カンボジアで英語はどこまで通じる?現地の英語事情とは

海外での長期滞在でやはり気になるのは「言語の壁」です。

カンボジアという国での生活に挑戦しようとしている皆さんの気になるところが、「カンボジアで英語って通じるの?」という点でしょう。

今回はそんな気になる点をご紹介します。

カンボジアで英語はどのくらい普及してるの?

カンボジアは観光国として多くの人気を集めており、毎年大勢の観光客が訪れています。

国の主要な収入源も観光業といわれているほどです。

そのため、主要都市では英語の普及率が高くなっており、外国人が出入りする場所は基本的に英語が通じます

実際に生活することになっても外国人が滞在する場所や出入りする場所、利用するサービスは基本的には変わらないので、生活に困ることはないでしょう。

一方、農村部や地方都市になると状況は全く変わります。

主要言語はクメール語になり、公共施設やサービスなどの窓口でも英語が通じない場合が多々あります。

個人で英語を勉強している人はどこかしらいるようですが、都市部と比べるとあまり期待はできません。

どの場所で英語が通じるのかを判断するポイントとしては、「外国人がどのくらい滞在しているか」をチェックすると良いかもしれません。

世界中の日本人と繋がるコミュニティ

人生が世界へ広がるコミュニティ「せかいじゅうサロン(無料)」へ招待します

人脈ネットワークの構築、情報収集、新しいことへのチャレンジと出会いが待っています

カンボジアではどのレベルの英語力が必要なのか?

次に気になるのは、「私の英語力でもカンボジアで生活できるのかな…」という点ではないでしょうか?

結論からいいますと、生活自体は中学生レベルの英語力があれば大丈夫です。

完璧な文法をマスターしていなくても基本的な単語がわかれば会話は可能です。

あとは、本人のコミュニケーション能力と積極的に挑戦する気持ちにかかっています。

各種法的手続きやアクシデント時などでは、少し高度な英語力が必要となるので英語か現地語が堪能な人に付き添ってもらいましょう。

出典:Homework by fourbyfourblazer

カンボジアにおける英語学習の環境

カンボジアで英語が人気の理由とは?

カンボジアで一番人気な外国語はやはり英語です。

国際語でもありますし、英語ができるかどうかで生活自体も違ってくるからです。

またカンボジア人だけに限らず、英語を習得するために留学してくる外国人も大勢います。特にアジア圏からの渡航者が多いように思われます。

「カンボジアでなんで英語を?」と疑問に思う人もいるかと思いますが、先ほども述べたようにカンボジアには大勢の外国人旅行者や長期滞在者がおり、主要都市では英語が一般的に使われています。

ですので、カンボジアでは英語学習希望者を対象にした個人レッスンなども多く存在しています

現地の公用語ではありませんが英語に触れるにはちょうど良い環境といえるでしょう。

せかいじゅうで大人のホームステイをしよう

海外在住日本人宅へホームステイしませんか?

旅行ではできない現地生活・文化を体験できます。「人生一度きり。日本しか知らないのは勿体ない」ワクワクする事、心が穏やかになる国・街がある。世界中のホストがお待ちしています♪旅行ではなく、世界の日常を経験したい方はこちら

どうやって英語を勉強するの?

では、カンボジアで実際に英語を勉強するにはどうすればいいのでしょうか?

英語学習カリキュラム

まずは、「英語学習カリキュラムを利用する」という方法があります

それには、

  • 英語学校
  • 個人レッスン
  • 英語学習コミュニティー

に参加するなどが挙げられます。

しかし、そうなると当然参加費や学費に相当するものが必要になってきますが、日本で英会話レッスンに申し込むよりはるかに安く、生きた英語を習得できるでしょう。

友達を作る

次に挙げるのは、「とにかくたくさんの友達を作る」という方法です。

「習うより慣れろ」とは昔からよくいわれますが、カンボジアでもまさにそれが当てはまります。

大勢の外国人滞在者がいるのでこちらから気軽に声を掛けてネットワークを広げてみましょう。

意識的に英語を使う機会を作り、英語力を磨くというわけです。

お金もいらないですし、友達も増えるので一石二鳥ですね。

日系企業で働く

最後に挙げるのは、「日系企業で働いてみる」という方法です

完全な日本の会社とも違い、完全な外資系の会社でもないので、程よく英語に触れることができます。

なぜあえて働くのかというと、「英語学習における程よい負荷がかかるから」です。

自分で意識的に英語を使うようにできる人はいいのですが、英語に自信がないとちょっとためらってしまいますよね?

そこで自分を「仕事」という環境に置くことで、半ば強制的に英語を使うように追い込むわけです。そうすればいやでも英語を使うことになりますし、習得も速くなります。

おまけ・他の人気外国語

今回取り上げたように、カンボジアの主要地域では英語がほぼ公用語として使われています。

しかし人気があるのは英語だけではないんです!

観光国としての産業が栄えている関係で、各国の言語の需要があり多くのカンボジア人が他言語の習得に励んでいます。

具体的には以下のような言語が挙げられます。

中国語…

中国からの観光客をターゲットにしたツアーやガイド、サービスが発展しており、それに伴い中国語を話せる人材が重宝されています。

韓国語…

観光客に加え、在住者や起業家たちの通訳としての需要が引き続きあります。

また韓国政府との繋がりで二国間での人材育成が行われているところもあるようです。

日本語…

カリキュラムのしっかりした教育機関も在り、引き続き人気のある言語といえます。

フランス語…

植民地時代の影響もあって、年配のカンボジア人の方たちに話せる人が意外と多いです。またその時代の名残もあり、フランス語の勉強の環境が比較的整っているといえます。

スペイン語…

観光地限定になってしまいますが、話せる人材が少ない分、給料も他の言語に比べると高めに設定されているそうです。

競争相手が少ない言語で勝負を狙っているカンボジア人も多くいます。

まとめ

意外とさまざまな言語が話されているカンボジア。英語ができればまず不自由なことはないでしょう。しかし実のところ英語が話されているといっても、カンボジア人にとっても第二言語。母国語に勝るものはありません。流暢な英語で会話してもいいですが、つたないカンボジア語であっても一生懸命しゃべると、ものすごく喜んでくれます。言語はあくまでもコミニュケーションの手段の一つです。焦らず、構えないで楽しく交流を深められたら素敵ですね。

世界中の日本人が参加する「せかいじゅうサロン」

海外移住コミュニティ

世界へ広がる海外移住コミュニティ

世界中の日本人同士が繋がり、情報提供したり、チャレンジしたり、互助できるコミュニティ「せかいじゅうサロン」

参加無料。気軽に繋がってください。(2021年2月時点:参加者1400名超えました)

世界中を目指すメンバー集まれ!

海外在住の方もぜひ参加ください。こちらからご応募ください。