽度、中等度の症状の時に利用すると良いでしょう。ケープゲイトショッピングモールの隣にあるので、入院した時の買い物に便利です。

住所:Cnr Okavango and Tanner Roads,Brackenfell, Cape Town, 7560
電話:代表:021 983 5600 救急外来:021 983 5911
URL:https://www.mediclinic.co.za/en/cape-gate/home.html

・Mediclinic Duebanville

ケープタウンの北部郊外に位置するクリニックで、地元住民や観光客など、幅広い医療を提供しています。

住所:45 Wellington Road,Durbanville, Cape Town, 7550
電話:021 980 2100 救急外来:021 980 2126
URL:https://www.mediclinic.co.za/en/durbanville/home.html

ダーバン(クワズールナタール州)

・Netcare St. Augustine’s Hospital

ダーバンエリアでは比較的、大規模な病院として知られています。

住所:107 JB Marks Road, Glenwood, Durban, KwaZulu-Natal, 4001
電話:代表:031-268-5000、救急外来:031-268-5031
URL:https://www.netcarehospitals.co.za/Hospital/Netcare-St-Augustines-Hospital

・Netcare uMhlanga Hospital

日本人が多く住むエリアにある病院で、小児科や産婦人科も診療しています。妊婦さんや子供連れの家族には安心です。

住所:323 Umhlanga Rocks Drive, Central, Umhlanga, 4320
電話:代表:031-560-5500、救急外来:031-560-5607
URL:https://www.netcarehospitals.co.za/Hospital/Netcare-uMhlanga-Hospital

・Life Entabeni Hospital

ライフ系の病院で外傷性脳損傷、脳卒中、脊髄損傷などでリハビリテーションが必要な患者さんを受け入れている病院です。

また、2012年に血液透析センターも併設され、透析治療も受けられます。

住所:148 Mazisi Kunene (South Ridge Road), Berea, Durban
電話:代表:031-204-1300、救急外来:031-204-1377
URL:https://www.lifehealthcare.co.za/hospitals/kwazulu-natal/durban/life-entabeni-hospital/

ブルームフォンテーン(フリーステート州)

・Mediclinic Bloemfontein Hospital

1990年に設立された病院で、周辺エリアでは比較的大きな病院です。

最新の医療設備を備え、優秀な医療専門家のもと治療が受けられます。

住所:Cnr Kellner & Parfitt Street, Westdene, 9301,Bloemfontein
電話:代表:051-404-6666、救急外来:051-404-6225/6
URL:https://www.mediclinic.co.za/en/bloemfontein/home.html

・Life Rosepark Hospital

ライフ系の総合病院で、ブルームフォンテーンの郊外に位置します。

最先端の治療が行けられ、産婦人科や整形外科、心臓、脳血管の治療で知られています。

住所:57 Gustav Crescent, Fichardt Park, 9301, Bloemfonten
電話:代表:051-505-5111、救急外来:051-505-5202/3
URL:https://www.lifehealthcare.co.za/hospitals/free-state/bloemfontein/life-rosepark-hospital/

ポートエリザベス(東ケープ州)

・Netcare Greenacres Hospital

病院の隣にはグリーンエーカーズのショッピングモールがあり便利です。

住所:Cnr Cape & Rochelle Roads, Greenacres, 6045, Port Elizabeth
電話:代表:041-390-7000、救急外来:041-390-7297
URL:https://www.netcarehospitals.co.za/Hospital/Netcare-Greenacres-Hospital

・Life St. George’s Hospital

ポートエリザベス内でも最新の医療設備を備え、医療専門家による治療が受けられます。

心臓病の予防や治療、リハビリテーションに力を入れ、トップレベルの治療が可能です。

産科病棟は、母子との触れ合いを大切にしたプログラムなど定評があります。

住所:40 Park Drive, Port Elizabeth, 6001
電話:代表:041-392-6111、救急外来:041-374-2424
URL:https://www.lifehealthcare.co.za/hospitals/eastern-cape/port-elizabeth/life-st-georges-hospital/

ここで紹介した病院以外にも、各エリアにNetcare(ネットケア)やMediclinic(メディクリニック)の病院があるので、滞在先の周辺にどのような病院があるのか把握しておくと慌てずに済みます。

参考公式URL:https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/africa/safrica.html

スポンサーリンク

薬局の有効活用方法

現地にはDischem(ディスケム)やCLICKS(クリックス)といった、大手のドラックストアがあります。

薬局のなかにはクリニックが併設されたものがあり、中では看護師が勤務しています。

血圧を測ってもらえたり、健康相談、子供の予防接種など受けることができます。

基本的に予防接種や相談などは予約制ですが、急用の時は直接言っても大丈夫です。時間や薬局によっては、常駐してないことがあるので確認して出向くようにしましょう。

南アフリカ 医療、病院のかかり方のまとめ

健康な体であっても病気や怪我はいつ起こるか分からないので、適切な治療を受けるためにも長期滞在や移住を決めた方は、現地の民間保険や海外旅行保険に加入することが大切です。

毎月の保険料が高くても治療が長引けば自己負担分が少なく済むので、安心して永住生活が送れます。

低額で国公立の病院を受診できるといっても、医療スタッフの対応や設備面から日本人の方にはお勧めできません。

また、日頃からファミリードクターを決めておき、いざという時の対処法を知っているだけでも精神的に安心です。

【南アフリカ共和国の関連記事はこちら】

↑南アフリカ滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の南アフリカ共和国の記事一覧はこちら

スポンサーリンク

世界中の日本人が参加する「せかいじゅうサロン」

海外移住エージェント

世界中のネットワークと助け合いのコミュニティ

コロナ問題を機に、多くの方が明日がどうなるかわからない不安なとき、誰かが困ったときにコミュニティを通じて、元気や勇気を与えたり、支援したりという『助け合いの場』を作りたいという想いから、せかいじゅうでは、世界中の日本人同士が繋がり、互助できるコミュニティ・せかいじゅうサロンを用意しています。

参加費用、条件は募集ページをご覧ください

世界中を目指すメンバー集まれ!

海外在住の方もぜひ参加ください。こちらからご応募ください。

これまでにないユニークな海外滞在を!せかいじゅうホームステイ

せかいじゅうホームステイ

旅行ではできない、世界の暮らしを体験する「せかいじゅうホームステイ」

単身・友達・家族など、どんな方でもOK。長期滞在や留学、移住、リタイア生活にホームステイを利用しませんか?

北米、ヨーロッパ、アジア、オセアニアの世界各地のホスト宅で長期滞在を実現しよう♪

海外在住の日本人家族が海外の滞在先を提供します。人気のホストはこちら↓

世界各国のビザ、不動産エージェントの提携企業を募集しています

ビザ取得、不動産取得、法人設立など、日本人向けの海外移住・投資をする方のサポートをしている企業様へ

せかいじゅうは日本最大級の海外移住情報メディアです。このせかいじゅうを利用される海外移住希望者のサポートをしてみませんか?

主にビザ、不動産のエージェント企業様の応募をお待ちしています。せかいじゅう提携パートナーとして、ご協力ください。

ABOUTこの記事をかいた人

せかいじゅう編集部

せかいじゅう編集部です。海外で暮らすために大切な情報を集め、皆様にお届けいたします。「こんな記事が欲しい!」などあれば、お気軽にご連絡ください。