英語が通じる国はこんなにある!74ヵ国を一覧で紹介します

英語ってどこの国の言葉でしょうか?

英語=英国の言語、だからイギリスの言葉?
中学校や高校で勉強するのはアメリカ英語だからアメリカ?
でもアメリカのお隣のカナダ、
ちょっと日本に近づいてオーストラリアやニュージーランドも英語を話しています。

インドも英語が流ちょうなイメージがありますね。

…あれ?でもインドカレー屋さんでは英語じゃない言葉でメニューが書かれていますよね。

あれってアルファベットですらなかった気がします。

【英語上達の関連記事はこちら】

↑英語習得に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

【NEW】せかいじゅうイベント情報

せかいじゅうNight マレーシア 9/16(祝日)at Tokyoに参加しませんか?

マレーシア居住者とのトークイベント&世界を目指す仲間を見つけよう♪お席は先着順!イベント詳細はこちら

公用語という考え方

ここで出てくる考え方が、「公用語」というものです。

公用語とは、「大辞泉(小学館)」によると「ある国や地域で、おおやけの場での使用が定められている言語(以下略)」というもの。つまり政府のホームページや紙幣に印刷する言語のことです。

先ほどの例でいうと、インドの場合、ヒンディー語が公用語で、英語が補助公用語(ここでの「補助」は「みんなに必要な」くらいの意味です)。

地方によって日常的に使っている言葉が違いすぎるため、大学などいろいろな地域から来たひとがいるような場所では、コミュニケーションをスムーズにするために英語を使っているのです。

だから英語が上手なんですね。

スポンサーリンク

アメリカ以外にも英語が通じる国は多く、その数なんと74か国!

インドのように国内での意思疎通を円滑にするツールとして英語を利用していたり、ヨーロッパのほうでは陸続きで隣り合った国の人々とやはりコミュニケーションをとったりするために英語が便利、ということがあるみたいです。

ということは、英語がしゃべれると英語を公用語とする国々でもしゃべれるということですから、なんと74か国語が話せる、ということになります。

海外で生活するにしても、旅行するにしても、日本人が学習してきた「英語」が使用できるのは嬉しいですよね。

まずは「英語が通じる国」で、渡航先を検討する人もいるかもしれません

以下に英語を公用語とする国のリストを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

英語が通じる国一覧(74ヵ国)

英語が公用語の国:56か国

・アジア:5か国

バルバドス/ベリーズ/フィリピン/インド/シンガポール

・アフリカ:24か国

ブルンジ/ボツワナ/ガンビア/ガーナ/ガイアナ/ケニア/レソト王国/カメルーン/リベリア/マラウイ/パキスタン/モロッコ/ナミビア/ナイジェリア/シエラレオネ/南アフリカ/南スーダン/スーダン/スワジランド/タンザニア/ウガンダ/ルワンダ/ザンビア/ジンバブエ

・ヨーロッパ:2か国

アイルランド/マルタ

・オセアニア:17か国

クック諸島/ミクロネシア連邦/マーシャル諸島/フィジー/パラオ/キリバス/ナウル/ニウエ/セントルシア/セントビンセント・グレナディーン/サモア/セーシェル/ソロモン諸島/トンガ/トリニダード・トバゴ/ツバル/バヌアツ

・北アメリカ・南アメリカ:9か国

バハマ/アンティグア・バーブーダ/カナダ/ドミニカ共和国/グレナダ/ジャマイカ/パプアニューギニア/セントクリストファーネイビス

事実上の公用語:4か国

オーストラリア/ニュージーランド/イギリス/アメリカ

事実上の公用語(第一言語ではない):13か国

バーレーン/バングラデシュ/ブルネイ/キプロス/エリトリア/エチオピア/イスラエル/ヨルダン/クエート/マレーシア/カタール/スリランカ/アラブ首長国連邦

では、その中からいくつかピックアップして、どんな国が英語を公用語としているのかちょっと見てみましょう。

せかいじゅうで大人のホームステイをしよう

海外在住の日本人宅のホームステイしませんか?

旅行ではできない現地生活・文化を体験できます。「人生一度きり。日本しか知らないのは勿体ない」ワクワクする事、心が穏やかになる国・街がある。世界中のホストがお待ちしています♪旅行ではなく、世界の日常を経験したい方はこちら

英語を話す国をピックアップ

スリランカ

スリランカはインド洋の真珠とも呼ばれる島国です。

ジープに乗って、奇怪な形の葉をもつ植物に囲まれて生きる象の群れを観察したり、世界遺産となっているシギリアン・ロックに登って太古の王族と同じ景色を眺めたりできます。

このシギリアン・ロックは外国人観光客に人気のスポットなので、長い階段を登りきったことをお互いにねぎらう会話が生まれるスポットでもあります。

英語が通じる国03

街には特産の宝石や紅茶が並び、コロニアル調で温かみのあるホテルや、世界的建築デザイナーのジェフリー・バワが設計した優雅なホテルがあります。

白い砂浜が広がる海で遊んだあとにアーユルヴェーダで癒されれば、心身ともにリフレッシュできますよ。

非常に親日的な国で、また穏やかな時間が流れているため、街の人々ともリラックスして会話することができます。

パラオ共和国

天皇陛下がパラオのペリリュ―島に慰霊のために訪れたということもあり、第二次世界大戦の戦場としての印象が強いかもしれません。

痛ましい記憶もありながら、現在では手つかずの自然を活かした観光産業で力をいれている国です。

グアムよりも赤道に近いため、パラオでは年間を通してイルカと泳いだり、カヤックに乗ったりできます。

日本から近いこともあり、ツアーもたくさん出ています。

英語が通じる国02

だからこそチャレンジしてほしいのが、現地のオプショナルツアー。

小さなマングローブの島々が織りなす明るい海底世界の水先案内人に現地の人を頼み、日本のツアーでは見つけられない絶景へと泳いでいきましょう。インターネットでツアーの説明を読むだけでも楽しくなってしまいますよ。

モロッコ

モロッコの魅力はなんといってもあふれる色!

青の街シャウエン、白い要塞都市エッサウィラ、赤い遺跡アイト・ベン・ハッドゥ、首都マラケシュのバザールではきらめくグラスやランプ、それにバブーシュいう柔らかい皮の靴が所狭しと並んでいます。

英語が通じる国01

バザールといえば外せないのが値段交渉ですよね。モロッコ風の英語ではありますが、それを聞き取れるということは英語のスキルが上がっていることの証明とも言えるでしょう。ぜひチャレンジしてみたいですね。

また、バザールを歩いたならぜひそのまま食事へ行きましょう。これまた山積みのスパイスやナッツ、オリーブからつくられる複雑な味を堪能してみてください。おいしいものは国境を超える!

南アフリカ

治安が悪いって思って遠ざけてはもったいないですよ。

とっても魅力的な国でもあるんです。ジョーズのモデルになったホオジロザメを、人間が逆にケージに入って手を伸ばせば届く距離で見たり(伸ばさないでくださいね)、野生のオットセイやライオンを観察したりしてみたくありませんか?

パラグライディング・ポイントもあるんですよ。

旅は恥のかき捨てと言いますから、少年の心でくり出して、ぜひその興奮を近くの人と分かち合いましょう。

英語が通じる国04

自分の足で動きたいんだ、という方にお勧めなのが、緑やときに白い雲のテーブルクロスをまとったテーブルマウンテンです。途中にはピクニックを楽しめるように売店やレストランもおかれていて快適です。同じ道を行く者同士、意気投合して盛り上がる、なんてこともあるかもしれませんね。

スポンサーリンク

英語が通じる国まとめ

ここで紹介したのは4か国だけですが、英語が話せると、あと70か国もの新しい国を知ることができるんです。

わくわくしちゃいますね!

もちろんうまく話せなくても、旅人だと分かれば相手も歩み寄ってくれます。

逆に、「旅行ではなく、海外に長期滞在して英語力を向上させたい!」という方には、以下の記事は面白いですよ♪

秘訣記事:海外在住者50人が教えてくれた英語マスターの3つの超実践テクニック

辞書をおいて、まずは飛び出してみてはいかがでしょうか。

【世界共通の関連記事はこちら】

↑海外滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

スポンサーリンク

これまでにないユニークな海外滞在を!せかいじゅうホームステイ

せかいじゅうホームステイ

旅行ではできない、世界の暮らしを体験する「せかいじゅうホームステイ」

単身・友達・家族など、どんな方でもOK。長期滞在や留学、移住、リタイア生活にホームステイを利用しませんか?

北米、ヨーロッパ、アジア、オセアニアの世界各地のホスト宅で長期滞在を実現しよう♪

海外在住の日本人家族が海外の滞在先を提供します。詳しくは↓

世界各国のビザ、不動産エージェントの提携企業を募集しています

ビザ取得、不動産取得、法人設立など、日本人向けの海外移住・投資をする方のサポートをしている企業様へ

せかいじゅうは日本最大級の海外移住情報メディアです。このせかいじゅうを利用される海外移住希望者のサポートをしてみませんか?

主にビザ、不動産のエージェント企業様の応募をお待ちしています。せかいじゅう提携パートナーとして、ご協力ください。

ABOUTこの記事をかいた人

せかいじゅう編集部

せかいじゅう編集部です。海外で暮らすために大切な情報を集め、皆様にお届けいたします。「こんな記事が欲しい!」などあれば、お気軽にご連絡ください。