チェコに仕事はある?就職先の探し方や注意点を紹介します

チェコに仕事はある?就職先の探し方や注意点を紹介します

ヨーロッパでは比較的物価が安く街並みも綺麗なチェコはここ数年、人気が高くなってきている国の一つでもあります。

長期移住を考えている人にとって、生活をするためには必要となる仕事。

チェコの失業率の低さはヨーロッパでもトップレベルと言われています。

ですが、外国人である私たちが現地で一から仕事を探すとなると、その情報量は決して多くはありません。

また主要都市と小さな街・村では状況が異なることは想像できます。

ここでは、チェコにおける日本人の仕事について、押さえておくべきポイントをまとめてみました。

チェコの就労ビザ・滞在許可について

日本人がチェコで就労するためには、「就労許可」と「滞在許可」が必要です。

その二つの許可をあわせ持つのが「就労カード」と言われるものです。

この申請をするために必要で少し手間のかかるものとしては

  • 住居が確保できているかの証明(アパートなどの賃貸契約書)
  • 仕事をできるだけの能力が備わっているかの証明(卒業証明書など)
  • 無犯罪証明書

などがあります。

就労カードの申請について

https://www.mzv.cz/tokyo/ja/x2005_07_07_5/x2005_07_07/x2015_06_30.html

ちなみに、チェコではEU加盟国の国籍を持つ人は労働許可を取得する必要はありません。

関連記事:チェコのビザ・5種類の特徴や申請事項(書類、費用)を解説

スポンサーリンク

チェコでの仕事の見つけ方

では、どのようにチェコの就職先を見つけるのか紹介したいと思います。

チェコでは求人サイトやハローワークのようなものがあり、外国人向けの求人情報を見つけることができます。

また、チェコで活動する日系企業を会員としている「チェコ日本商工会」では、会員企業の求人募集などを行なっています。

チェコではコネクションによって道が開けることが少なくありません。就職活動となればなおさらです。

表立って求人募集をしていない会社でも、実は求人していることも多いのが実情です。

特に日系企業への就職を希望している場合には、日本人とのつながりを持っているとどこからか求人情報を耳にしたりすることもあります。

手当たり次第に人間関係を拡大することをお勧めしているわけでは決してありません。

ただ、思わぬ人とのつながりから、ふとした縁でチェコ就職が決まったという話を聞いたことは1度や2度ではありません。

スポンサーリンク

チェコでの就職の際に知っておくべきこと:言葉の壁

ここはチェコですから、ほとんどの仕事にはチェコ語が必須です。

ですが、チェコの企業、海外の企業に関わらず社内のコミュニケーションには基本的に英語を使用している場合もあります。

関連記事:チェコ語の挨拶や日常会話フレーズ集50選(発音や会話のヒント付き)

そういった場合は仕事をするだけの英語力があれば就職は可能でしょう。

チェコでは近隣の国々の出身者である外国人が働いていることが多くあります。

彼らは英語はもちろん、さらにもう一つ二つと言語を話せる人が少なくないのです。

そして距離が近い国というのは言語も近い場合も多いのです。

どういうことかというと、お互いの言語を喋れるわけではないけれどだいたいのニュアンスを理解しあえるという感じです。

そういった意味ではチェコと日本は距離的にも言語的にもかなり遠いですね。

その距離をカバーするためにも、自信が持てるくらいの英語またはチェコ語能力は必須です。

さらに、プラスアルファで言語ができるとなると、就職の幅はグッと広がるでしょう。

せかいじゅうで大人のホームステイをしよう

海外在住の日本人宅のホームステイしませんか?

旅行ではできない現地生活・文化を体験できます。「人生一度きり。日本しか知らないのは勿体ない」ワクワクする事、心が穏やかになる国・街がある。世界中のホストがお待ちしています♪旅行ではなく、世界の日常を経験したい方はこちら

チェコで日本人が就ける仕事にはどんなものがある?

日系企業の現地採用

プラハやブルノ、オストラバなど大きな街やその近郊には日系企業やその工場などがあります。

そこで働く日本人の多くは日本からの出向者ですが、現地在住の日本人を採用する場合もあります。

その場合、日本人同士の何らかのコミュニティへ参加している方が情報を集めやすいのは言うまでもありません。

現地企業の採用

看護師や幼稚園教諭、教員などの専門職の資格を持っている場合は強いのですが、やはり語学は必須です。

ですが必ずしもチェコ語というわけではありません。

例えば英語を主言語として取り入れている幼稚園や学校があるため、そういった所をリサーチしてみるのも良いかもしれません。

チェコの求人サイトや店頭の求人募集の張り紙でよく目にするものにはスーパーのレジ作業やカフェ・レストランのウエイター(ウエイトレス)、病院や介護施設などの助手などがあります。

日本語教師

多くの人が思いつく、日本人が外国でできる職種のひとつに「日本語教師」がありますよね。

チェコでも語学学校や大学で日本語を教えているクラスがいくつか存在します。日本人で日本語教師として仕事をしている人も少なくありません。

ですが、日本語を教えるクラスが新しくできるというのを耳にしたことはほとんどありません。

そう、日本語教師は必要ですがもう既に必要な人数はいる…というのが現状のようです。

もし募集があった場合には、日本語教師としてのそれまでの経験や資格の有無がポイントになるでしょう。

自ら起業する

ここ数年、健康志向からかbio食品が求められていると同時に日本食材や和食もかなりの人気があります。

それにちなんで日本食材を扱うお店やレストランなどを自ら始めるという選択肢もあります。

また、書道や華道、茶道、空手などはチェコで人気があるので、人に教えられるだけの能力があれば仕事につながる可能性も出てきます。

いずれにしても日本語以外に英語もしくはチェコ語が仕事をする上で十分に使いこなせることが条件になる場合がほとんどです。

また、ビザの制限や外国人雇用についての規定などもあるため、一筋縄では行かない場合もあるかもしれません。

スポンサーリンク

チェコでの月収は?給料事情

2019年時点、チェコの月額最低賃金は13350czk(約66,750円)、最低時給は79.8czk(約400円)となっています。

日本と比べると半分以下ですね。

さらにボーナスなどはないか、あってもわずかな場合が多いようです。

社会保障が充実しているとは言え、多いとは言えないお給料ではないでしょうか。

物価を考えると確かに食品や生活用品は比較的安く、ものによっては日本の半分以下の場合も多々あります。

ですが電化製品や車などは日本とほぼ同じくらいの価格です。

就労文化は?日本人とチェコ人の働き方の違い

お給料がそれほど多いとは言えないチェコだからなのか、ほとんどの場合夫婦共働きをしています。

そして出産〜育児中女性の多くが約3年間育児休暇を取り、仕事から離れ育児に専念します。

また、もちろん仕事内容によりますが、フレックスタイム制や始業時間が早い場合が多いです。

それにともなってか朝6時頃から出勤し、夕方15−16時頃には帰宅する人もいます。

幼稚園や小学校は朝6時半から通園・通学することが可能な所もあります。

夫婦で仕事時間をずらし、子供の朝の送りは父親、帰りの迎えは母親と分業している家庭もよく見かけます。

職種によっては在宅勤務を主としている所もあり、オフィスには月数回行く程度という働き方をしている人もいます。

日本と比較してみると、フレックスタイムや在宅勤務の割合が多い印象があります。

チェコ人にとっての仕事そして休暇

筆者がチェコに住んでみて感じたこと、それはチェコ人は休暇(長期休暇も週末も)をとても楽しみきちんと休むということです。

日本の働き方も今は変わってきているのかもしれませんが、残業は当たり前、休日出勤する職場も珍しくないと言われています。

そして長期休暇が取りにくい環境の職場もあります。

チェコでは残業をする人はほとんどいません。

まだ陽が高いうちに家に帰り、家族と過ごしたりや趣味に費やす時間をとても大切にします。

平日の夕方に家族みんなそろって散歩をしていたり、友達同士でビールを飲んでいる光景もよく目にします。

スポンサーリンク

新たに始まったワーキングホリデー制度

チェコでは2018年11月からワーキングホリデープログラムが始まりました。

対象は18〜30歳で、期間は最長で1年間です。

ワーキングホリデービザを持っていれば、就労許可なくチェコ国内で就労することができます。

アルバイトなどの求人は少なくはないので、言語の問題をクリアできれば見つかる可能性は高いです。

※アルバイトを探す際には上記の「チェコでの仕事の見つけ方」のリンクサイトをご参照ください。

お給料がそれほど高くはないので、アルバイト代で生活費を十分に賄うのはもしかしたら難しいかもしれません。

ですがチェコの綺麗な街並みや美しい自然の中で生活できるという経験はなかなかできるものではありません。

実際に既に数年間チェコに住んでいる筆者でもふと、ここに住んでいるの夢みたいだな…と思うことがあるほど。

おわりに

多くの人は生活していくためには少なからずお金は必要で、そのためには仕事をしなければなりません。

中には収入は二の次で、チェコでの就業を経験したいという人もいるかもしれません。

異国での職探しとなると、必ずしも自分の専門ややりたいことを仕事にできるというわけにはいかないかもしれません。

それまで全く関わったことがない分野や思いもしていなかった道に進むこともあるでしょう。

でもそのおかげで自分自身でもわからなかった内面を見つけることができるかもしれません。

またチェコ人の働き方、休暇や週末の楽しみ方、家族との過ごし方からは教えてもらえることがたくさんあります。

そしてビール大国チェコ、仕事が終わった後には美味しいビールが待っているのです!

【チェコの関連記事はこちら】

↑チェコ滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去のチェコの記事一覧はこちら

スポンサーリンク

これまでにないユニークな海外滞在を!せかいじゅうホームステイ

せかいじゅうホームステイ

旅行ではできない、世界の暮らしを体験する「せかいじゅうホームステイ」

単身・友達・家族など、どんな方でもOK。長期滞在や留学、移住、リタイア生活にホームステイを利用しませんか?

北米、ヨーロッパ、アジア、オセアニアの世界各地のホスト宅で長期滞在を実現しよう♪

海外在住の日本人家族が海外の滞在先を提供します。詳しくは↓

世界各国のビザ、不動産エージェントの提携企業を募集しています

ビザ取得、不動産取得、法人設立など、日本人向けの海外移住・投資をする方のサポートをしている企業様へ

せかいじゅうは日本最大級の海外移住情報メディアです。このせかいじゅうを利用される海外移住希望者のサポートをしてみませんか?

主にビザ、不動産のエージェント企業様の応募をお待ちしています。せかいじゅう提携パートナーとして、ご協力ください。

ABOUTこの記事をかいた人

せかいじゅう編集部

せかいじゅう編集部です。海外で暮らすために大切な情報を集め、皆様にお届けいたします。「こんな記事が欲しい!」などあれば、お気軽にご連絡ください。