これ一択!日本円をオトクに台湾ドルに両替する方法(手順付き)

人気旅行ランキングで上位を獲得する国、台湾。

旅行や留学、お仕事や結婚を機に台湾を訪れるかたも増えてきているのではないでしょうか。

そこで大事なのはやっぱり、「お金」ですよね。

ここでは台湾在住者が試行錯誤してたどり着いた、日本円を台湾ドル(元)にお得に両替する方法を伝授したいと思います。

【台湾の関連記事はこちら】

↑台湾滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

台湾の通貨は「ニュー台湾ドル(NTD)」

現在、台湾で使われている硬貨、紙幣は「ニュー台湾ドル」と言います。

現地でよく耳にするお金の単位は「塊錢(クァイ チエン/kuài qián)」です。

紙幣は、

  • 2000(日本の2000円的な扱いなので珍しい)
  • 1000
  • 500
  • 100

硬貨は、

  • 50
  • 10
  • 5
  • 1

となっています。

それでは、日本円を台湾ドルに両替する方法と、一番オトクな方法は何なのか見ていきましょう。

スポンサーリンク

空港で両替する

1)日本国内の空港で両替してはいけない

台湾へ旅立つ直前、日本国内の空港で両替するのが一番安全で安心でしょう。

現地に着いてから不安になる必要もないですし、なにより日本語が通じるというメリットがあるかもしれません。

ただし、この方法を絶対にオススメしません!

その理由はなにより「レートが悪い」「手数料がかかる」からです。

実は、日本国内と台湾現地の両替率をくらべた場合、最悪の場合、15%もの差が生まれてしまう場合があるのです。

つまり、かなりの確率で「損」をしてしまうということです。

現地に着いて両替する余裕もないくらい急いでいる、という場合以外は避けた方が良い方法と言えるでしょう。

2)5万円以下の少額の場合は台湾の空港でOK

旅行や短期の出張などのために5万円以下の現金を両替する場合でしたら、台湾の空港がおすすめです

日本語は通じない場合がほとんどですが、特に言葉を交わす必要もないですので心配しなくても大丈夫ですよ。

台湾の主な空港は以下の3つです

  • 台北松山空港
  • 桃園国際空港
  • 高雄国際空港

それぞれの

  1. 空港の入国審査
  2. イミグレーション(税関)
  3. 到着ロビー付近

の3ヶ所にピンク色の看板の「臺灣銀行」がありますので、

現金
パスポート(必要ない場合もある)

を持っていきましょう。

最後、受け取りのさいに領収書にサインを求められます。(台湾では青色のボールペンを使ってサインをします)

スポンサーリンク

街中にある銀行で両替する

市内の銀行での両替が一番オススメ!

たしかに、ちょっとハードル高いですよね。

相手はみんな台湾人だし、日本語も全然通じないし、もしトラブルが起きたら…不安ですよね。

でも大丈夫!

ここでは銀行で両替するための準備するものと、実際銀行に行って使う中国語をしっかりお教えします

5万円以上の現金や多額の生活費であれば、この方法が一番オトクに換金できますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

まずはレートの良い銀行を探す

街中には多くの銀行がありますし、レートは毎日変動しますので、わたしはその都度このサイトを見て一番良いレートの銀行へいきます。

両替レート比較サイト

※ 陽信銀行では一般の方の両替はできないと言われましたのでご注意ください(現地情報)

表の一番左側「現鈔買入」を見て、0.27を超えていればレートが良いといえます。

また、銀行によっては手数料がかかってきますので、手持ちの金額をもとに計算しながら比較してみましょう。

免手續費…手数料無料
每筆100NTD…1回の両替につき100台湾ドル払う
縂額之○%…総額の○%を手数料として払う

計算例)10万円を両替レート0.27(每筆100NTD)の銀行で両替する場合

⇒100,000円 × 0.27 − 100 = 26,900台湾ドル

実際に銀行へ行ってみる

銀行へ行く際に必要なものは、以下の2つです。

  • 現金
  • パスポートか居留証

どの銀行も土日は休業、平日15:30以降は窓口の営業がおわってしまう可能性が高いので、あらかじめ営業時間を確認してから行くようにしてください。

銀行へ到着し自動ドアを通ると、まず整理券を取ります。

ほとんどの銀行は整理券の機会の近くにスタッフがいますので、両替をしに来たと伝えましょう。

換錢(ホァン チエン/huàn qián)→ 両替
我要換錢(ウォ ヤォ ホァン チエン/wǒ yào huàn qián)→ 両替したいです

そのあとは、番号が呼ばれるまで待合の椅子に座って待ちましょう。

数分後、電光掲示板で窓口番号が表示されますので、それにしたがって窓口へむかいます。

窓口で現金とパスポートを渡し、もういちど「換錢 or 我要換錢」と伝えるとテキパキと両替の手続きをしてくれます。

窓口の人たちは何となく無愛想で冷たい印象ですが、実際こちらで生活して観察していると、みなさん極力無駄なサービスを省略して「超絶効率的」に仕事をしているようです(笑)

なので、両替の手続きもかなりのハイスピードで終了します。

手続きが終了したら、新しい番号札を渡されるので受け取って、お金の準備ができるまで待ちます。

そして最後、現金を受け取り、サインすれば両替完了です!

せかいじゅうで大人のホームステイをしよう

海外在住の日本人宅のホームステイしませんか?

旅行ではできない現地生活・文化を体験できます。「人生一度きり。日本しか知らないのは勿体ない」ワクワクする事、心が穏やかになる国・街がある。世界中のホストがお待ちしています♪旅行ではなく、世界の日常を経験したい方はこちら

ATMを利用する

クレジットカードを使ってキャッシングする

持ち歩きの現金が足りないときに便利な方法ですね。

台湾では3分歩くごとにコンビニが見つかると言われるくらい、コンビニの数が多いです。

各銀行にも24時間でATMが設置されているので、とても便利ですね。

ATMでのキャッシングはパスポートなしで簡単に現金を引き出せるメリットがありますが、やはり手数料がかかりレートも良くない場合が多いので、急を要する場合以外は避けた方がいいと言えるでしょう。

ATMでキャッシングする手順

  1. カードを挿入
  2. CREDIT CARD(信用卡帳戸)
  3. 暗証番号を入力
  4. 金額指定
  5. 現金、カード、明細を受け取る

とても簡単ですね。

わたしもこの便利さに惹かれて、何度もキャッシングしていましたが手数料が積み重なり、めちゃめちゃ損をしたのでやめました。

スポンサーリンク

デパートやホテルでも両替できる

キャッシュカードがない場合とっさに現金が必要になった場合のみ有効な手段ですね。

ホテルでの両替の場合、宿泊客でないとダメというホテルもあるようです。
デパートもホテルも市内銀行に比べてレートも悪く、手数料も取られるのでオススメしません。

こちらも空港での両替と同じく

  • 現金
  • パスポート

があればすぐに両替することができます。

台湾のお得な両替方法まとめ

空港から街中まで、さまざまな場所で簡単に日本円を台湾ドルに両替することができる台湾ですが、現地に住むわたしが一番おすすめする方法としては「市内の銀行で両替する」です。

ぜひ、この記事に書かれた手順を参考に、チャレンジしてみてください。

【台湾の関連記事はこちら】

↑台湾滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

スポンサーリンク

これまでにないユニークな海外滞在を!せかいじゅうホームステイ

せかいじゅうホームステイ

旅行ではできない、世界の暮らしを体験する「せかいじゅうホームステイ」

単身・友達・家族など、どんな方でもOK。長期滞在や留学、移住、リタイア生活にホームステイを利用しませんか?

北米、ヨーロッパ、アジア、オセアニアの世界各地のホスト宅で長期滞在を実現しよう♪

海外在住の日本人家族が海外の滞在先を提供します。詳しくは↓

世界各国のビザ、不動産エージェントの提携企業を募集しています

ビザ取得、不動産取得、法人設立など、日本人向けの海外移住・投資をする方のサポートをしている企業様へ

せかいじゅうは日本最大級の海外移住情報メディアです。このせかいじゅうを利用される海外移住希望者のサポートをしてみませんか?

主にビザ、不動産のエージェント企業様の応募をお待ちしています。せかいじゅう提携パートナーとして、ご協力ください。

ABOUTこの記事をかいた人

せかいじゅう編集部

せかいじゅう編集部です。海外で暮らすために大切な情報を集め、皆様にお届けいたします。「こんな記事が欲しい!」などあれば、お気軽にご連絡ください。