カンボジアのアライバルビザの取得方法は?詳しく解説します!

日本のパスポートがあれば、ビザを取得せずに入国できる国はたくさんあります。

しかし今のところ、カンボジアに入国するためにはどうしてもビザが必要です

ではカンボジアのビザはどのように取得すればいいのでしょうか?

一番お手軽なアライバルビザについて詳しく解説します!

【カンボジアの関連記事はこちら】

↑カンボジア滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

アライバルビザってなに?

アライバルビザとはその名の通り、カンボジアに到着(アライバル)した時に、その場で取得できるビザのこと

カンボジアでは「Visa on Arrival(ビザ オン アライバル)」と英語表記されていることが多いです。

日本のカンボジア大使館や領事館で取得するビザより安いのも特徴のひとつで、できるだけ安く旅行したい人に人気です。

アライバルビザは首都プノンペンにあるプノンペン国際空港や、アンコールワットのある都市シェムリアップのシェムリアップ国際空港、海辺の町シアヌークビルにあるシアヌークビル国際空港、またタイやベトナムとの国境沿いにある入国ゲートなどでも入手が可能です。

ただし、陸路で入国した際のアライバルビザ取得については注意が必要です

代行業者にお金をぼったくられる、入国できないゲートだった、ビザやスタンプが間違っていた、入国管理官がお昼休憩に行ってしまって不在などなど…トラブルが絶えません。

陸路でのアライバルビザ取得はあまりおすすめとはいえませんが、いざとなったら陸路でも入手可能と覚えておくのもよいでしょう。

スポンサーリンク

カンボジアのアライバルビザの取り方は?

空港でのアライバルビザの取得はとっても簡単!プノンペン国際空港に到着した場合で考えてみましょう。

飛行機から降りて入国ゲートへ進んでいくと、入国審査のカウンターに向かって左手側にビザ発給のカウンターがあります。

そこに並んで必要書類とお金を渡すだけでOK!小さな空港ですから、迷う心配もありません。

利用する航空会社によってはカウンターがかなり混み合いますが、なにか面倒なことを聞かれる必要もなく、簡単にビザを受け取ることができます。

アライバルビザの取得に必要な書類は?

それではアライバルビザの取得に必要な書類をチェックしてみましょう。

・パスポート

アライバルビザ取得のために、残存期間が6ヶ月以上残っているパスポートが必要です

ビザはパスポートに貼り付けられます。

できればページの順番に貼ってもらいたいものですが、なにせカンボジア人のすることなので、適当に開いたところに貼られる場合も多いです。細かいことは気にしないようにしましょう。

・ビザの申請用紙

ビザの申請用紙は飛行機内でもらえる場合もありますし、ビザカウンターで受け取ることも可能です。

機内で書いてしまえれば一番時間の効率はいいのですが、航空会社によっては配ってもらえません。

ないと言われた場合は諦めて、ビザカウンターで時間を取られる覚悟をしましょう。

・手数料

アライバルビザ(観光用)の代金は30ドルです。(2017年5月現在)

カンボジアはアメリカドルが流通していますから、カンボジアの通貨を用意せずとも、アメリカドルで支払ってしまえば大丈夫です。

ビザ代金は徐々に値上がりしていますから、最新の情報をチェックするのを忘れないようにしましょう

・写真

在日本カンボジア大使館によると、ビザ取得には35ミリ×45ミリの背景無地の証明写真が1枚必要とされています

しかし写真については今のところ、ビザカウンターにいる人がその時によって対応を変えているため、必要な場合とそうでない場合があります。

写真を出すよう求められる場合もあれば、写真がなくてもなにも言われないこともあります。

サイズが大きくても小さくても特になにか言われている人はいません。現地で写真を撮られたという人もいれば、写真を持っていったのに申請書に貼りつけず捨てられていたという人もいます。

しかし基準が少しずつ厳しくなっている傾向はあるように感じます。

指定された写真を用意しているほうが確実なのは間違いありません。余計なトラブルを避けるためにも、しっかりと準備していきましょう。

スポンサーリンク

アライバルビザの期限は?

観光用のアライバルビザは、入国日から数えて1ヶ月間の滞在が可能です

また期間中に1回だけ、1ヶ月間の延長申請が可能です

その際は空港前にあるイミグレーションオフィスか、ビザの延長申請代理を受け付けている旅行代理店で手続きしてもらいましょう。

現地の旅行代理店はわずかな手数料で延長申請を行ってくれますので、自力で町はずれのイミグレーションオフィスに行くよりも、街なかにある旅行代理店で手続きしたほうが簡単でしょう

延長の不可や条件については内容が急に変わる可能性もありますから、十分注意してください。

せかいじゅうで大人のホームステイをしよう

海外在住の日本人宅のホームステイしませんか?

旅行ではできない現地生活・文化を体験できます。「人生一度きり。日本しか知らないのは勿体ない」ワクワクする事、心が穏やかになる国・街がある。世界中のホストがお待ちしています♪旅行ではなく、世界の日常を経験したい方はこちら

カンボジアへの移住の際はビザの種類に注意!

移住のためにカンボジアに入国しようとしている方へ、アライバルビザ取得についての注意点をお伝えします。

まず、入国後に観光用ビザを商用ビザに切り替えることはできません

つまり長期滞在するつもりでも、入国時に観光用のアライバルビザを取得してしまうと、いったん国外に出てあらためて商用ビザを取得し、入国し直さなくてはなりません。

日本とは違い陸路で簡単に国外に出ることはできますが、時間も費用もかかるのでやや面倒です。ぜひ気をつけてください。

また、今まではビザ申請用紙の「商用」の欄にチェックを入れるだけで簡単に商用ビザを取ることができていましたが、近年は労働許可証を持っていない人には商用ビザを発行しない動きが徐々に始まろうとしています。

現状は商用ビザと労働許可証は法的に紐付けされていませんが、大きな国際空港からその傾向は強まっていくと考えられています。

今後は空港で商用ビザが取れない可能性が出てくるかもしれませんので、移住目的でカンボジアに来られる方は、日本で商用ビザを発行してから入国すると安心ですね

日本で取るより断然安くて手軽なアライバルビザ。時間に余裕のある方は試してみるのもいいですね。

スポンサーリンク

ビザの最新情報はこちらから

ビザについての最新情報ですが、やはり在日本カンボジア大使館か、名誉領事館のサイトが一番良いのではないかと思います。

在日本カンボジア王国大使館: http://www.cambodianembassy.jp/web2/
在大阪カンボジア王国名誉領事館: http://www.cambodia-osaka.com/

名誉領事館は他に、名古屋・福岡にもあります。

素敵なカンボジア滞在になりますように。

【カンボジアの関連記事はこちら】

↑カンボジア滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

スポンサーリンク

これまでにないユニークな海外滞在を!せかいじゅうホームステイ

せかいじゅうホームステイ

旅行ではできない、世界の暮らしを体験する「せかいじゅうホームステイ」

単身・友達・家族など、どんな方でもOK。長期滞在や留学、移住、リタイア生活にホームステイを利用しませんか?

北米、ヨーロッパ、アジア、オセアニアの世界各地のホスト宅で長期滞在を実現しよう♪

海外在住の日本人家族が海外の滞在先を提供します。詳しくは↓

世界各国のビザ、不動産エージェントの提携企業を募集しています

ビザ取得、不動産取得、法人設立など、日本人向けの海外移住・投資をする方のサポートをしている企業様へ

せかいじゅうは日本最大級の海外移住情報メディアです。このせかいじゅうを利用される海外移住希望者のサポートをしてみませんか?

主にビザ、不動産のエージェント企業様の応募をお待ちしています。せかいじゅう提携パートナーとして、ご協力ください。

ABOUTこの記事をかいた人

せかいじゅう編集部

せかいじゅう編集部です。海外で暮らすために大切な情報を集め、皆様にお届けいたします。「こんな記事が欲しい!」などあれば、お気軽にご連絡ください。