メキシコ・イラプアト市の治安と生活の心得

ここ10年ぐらいでグアナファト州に住む日本人がとても増えました。

2021年のデータではバヒオ地区に約2,680人の日本人が住んでおり、そのほとんどがグアナファト州に住んでいるとのこと。

そしてその州にあるイラプアト市は、多くの日系企業が工場やオフィスを所有しており、たくさんの日本人が住んでいる町です。

それにより日本食レストランや日本食材店が充実した町となっています。

しかしこの町、実は治安が悪くて有名です。

今回はグアナファト州イラプアト市の治安状況と、住んでいくうえでの心得をご紹介します。

参考記事:https://www.milenio.com/politica/comunidad/2-mil-680-japoneses-zona-bajio

ヨーロッパ移住を叶える第一歩。オランダビザセミナー・録画版

EUの中心地・オランダは日本人が移住しやすいビザがあります。

せかいじゅうビザセミナーでヨーロッパ移住する方法を教えます→概要はこちら

イラプアトは世界第5位の危ない町

2020年度の「世界で最も危険な都市トップ50」ランキングの見事5位になったイラプアト市は人口896,000人の大きな都市です。

そこでなんと、10万人に対して80.7の殺人事件が起きているとのこと。

10万人中80人が殺されているということでしょうか?

なんとも恐ろしい話ですね。

殺人事件のほとんどはマフィアの抗争によるものであり、外国人が巻き込まれるケースはほとんどありません。

しかし「ショッピングモールの駐車場で拳銃の打ち合いが起きた」なんて話はたまに耳に飛び込んでくるので、少しは警戒しないといけないのも事実でしょう。

イラプアトが危ないと言われる最大の理由はこのマフィア同士の抗争であり、軽犯罪はそれほどでもありません。

もちろん日本とは比べものにならないくらい犯罪は多いですが。

参考記事:https://www.noticiasnpi.com/irapuato-entre-las-cinco-ciudades-mas-peligrosas-del-mundo-en-2020/

世界中の日本人と繋がるコミュニティ

人生が世界へ広がるコミュニティ「せかいじゅうサロン(無料)」へ招待します

人脈ネットワークの構築、情報収集、新しいことへのチャレンジと出会いが待っています

中でも危ない地域

イラプアトは中規模の都市なので、エリアによって治安が良かったり悪かったりと差があり、地元の人でも警戒するエリアはたくさんあります。

そういったエリアでは、夜になったら出歩かないことが鉄則です。

そのエリアに住んでいる人たちでさえ近所を出歩かないのですから、日本人の私たちがウロウロしていたら危ないことは言うまでもありません。

primero de mayo、Benito Juarez 1、8 de junioなどなど、危ないと言われている地域の名前をあげだすときりがなくなります。

ここでは日本人が訪れる可能性のある地域に的を絞って見てみましょう。

セントロ(中心街)

メキシコの都市には“セントロ”と呼ばれる、教会や広場・市場などがある中心街があり、メキシコ特有の雰囲気を味わうことができます。

しかし、たくさんの人が集まるセントロでは頻繁に軽犯罪が発生しているのも事実です。

見どころも多く、買い出しに行くにもとても楽しいセントロですが、夜の散歩は控えましょう。

昼間は警察も多いのでとくに危ないことはありませんが、「歩いているときは時計を外す」「むやみやたらに携帯を取り出さない」などの最低限の注意をしましょう。

テーブルダンス(バーの一種)

アメリカやメキシコなどに頻繁に来られる方はよくご存じかもしれませんが、アメリカ大陸では、半裸の女性がテーブルの上で踊る“テーブルダンス”と呼ばれるバーがどこの町にも数件あります。

夜のエンターテイメントです。

イラプアトにも数件のテーブルダンスがありますが、こちらでは本当によくマフィアの撃ち合いなどが起きるので、今の時期に行くのは絶対おすすめできません。

異国の地で冒険するのはとても面白いのですが、イラプアトやレオンなどの地域で今の時期にテーブルダンスへの冒険は控えましょう。

基本的にバーやディスコで夜遊ぶのは何ら問題ありません。

ただ、そういったマフィアがらみの事件が発生するバーはいつもだいたい決まっているので、夜遊びに行くときには現地に詳しい人から情報を得ておくと安心ですね。

住むのにおすすめのエリア

そんな物騒なイラプアトですが、もちろん治安が良く安全なエリアもあります。

次に一般的に日本人が好んで住むエリアをご紹介しましょう。

治安・雰囲気ともに素敵で、買い物にも便利な場所が多いです。

◆Villas de Irapuato

駐在員として滞在する場合、会社が家賃や社用車も支給してくれるでしょうから、迷うことなくこの地区に住むことをおすすめします。

Villas Irapuatoはセレブエリアであるため、治安が良い所です。

夕方や夜でもランニングなどをしている方々を多く見かけます。

近くに幼稚園や小学校もあるので、家族で住む場合でもとても充実したエリアです。

ただ一つのデメリットは、コンビニやスーパーがあまりなく、買い出しに行くには車が必要なこと。

しかし車で5分も走れば大きなスーパーやショッピングモールもあるので、安全と雰囲気を第一に考えるのであれば間違いなくこのエリアに住むのが一番でしょう。

◆Quinta Villas

こちらのエリアはとても便利な立地です。

歩いていける距離にスーパーやショッピングモール、さらには日本食材店まであります。

頻繁に警察が巡回しているので治安のほうも安全です。

ただ大雨が降ると道路が浸水することがあるので、その点では注意が必要になります。

◆San antonio

こちらも多くの駐在員の方が居住しているエリアです。

大きな住宅街になっており、外からは簡単に入れないように壁で隔離され、厳重に警備されています。

エリア内はとても安全かと思いますが、住宅エリアの外はそれほど治安が良くありません。

買い出しに行くにはやはり車がないと不便ですね。

しかしエリア内にはたくさんの日本人が住んでいますので、ご近所さんと仲良くなるにはもってこいかと個人的には思います。

現地生活の心得

筆者が心に留めている現地生活の心得をご紹介します。

日本人はよく目立つ

日本人は遠くからでもよく目立ちます。

一つは服装がとてもきれいで、オシャレです。

もう一つは体型でしょうか?

不思議とたくさんの人がいる中でも、日本人がいるとすぐにわかります。

ということはやはり、ほかのメキシコ人の注意を引くということです。

イラプアトはたくさんの日本人が住んでいるので、慣れて気にしない人も多いです。

しかし、あまり日本人が行かないような場所に行く場合は、服装も質素な感じにまとめ、アクセサリーなどは身に着けないようにしたほうが安全でしょう。

ドライブ時には気をつける

日本人が最も気をつけなければいけないのは、車の運転時。

この町自体にそれほど楽しいことはないのですが、週末少し足を伸ばすだけでいろいろな町に遊びに行けるのがこの町に住むメリットです。

40分ほど走ればグアナファト市、1時間半ほどでサンミゲル市などと移動時間が短く済みます。

しかしながら、高速道路での車強盗などがちょくちょく起きていることもまた事実です。

犯行はだいたい同じで、次のような流れです。

  1. いきなり前に割り込んできた車が急停止をする。
  2. 降りてきた人物は拳銃などを所持しており、被害者を脅して車を降りろと要求する。
  3. そして一人が車を乗っ取り、もう一人が別の車を運転して走り去る。

毎年数人ながら日本人も巻き込まれています。

一番大切な心がけは夜遅くなる前に帰宅するか、もしできないのであれば一泊するかして、できるだけ夜は高速道路での運転は避けましょう。

そして、市内を運転する際は飲酒運転者に要注意してください。

週末の夜は飲酒運転がはびこっている町でもあるので、あまり遅い時間は自分で運転しないほうが良いでしょう。

まとめ

物騒な話をよく聞くイラプアトですが、日本人が多く住むエリアで生活する場合に限っては治安が悪いことなどあまり気にせず生活ができます。

逆に言うと、このエリア内でなんでも手に入るので、生活するのがほかのメキシコの都市よりコンパクトでずっと楽だと言う方も多いです。

気候はいいし、なんでも手に入って住みやすく、「住めば都」となるでしょう。

仕事の関係上この町に住まざるをえない方も多くいると思います。

望んだ滞在ではなくても、せっかくこの町に来ることになったのであれば、どれだけ充実にこの町で暮らせるかを考えて滞在の日々を素敵に過ごしましょう。

世界中の日本人が参加する「せかいじゅうサロン」

海外移住コミュニティ

世界へ広がる海外移住コミュニティ

世界中の日本人同士が繋がり、情報提供したり、チャレンジしたり、互助できるコミュニティ「せかいじゅうサロン」

参加無料。気軽に繋がってください。(2021年2月時点:参加者1400名超えました)

世界中を目指すメンバー集まれ!

海外在住の方もぜひ参加ください。こちらからご応募ください。