カンボジアでの通訳の探し方!気をつけるべきポイントは?

観光のために、事業のために…さまざまな理由でカンボジアを訪れる人が増えています。

しかし旅行や事業に関わるシーンで、言語がどれくらい通じるのかは気になるところですね。

カンボジアではどんな場合に通訳が必要なのでしょうか?通訳はどうやって探せばいいのでしょう?

気を付けるべきポイントはあるのでしょうか?

カンボジアで通訳は必要?

まず、カンボジアではどんな時に通訳が必要か考えてみましょう。

観光の場合

一般的なカンボジア観光旅行の場合、通訳が必要な場面はほぼないでしょう。

プノンペンやシェムリアップといった観光客が集まる地域には英語が話せるカンボジア人が多くいます。

外国人向けのホテルやレストランでは当たり前のように英語が通じますし、英語が使えるトゥクトゥクドライバーも少なくありません。

ただ、アンコールワットをはじめとした遺跡を観光する際に、詳しい説明が欲しいと考える人は少なくありません。

そんな時は日本語ができる通訳をつけると、より旅行が楽しめるかもしれませんね。

事業目的の場合

開業や視察目的でカンボジアを訪れる際は、通訳が必要な場面が多くなるでしょう

英語が堪能であれば乗り切れる場合も少なくありませんが、各種契約の際にはやはり日本語の分かる通訳がいると安心です。

地方都市や僻地への視察が伴う場合には特にそう感じられるでしょう。

中心地を離れれば離れるほど英語が通じなくなり、カンボジア語で対応しなくてはいけない場面が多くなります

日本にいながらカンボジア語を学ぶのは至難の業ですから、通訳がいるほうが便利ですね。

スポンサーリンク

カンボジア語の通訳の探し方

では、カンボジア語の通訳を探すにはどうすればいいのでしょうか?

いくつかの方法を考えてみましょう。

通訳事業を行っている日本企業へ依頼

日本には多言語の通訳事業を行っている会社が多数あります。

カンボジア語はマイナーな言語なのであまり多くの会社が取り扱ってはいませんが、日本での翻訳作業や現地での翻訳ガイドを用意してくれる会社もいくつかあります。

現地で依頼するよりも料金は割高ですが、しっかりと準備を整えてから日本を出発したい安全志向の人にとっては嬉しいサービスですね。

現地の日系旅行代理店へ依頼

カンボジア国内にある日系の旅行代理店へ依頼するという方法もおすすめです。

一例ですが、カンボジアにはスケッチトラベルという旅行代理店があります。

日本語で問い合わせ可能な連絡先や日本人スタッフが常駐するツアーデスクを設けており、各種チケットや観光目的の現地ガイドの手配から、開業サポートやビジネスシーンも対応可能な通訳の派遣といった事業者向けのサービスも充実しています。

こちらもビジネス向けのサービスは割高になりますが、信頼度が高い方法のひとつです。

現地在住者とのマッチングサイトを利用

近頃は海外在住者と日本在住者を結ぶマッチングサイトが増えているため、自分でそのようなサイトを駆使して通訳を見つける人もいます。

通訳事業の会社や現地ツアーデスクを利用するよりも金額的にかなりお得ですから、通訳を必要としない場面でも、カンボジア在住者とちょっとした交流を深めようという気持ちで利用する人も少なくないようです。

ただし個人間でのやりとりとなるため、トラブルがないとは言い切れませんのでぜひ注意してください。

とくに女性が日本語のできるカンボジア人男性とやりとりする場合は気をつけましょう。

スポンサーリンク

カンボジアの翻訳アプリ、どれくらい使える?

ほとんどの人がスマホを持っている今の時代ですから、わざわざ高いお金を出して通訳を雇わなくても翻訳アプリがあるじゃない!と思う人もいるかもしれません。

では日本語・カンボジア語の翻訳アプリはどれくらい使えるものなのでしょうか?

実際に大手企業の提供しているアプリを使用してみたのですが、カンボジア語というあまり使われていない言語であるのが災いしているのか、翻訳の精度はかなり低いといわざるを得ませんでした。

旅行で使う簡単な文章も翻訳後には意味不明な文章になっていることも多く、翻訳アプリをカンボジアでの通訳代わりとして使うのは難しいでしょう。

残念ながら片言の英語のほうがまだ通じると思います。今後の翻訳精度アップに期待ですね。

せかいじゅうからのご案内

日本と世界を繋ぐ仕事にたずさわる法人・個人の方へ

国内・海外でビジネスをしている方、これから海外で起業したい方必見!ここからスタートアップを図ろう→せかいじゅうSTARTUP

カンボジア語の会話帳が大活躍

「今回は通訳までは必要ない、でも英語も自信がないし言葉が通じるか心配…」

そんなあなたは、カンボジア語での簡単な会話がまとめられた本を持って旅行にでかけましょう。

個人的におすすめしたいのが、情報センター出版局から出版されている「旅の指さし会話帳」のカンボジア語版です。

本のタイトル通り、単語の書かれている部分を指さすだけで言いたいことが伝わる優れものです。

取り上げられている文章はどれも現地でしっかり通じるものですし、利用頻度の高い単語もまとめられているので、カンボジア在住歴が長くなってからも使える一冊です。

アプリ版も提供されているので、気になった方はぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

日本語で近づいてくる人に要注意!

通訳を探す際に気を付けていただきたいのが、現地で日本語を使って近づいてくる人です。

カンボジアでは、日本語を使って旅行者に「日本人と仲良くしたいと思っている」「一緒に食事をしよう」などと言って近づき、賭博詐欺を働くという事件が頻発しています。

その他にも人通りの少ないところに連れて行かれて金品を奪われるといった事件や、1日ガイドをすると言われてお願いしていたら、夜になって態度が急変したという事例も見られます。

全ての人が悪い動機で声をかけてくるわけではないとしても、誰が良い人で誰が悪い人かは外見からはわかりません。トラブルを避けるためには、知らない人は相手にしないのが一番です。

人当たりの良さそうな笑顔で日本語を操る現地の人に声をかけられても、通訳をお願いするのは避けましょう。

まとめ

カンボジアへの訪問目的によって、通訳の要否や通訳者に求められるスキルは異なります。ニーズに合わせて通訳やお役立ちアイテムを利用して、カンボジアでの滞在を有意義なものにしてくださいね。

スポンサーリンク

海外移住・永住でご相談・お悩みはありませんか?

プロエージェント

せかいじゅうが厳選する移民エージェントを紹介します

当メディアは世界中の各国へのコネクション・ネットワークを強みとし、その規模は世界最大規模。海外渡航に関する悩みやトラブルを解決します。

海外への移住手続きやビザ取得まで完全サポート!せかいじゅうが選び抜いた信頼できる専門家を紹介致します

せかいじゅうプロからお気軽にご連絡ください。

海外エージェント(移住・ビザ・仕事)の方はこちらからご応募ください。

これまでにないユニークな海外滞在を!せかいじゅうホームステイ

せかいじゅうホームステイ

旅行ではできない、世界の暮らしを体験する「せかいじゅうホームステイ」

単身・友達・家族など、どんな方でもOK。長期滞在や留学、移住、リタイア生活にホームステイを利用しませんか?

ホテルではできない、せかいじゅうホームステイだけが持つメリットを使って長期滞在を実現しよう♪

海外在住の日本人家族が海外の滞在先を提供します。詳しくは↓

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

せかいじゅう編集部

せかいじゅう編集部です。海外で暮らすために大切な情報を集め、皆様にお届けいたします。「こんな記事が欲しい!」などあれば、お気軽にご連絡ください。