ポルトガルのスーパー12種類。買い物仕方からルールまで紹介(お土産5選付)

ポルトガルのスーパー12種類。買い物仕方からルールまで紹介(お土産5選付)

ポルトガルには大型スーパーから小型スーパーまでたくさんあり、食文化が豊かなポルトガルのスーパーは品揃えが抜群に良いです。

しかし買い物のルールとやり方は、日本と違うところがあります。

ここでは現地在住者から、ポルトガルのスーパーの中身、買い物の仕方、あげて喜ばれるお土産などを紹介するので、ぜひ参考にしてください。

海外移住のプロとのトークライブイベント

2月23日(日) :EU移住が叶う♪オランダ移住を実現する方法
オンラインから参加可能です。トークライブ詳細はこちら

ポルトガルのスーパー12種類

①Continente

コンティネンテと呼ばれる、ポルトガルで最大級のスーパー。

実際利用してみての感想は、店舗が多くて便利、品質や値段は良好。

○自社ブランドContinente

 

この投稿をInstagramで見る

 

Continenteさん(@continente)がシェアした投稿

自社ブランドのContinenteは、食品を中心とした幅広い商品展開で、他社メーカーのものより35%かそれよりも安い価格設定になっています。

例) Continenteチョコシリアル: 約1.5ユーロ VS 他社メーカー:約3.5 ユーロ

○ポイントカード Cartão Continente

 

この投稿をInstagramで見る

 

Meu Super Palhaçaさん(@meusuper_palhaca)がシェアした投稿

ポイントを貯められるコンティネンテカードを作ることをおすすめします。

スーパーでの買い物が割引になったり、他の提携店でも使えるのが便利です。

提携店: Galp(ガソリン), Zippy(子供服), Wells(薬局),Note(本、文房具), Burger Kingなど

②PINGO DOCE

ピンゴドーセと呼ばれる、コンティネンテに次ぐ大手スーパー。

品質や値段はコンティネンテとほぼ同じな印象です。

○自社ブランドPingo Doce

 

この投稿をInstagramで見る

 

Pingo Doceさん(@pingodoce)がシェアした投稿

Pingo Doceも自社ブランドを持っており、食品だけでなく生活用品もお手頃価格。

○ポイントカード Cartão Poupa Mais

ポウパマイスカードは、ピンゴドーセでの買い物が割引になるカード。bp社ガソリンスタンドでの割引や他にも特典が付いています。

③Meu Super

 

この投稿をInstagramで見る

 

Meu Superさん(@meusuperoficial)がシェアした投稿

メウスーパーは、Continente系列の小規模スーパー。あちこちにあり、厳選された品揃えで、ちょっと買い物をするのに便利です。

Continenteカードが使えます。

④Minipreço

 

この投稿をInstagramで見る

 

🛒 Supermercados Portugal 🇵🇹さん(@supermercadosportugal)がシェアした投稿

ミニプレソは、メウスーパーのような小さいスーパー。自社ブランドのDiaがお手頃価格。

⑤Intermarché

 

この投稿をInstagramで見る

 

Intermarché St Laurent Pagnolさん(@intermarchestlaurentpagnol)がシェアした投稿

インターマルシェは、ヨーロッパ中に店舗がある大型スーパーですが、ポルトガルのリスボンにはそこまで多くはありません。

自社ブランドは、食品(Chabrior)、ベビー用品(Pomette)、美容品(Labell)など。

リスボン中心街にはないので、車で行くなら便利です。

⑥ALDI

 

この投稿をInstagramで見る

 

Avelãさん(@cremedeavelas)がシェアした投稿

アルディはドイツの会社で、個人的にかなりオススメのスーパーです。

人と地球に優しい商品開発なのに、値段がとてもお手頃。

食品、生活用品、衣類の質が他のスーパーのよりダントツに高いのがわかります。

自社ブランドの中でも、ASIA GREEN GARDENというアジア食品がおすすめ。

ALDIの店舗数はあまりありませんが、ぜひ一度行ってみる価値はあります。

⑦Lidle

 

この投稿をInstagramで見る

 

🙏Berlin based/München Liebe♥🏙さん(@jesusfollower79)がシェアした投稿

リドルもヨーロッパ中にあるスーパー。

食品などは質と値段において他スーパーと変わらない印象ですが、生活雑貨や衣類が充実しています。

⑧Auchan

 

この投稿をInstagramで見る

 

🛒 Supermercados Portugal 🇵🇹さん(@supermercadosportugal)がシェアした投稿

フランスの会社のオーシャン。大型と小型スーパーがあります。

Jumbo(ジャンボ)という像のマークのスーパーもこの会社。赤い鳥のマークが目印の自社ブランドの他、オーガニックの商品も充実しています。

スポンサーリンク

2. ちょっとした買い物に便利なお店

メジャーなスーパーの他に、街中に点在する便利なお店の情報です。

・Mini Mercado

ミニメルカードとは、主にインド系のオーナーが経営するミニマーケット。

コンビニにのようにあちこちにあるのが便利で、会計の待ち時間が少ないのもメリット。

携帯電話のプリペイドやVIVAカード(公共交通機関)のチャージができる店もあります。

・KIOSK

キオスクは駅内や路上にある出店のようなもの。

携帯電話のプリペイドSIM、VIVAカードのチャージの他、

雑誌、タバコ、水、ポルトガル土産が売っています。

・Loja Chinês

ロジャシネスとは、中国のお店のこと。

特にMartim Moniz(マルティン・モニス)は中華街のような地区で、

輸入のアジア食品を扱う店がたくさんあり、日本食の材料を探すのにおすすめです。

ポルトガルのスーパーでは売っていない野菜(ニラなど)も売っていますよ。

・Celeiro

 

この投稿をInstagramで見る

 

Celeiroさん(@celeiro_viverdecorpoealma)がシェアした投稿

セレイロは、オーガニックショップで、ショッピングモール中などにあります。

食品、野菜果物、生活用品、ベビー用品、サプリメントなどいろいろあり、

オーガニック好きにおすすめのお店。

スポンサーリンク

ポルトガルでは知っておきたい。買い物6つのルール

1. 買い物カゴ

大型スーパーにある大きいカートは、50セントコインか専用コインを入れて使います。

返却スペースで他のカートを合体させると、コインが戻ってくる仕組みです。

2. 量り売り

肉魚とパティスリー:

順番待ちのチケットを発券して、グラム数や個数を伝え、バーコードを貼ってもらいます。その場では支払わず、レジで会計。

野菜と果物:

欲しい分をビニール袋に入れて計量器に載せ、モニターに商品の番号を入力。バーコードシールが出てくるので、それを貼ってレジにて会計。

3. レジで会計

自分でベルトコンベアーに商品を載せます。

税金番号(NIF)かポイントカード(NIF情報含む)があれば提示してください。

現金払いの時、100ユーロなどの大きなお札は喜ばれないので、なるべく20ユーロ以下のお札を持っていることをおすすめします。

4. セルフレジ

大型店のレジは長蛇の列になることがあるので、セルフレジで時間短縮しましょう。

ポルトガルのスーパーのセルフレジ

セルフレジ

注意したいのは、カード払い(electrónicos)のみと、現金とカード用レジがあること。

現金払いの時は、dinheiro(お金)の表示があるかをチェックしましょう。

セルフレジはほとんどマルチリンガル対応なので、ポルトガル語ができなくても安心。

ヘルプが必要な時は、セルフレジコーナーにいる店員さんが助けてくれます。

5. 買い物袋

レジではほぼ毎回、「Precisa de saco?(袋は必要ですか?)」と聞かれます。

レジ袋は1枚10セント。自分で袋を持ち込んでもいいですが、レジ付近で売っている大きめのショッピングバッグを買ってもいいです。

丈夫で繰り返し使えるので便利ですよ。あと、商品の袋詰めは自分でやります。

6. その他気をつけること

スーパーによって、リュックなどの大きな袋は入り口にあるロッカーに入れる必要あり。

また、購入済みの商品を持ち込む場合は、セキュリティーの人が入り口付近に在いれば、専用シールを貼ってもらいます。

店内での撮影は禁止、盲導犬以外のペット同伴も×。

せかいじゅうラジオチャンネル開設

「人それぞれの海外移住の形がある」せかいじゅうのYoutubeラジオチャンネルが始まりました!海外移住のヒントが満載です♪

【新着】米国豪華客船で3年働いた経験から語る大きな魅力とクルー生活のリアル

オススメのポルトガル土産5選

ポルトガルのお土産は、スーパーでまとめて買うのがお得です。

おすすめのお土産を5つ紹介します。

①ワイン

 

この投稿をInstagramで見る

 

Alberto Saferさん(@albertosafer)がシェアした投稿

ポルトガルはワインの産地で有名ですよね。

特に甘くて飲みやすいポルトワインがおすすめ。ミニボトルのセットは配るに最適です。

②オリーブの実

 

この投稿をInstagramで見る

 

Familia Olivellaさん(@familia.olivella)がシェアした投稿

オリーブの実はポルトガル語でazeitona(アゼイトナ)と言います。

緑のオリーブは酸っぱめ、黒のオリーブはマイルド。

実際にお土産で好評だったのは黒で、食べはじめるとやみつきになる美味しさ。おつまみとしてワインと一緒にあげてもいいでしょう。

③サルディーニャの缶詰

 

この投稿をInstagramで見る

 

Caixa Chicさん(@caixachic)がシェアした投稿

サルディーニャ(さば)の缶詰は典型的なポルトガル土産。

スーパーでひとつ1ユーロ未満で手に入ります。

缶のデザインがレトロで可愛いのでとても喜ばれますよ。

④ポルトガルの陶器

 

この投稿をInstagramで見る

 

OhHappyDayTreasuresさん(@ohhappydaytreasures)がシェアした投稿

オリーブを入れるお皿ならコンパクトで持ち帰りやすく、オリーブの実と一緒にあげるのも良いアイディアです。

お土産屋さんよりもスーパーで買う方が値段がお手頃。

⑤チョコレート

 

この投稿をInstagramで見る

 

Product of the Year Australiaさん(@productoftheyearaus)がシェアした投稿

小さいお子さんへのお土産には、チョコレートがおすすめ。

スーパーのチョコレートコーナーはいろんな種類がならび、選べないほど。

最後に、お土産を買う際に注意したいのは、空港で持ち込み制限にひっかからないよう注意しましょう。

肉類やチーズは持ち込みできず、お酒は3本(1本750ml換算)まで免税です。

スポンサーリンク

ポルトガルのスーパーの種類や、気をつけたい買い物のルールまとめ

各スーパーは自社ブランドを提供しており、商品により質とコスパに差が出ます。

実際にいろいろ行ってみて、お気に入りのスーパーを見つけられるといいですね。

スポンサーリンク

せかいじゅうトークライブイベントで移住のプロと繋がる、話す、解決しよう

海外移住エージェント

海外移住イベントに参加して、移住に必要な情報を収集しよう

最新イベントは2020年2月2日(日)はマレーシア移住イベント。マレーシアのビザ事情や現地生活、教育事情を徹底解説。

海外移住を目指す方がとの交流もあります♪参加は東京会場、オンライン視聴から選択できます

せかいじゅうトークライブに参加しよう!

海外エージェント(移住・ビザ・仕事)の方はこちらからご応募ください。

これまでにないユニークな海外滞在を!せかいじゅうホームステイ

せかいじゅうホームステイ

旅行ではできない、世界の暮らしを体験する「せかいじゅうホームステイ」

単身・友達・家族など、どんな方でもOK。長期滞在や留学、移住、リタイア生活にホームステイを利用しませんか?

北米、ヨーロッパ、アジア、オセアニアの世界各地のホスト宅で長期滞在を実現しよう♪

海外在住の日本人家族が海外の滞在先を提供します。人気のホストはこちら↓

世界各国のビザ、不動産エージェントの提携企業を募集しています

ビザ取得、不動産取得、法人設立など、日本人向けの海外移住・投資をする方のサポートをしている企業様へ

せかいじゅうは日本最大級の海外移住情報メディアです。このせかいじゅうを利用される海外移住希望者のサポートをしてみませんか?

主にビザ、不動産のエージェント企業様の応募をお待ちしています。せかいじゅう提携パートナーとして、ご協力ください。

ABOUTこの記事をかいた人

せかいじゅう編集部

せかいじゅう編集部です。海外で暮らすために大切な情報を集め、皆様にお届けいたします。「こんな記事が欲しい!」などあれば、お気軽にご連絡ください。