カンボジアのコンドミニアムの家賃相場はいくら?住まい探しを徹底解説!

カンボジアに移住するなら、まず解決したいのが住まいの問題です。

カンボジアにはどんな種類の家があり、どのように借りればいいのでしょうか?

実は数年前には大変だった賃貸契約も、ここの所の不動産事情の変化により簡単になりつつあります。

今回はカンボジアの住まい探しについて徹底解説します!

カンボジアの賃貸事情とは?家にはどんな種類がある?

日本ではマンションやアパートの賃貸が一般的ですが、カンボジアにはどのような賃貸住宅があるのでしょうか?

1.コンドミニアム

カンボジアで徐々に増えているのが、コンドミニアムです。

マンションの1室を1ヶ月から長期間に渡って契約できるタイプの住居で、入居時に必要な家具家電がある程度揃っているところが多いのがポイントです。

以前は部屋を所有している大家が居住者と直接契約を交わすのが一般的でしたが、プノンペンなどの都市部では管理会社に契約等の雑務を任せるところも増えてきました。

外国人が快適に住めるコンドミニアムは家賃相場がやや高め。

日本と比べてかなり広くはありますが、家賃は日本と変わらないくらいの金額が必要な場合も少なくありません。

2.一軒家

日本とは違い、一軒家タイプの賃貸住宅が多いのも、カンボジアの住宅事情の特徴です。

家の持ち主がなんらかの理由で一時的に住めなくなった家や、新しい家を建てて必要なくなった古い家を賃貸に出すということも多く、気軽に一軒家を借りることができます。

しかし一軒家はネズミや虫がでるといった衛生面の問題や、水回りや家の作りの悪さといった問題が多いというマイナス面もあります。

カンボジアの一軒家は大きすぎることも多く日本人には不人気ですが、欧米諸国からきた、ネイティブ的な生活を求める移住者には一定の需要があるようです。

3.サービスアパートメント

長期の出張の際にはサービスアパートメントも人気です。

コンドミニアムながらホテルのようなサービスが受けられるのが特徴で、家具や家電が揃っており、掃除や洗濯も依頼できるので大変便利。

中には1泊から利用できるところもあり、本格的な居住を探す前に一時的に生活するのにぴったりです。

フロントサービスやプール、ジム等を利用できるサービスアパートメントもあり、快適にカンボジアでの生活を送ることができるでしょう。その分賃貸料はかなり高めですので、予算との相談が必要です。

世界中の日本人と繋がるコミュニティ

人生が世界へ広がるコミュニティ「せかいじゅうサロン(無料)」へ招待します

人脈ネットワークの構築、情報収集、新しいことへのチャレンジと出会いが待っています

カンボジアの不動産市況はどうなっている?

カンボジアの不動産市況は変わりつつあります。

数年前までは賃貸住宅の需要が大きいにも関わらず、供給は少ない状態が続いていました。

特に外国人が快適に生活できる住宅が少なく、クオリティの高いコンドミニアムやサービスアパートメントに外国人が集まっており、必然的に外国人向けの住居は家賃も高めになるという傾向が見られました。

しかし近年はカンボジアに建設ラッシュが来ており、買手がいるのだろうかと心配になるほど数多くのマンション、コンドミニアム、一軒家が建設されており、供給過多の状態です

しかし「外国人からは高い家賃を取る」という認識が簡単に覆るわけでもなく、現状カンボジアの物価にしては家賃が高いという状況が続いています。

カンボジアのコンドミニアムの家賃相場はどれくらい?

カンボジアの賃貸住宅の家賃はどれくらいなのでしょうか?

まさにピンキリと言えるプノンペンの家賃から、家賃相場を考えてみましょう。

カンボジア人の比較的貧しい世帯が利用しているアパートは、1ヶ月40ドル程で借りられるところもありますが、衛生面、安全面、利便性などから日本人が住むには適していません。

逆に高級なサービスアパートメントには、1ヶ月4,000ドル程の家賃が必要なところもあります。

景色のよい一等地に建っており、警備員やフロントサービス、ハウスクリーニングなどが付いたサービスアパートメントで、一定の層には需要があるようです。

中間の価格帯の住居は1ヶ月の家賃が300ドル~900ドル程

プノンペンの中でも特に日本人が多く住む地域で、清潔さと安全性が保たれているコンドミニアムの1室を借りると400ドル~500ドル程度は必要になるでしょう

カンボジアの物価からするとやや高く感じますが、一国の首都で50㎡程度の広さがあるコンドミニアムにその金額で住めるとすれば、まあまあといったところでしょうか。

移住先の海外在住者や行きたい交流しよう

せかいじゅうサロン」では、海外在住者や日本在住者との交流。情報収集、海外ビジネスのニーズやノウハウのリサーチ等、あなたの目的に利用しよう。

コンドミニアムの探し方を確認しよう

それではカンボジアの一般的な賃貸住宅、コンドミニアムの探し方を確認してみましょう。

以前は住まいを探すのが、カンボジア移住を難しくさせる原因になっていました。

カンボジア語しかできない大家と自力で契約を結ばなくてはいけないことが多く、手続きが難しかったからです。

しかし現在では、センチュリー21やレオパレス21といった日系企業がカンボジアにも入っており、賃貸契約の仲介をしています

日系企業を利用すると、日本語で各種手続きができますからとても安心。

カンボジア語や英語が話せなくても、コンドミニアムを探すことができます。

しかし地方都市などに移住したい場合は、上記のような日系企業を頼ることができません。

現地で貸し出し中の家を自力で探し、そこの大家と契約を交わす必要があります。

その場合は先に在住している日本人の力を借りるとよいでしょう。ある程度のつてがないと、カンボジア地方都市への移住は難しいかもしれません。

カンボジアでの住まいの契約までの流れとは?

1.日系企業に依頼する場合

一例として、レオパレス21で賃貸住宅を契約する際の流れを見てみましょう。

レオパレス21では、日本にいながら物件についての問い合わせをすることができます。

メールでの問い合わせだけでなく、日本語対応可能な電話番号も用意されているのが嬉しいですね。

実際に現地で賃貸物件を下見する場合にも、日本語で対応してもらうことができます。

日本の物件とは異なり、カンボジアの物件は備品などが壊れているなど様々な問題が起こることが多いので、必要な説明はしっかりと受けておきたいものです。

その後の契約もレオパレス21が仲介してくれるため、煩わしい手続きもスムーズに行うことができます。

2.もっと簡単な住まいの契約方法は?

短期間カンボジアに滞在する場合には、さらに簡単な住まいの契約方法があります。

カンボジアのいくつかのホテルは、サービスアパートメントとしても使えるようになっています

キッチン付きの部屋が用意してあり、1日単位で借りることもできます。

そういった部屋は旅行時にホテルを予約するのと同じ手続きで借りられます。海外のホテル予約サイトなどを利用して、ワンクリックで住まいを契約することができるのでとっても簡単です。

例えば海外航空券やホテルの予約サイトであるエクスペディアでは、宿泊施設の検索時に絞り込み条件としてキッチン付きの施設を選ぶことができます。

実際に検索してみると、いくつもの宿泊施設をきれいな写真とともに見比べることができるのでとても便利です。

その他のサイトを利用する場合でも、検索条件に「サービスアパートメント」とキーワードを入れて検索すれば、きっと希望のホテルが見つかるでしょう。

本格的に移住する家を探すまでの間や、移住前の下見の際には役に立つサービスですね。

カンボジアの住まいさがし、注意すべきポイントとは?

カンボジアでの住まいさがしをする際は、日本とは同じようなレベルの快適な住まいはないことを覚えておきましょう

ある程度の価格帯の物件でも、水回りの作りが悪く水漏れしていたり、家具や家電が壊れていたり、虫が出やすかったりという問題は散見されます。

入居後に自力で問題を解決しようとしても、カンボジアならではのゆるさでなかなか話が前に進まないこと多く、かなり大変です。

物件の契約前にしっかりと下見をして、気になった点は納得できるまで問い合わせましょう。

カンボジアのコンドミニアムの家賃情報・住まい探しのまとめ

日系企業が次々と賃貸サービスに参入することで、カンボジアでの賃貸契約事情はだんだんと良くなり、移住しやすくなってきています。

気になる物件があれば、まずは問い合わせをしてみるのもいいですね。

とりあえずお得なサービスアパートメントを利用して、カンボジアに下見に来てみるのもいいでしょう。

ある程度の期間滞在すると、きっとカンボジアが好きになって、移住が楽しみになりますよ。

世界中の日本人が参加する「せかいじゅうサロン」

海外移住コミュニティ

世界へ広がる海外移住コミュニティ

世界中の日本人同士が繋がり、情報提供したり、チャレンジしたり、互助できるコミュニティ「せかいじゅうサロン」

参加無料。気軽に繋がってください。(2021年2月時点:参加者1400名超えました)

世界中を目指すメンバー集まれ!

海外在住の方もぜひ参加ください。こちらからご応募ください。