マルタの移動手段と乗り方完全ガイド。留学生必見のバスとBoltを徹底解説

ここでは、留学生が使っているマルタでの主な交通手段

  • バス
  • Bolt

などを使った移動方法についてご案内いたします。

これらは実際にマルタに留学中の筆者が日常的に使っているもの、また、友達の留学生たちも使っているものです。

マルタで留学を考えている方、留学前で交通手段について不安がある方にとって、この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。

マルタ・3つの移動手段の選び方

ホームステイ先や寮から学校やその他の目的地までどうやって行くのが最適なのだろう…多くの留学生が最初は試行錯誤しています。

まずは、留学生が登下校の際主に使っている以下の3つの交通手段

  • 徒歩
  • バス
  • Bolt

から、最適なものの選び方について解説していきます。

ステップ1:Google Map

まず自分の居住地から目的地までの生き方をGoogle Mapを使って検索しましょう。

自分の居住地と目的地を打ち込むだけで、車・バス・徒歩でのアクセス方法が表示されます。

ステップ2:交通手段を選択

①目的地と居住地が近い場合

交通手段は、徒歩をオススメします。

近いという感覚は人それぞれですが…筆者の通っている学校では、徒歩20分以内なら歩いて登下校する、という人が多いです。

20分も歩かないといけないの?(汗)そう思う方もいるかもしれません。

なぜ徒歩がいいかというと、後ほど紹介しますが、マルタのバス、実は全然来ないんです・・

マルタでは年間300日が晴れと言われおり、かつ温暖な気候なのでお散歩気分で登下校ができますよ♪

坂道が多いので、いいエクササイズにもなります。

②目的地と居住地が遠い場合

交通手段は、バスをオススメします。

とても歩ける距離じゃない…という方は、バスを利用しましょう。

マルタの主要な交通手段はバスです。電車やヨーロッパでよく見かけるトラムはマルタにはありません。

最も利用頻度の高いマルタでのバスの乗り方や料金については、後ほど解説していきます。

基本的に留学中の学生は、徒歩かバスで登下校しています。しかし自分の都合のいい時間にバスに乗れないこともしばしばあります。

③バスでは都合が悪い場合

オススメの交通手段はBoltです。

Boltとは、アプリ1つで簡単に利用できる配車サービスのことです。

日本では配車アプリといえば、UBERの方が聞きなじみがあるかもしれませんが、マルタではBolteCabsが使われております。

マルタ以外のヨーロッパの多くの国で使われており、eCabsよりもややコスパのいいBoltを今回は紹介します。

後ほどこのBoltの使い方についても解説していきます。

世界中の日本人と繋がるコミュニティ

人生が世界へ広がるコミュニティ「せかいじゅうサロン(無料)」へ招待します

人脈ネットワークの構築、情報収集、新しいことへのチャレンジと出会いが待っています

マルタのバスの利用方法

ということで、まずはマルタの主要交通機関である、バスについて詳しく紹介していきます。

マルタの主要の交通機関はバス!

電車やトラムがないマルタでは、バスを利用してどこへでも移動することが可能です(離島を除く)。

マルタのバス

現地で暮らす人々は車で主に生活していますが、数週間~1年程度滞在する留学生にとっては、バスがメインの交通手段となるでしょう。

日本のバスとは異なる点も多いので、徐々にマルタのバスに慣れていきましょう。

マルタのバスの乗り方

ステップ1:アプリでバスが来る時刻を調べる

バスに乗るのにいきなりアプリ?と思いますよね。

マルタのバスは時間通りには来ないため、バスに乗る前に何時にバスが来るかアプリで確認する必要があるんです。

(アプリの使い方は「乗り方」の下に記載しています)

ステップ2:停留所でバスを待つ

アプリでバスが来る時間を確認したら、停留所で待ちましょう。

ここで要注意なのが、バスが来た時には手をあげてバスをとめる必要があります。マルタのバスは、停留所に人がいても、意思表示がないと止まってくれません。

そのため、バスの運転手から見えるところで待ち、バスが来た際には恥しがらずにアピールをしましょう。

筆者は手をあげていたにも関わらず、他の車のせいで運転手から見えなかったようでスルーされた経験があります(泣)

ステップ3:バスに乗車する

バスが来たら、前方のドアから乗車してください。

乗ったらすぐに、運転手に直接現金でチケットを購入するか、マルタバスのカードをタッチして支払いを行います。

現金でチケットを購入した場合、レシートのようなチケットを渡されます。このチケットは2時間有効で、バスを乗り換える際に再度使えるので、なくさないように気を付けましょう。

ステップ4:着席する

支払いを終えたら、座席に着席しましょう。

マルタのバスの運転はとても荒く、道はアップダウンも激しいです。そのため、席が空いていたら、座ることをオススメします。

乗り物酔いしやすい方は注意してください。

ステップ5:下車する

バスを降りる際は、自分の降りたい停留所がアナウンスされたらボタンを押します。

停留所に着いたら、中央の扉から降りましょう。

マルタのバスを利用する際に便利なアプリ

マルタのバスアプリ『Tallinja』を紹介します。

マルタのバスアプリはTallinja

アプリを開き、「My Next Bus」をタッチすると、自分の周辺地図が表示されるので、自分が乗るバス停を選択し、何分後にバスが来るのかを確認しましょう。

マルタのバスアプリ『Tallinja』の使い方

このアプリを、使って目的地までのルート検索をすることも可能ですが、やや手間がかかります。

そのため、GoogleMapを利用して目的地までの行き方を調べ、そのバスが何分後に来るかを知るために使うことをおすすめします。

ちなみに30分以内に来るバスしかアプリに表示されないため、自分の乗りたいバスが表示されない場合は、気長に待つか、他の行き方を検討しましょう。

Tallinja:

マルタのバスの料金について

マルタのバスはカードとチケットの2種類があります。

▶チケット

1度購入すると2時間有効で、何度も使うことが出来ます。

基本料金は時期によって異なります。

  • 夏季(6月中旬~10月上旬):2ユーロ
  • その他の時季:1.5ユーロ

また、深夜料金は3ユーロです。

バスに乗車した際に現金で支払います。

▶カード

カードは3種類あります。空港や街中にある、インフォメーションオフィスで購入可能です。

①7日間乗り放題カード

料金は大人21ユーロ、子ども(10歳以下)15ユーロです。観光や短期留学でバスを頻繫に利用する方にオススメです。

②12回分回数券カード

料金は15ユーロで、日中は12回、深夜なら6回分の回数券として利用できます。頻繫にバスを利用しない方や、グループでの観光でカードを共有したい方にオススメです。

③長期滞在者向けカード

1回乗車あたりの料金は0.75ユーロです。1ヶ月の上限は26ユーロなため、たくさんバスを利用する方には非常にお得なカードです。マルタに長期滞在する方には、こちらのカードがおすすめです。

しかし、購入の際、身分証明書を提示し申し込み用紙を提出後、カードの郵送を待たなければならないので、短期滞在者の方には不向きです。また、オンラインでの申し込みも可能です。

マルタのバスを利用する際の注意点

注意点① バス停の時刻表は信じてはいけない

基本的に、バスは時刻通りには来ません。そのため、バスが何分後に来るか確認したいときはアプリを利用して調べましょう。

もし、アプリを持っていなかったら、バスを待っている人に、「○○番のバスはもう来た?」と尋ねてみましょう。

注意点② お札は断られるときがある

日本では考えられませんが、10ユーロ以上の大きいお金の時は、支払いを断られるときがあります。お札しか持っていないときは念のため、お金を崩してコインで支払いができるようにしておきましょう。

注意点③ 満員で乗車を断られるときがある。

マルタのバスは時々、人が多すぎて乗車を断られるときがあります。基本的には満員でも運転手さんが「バックプリーズ!」と言ってバスの中にスペースを作ろうとしてくれますが、それでも乗れるスペースがないときは、乗車を断られてしまいます。

そんなときは仕方がないので次のバスを待つか、別の行き方を探しましょう。

アプリで簡単に呼べる「Bolt」を活用しよう

次にアプリで簡単に呼べる配車サービス、Boltについてお話します。基本的にはバスで本島内は移動できますが、

  • マルタバスアプリで調べてもバスが来る予定がない
  • 目的地まで乗り換えが多くて面倒
  • 深夜でバスの運行が終了している
  • 目的地まで急いで行きたい

以上のような場合はBoltを使うことをオススメします。

マルタの配車サービスはbolt

ちなみに、Boltはヨーロッパの多くの国で利用されているので、マルタに留学中に他の国に旅行をする際にも大変役に立ちますよ!

Boltの利用方法・5つのステップ

ステップ1:アプリをダウンロード

Boltの公式ホームページはこちら

ステップ2:個人情報登録

マルタで使える電話番号を登録し、SMSで暗証番号を手に入れます。その後名前や支払いに用いるカードの情報などを入力し、事前登録は完了です。

ステップ3:車を呼ぶ

「現在地」と「目的地」を入力し、「今から最短で車を呼びたい」を選び、車を呼びます。

boltの使い方

配車が決定したら、アプリ上に表示される車のナンバーを確認しましょう。

アプリ上に車が現在どこにいるか、また、あと何分後に来るかが表示されるので、それらを確認しながら自分が選択した現在地で待ちましょう。

ステップ4:車に乗る

確認したナンバーの車が到着したら、車に乗りましょう。簡単な名前等の確認を済ませると、直ぐに目的地に向かって車は出発します。

ステップ5:目的地に到着

到着したら、アプリに登録したカードで自動的に支払いが行われます。

Boltの料金はタクシーより安く。eCabsよりも基本的には安い

料金は場所や時間帯によって変わるので、一概にいくらと言うことは出来ません。しかし、現在地と目的地を入力すると、車のタイプ別に料金を把握することができます。

タクシーよりは断然安く、また、マルタ内で利用されているもう一つの配車サービスeCabsよりも基本的には安いです。

筆者がマルタ内で利用した際はおおよそ6ユーロから10数ユーロだったので、バスよりは割高ですが、何人かで割り勘すれば安く目的地まで移動することが可能です。

Boltの便利な特徴

  1. 料金が事前に分かる
  2. 配車までの時間が僅か(大体3分~10分程で迎えに来てくれることが多いです)
  3. 英語を話さなくても目的地まで行ける

なにより、マルタではバスが来ない、乗り継ぎに時間がかかる、ということがよくあるので、確実に目的地まで行けるBoltを入れておくと、そんなときも安心です。

マルタにある他の交通手段

「バスとBoltしか紹介しないの?」そのように思われた方、多いと思います。

実際マルタには他にも多くの交通手段があります。

  • eCabs(マルタ限定の配車サービス)
  • レンタサイクル
  • 馬車(観光用) 等

しかし今回はその中でも、留学中に日常的に使う交通手段を紹介しました。

マルタでは現地の方々は皆さん車で移動しているので、マルタに移住する方は車での移動がオススメです。

また、レンタサイクルはたまに見かけますが、マルタでは坂が多く、自転車での移動はあまりオススメできません。現地の方でも自転車に乗っている方は日本に比べてとても少ないです。

観光の際は馬車や船に乗ってみるのもいいですね♪

マルタ交通手段まとめ

実は語学学校で先生が、マルタの嫌いなところは?と生徒に聞くと、大体の生徒が「交通機関」と答えます(笑)

そのくらいあまりインフラが整っていないマルタですが、今回ご紹介したマルタバスやBoltを乗りこなして、快適なマルタライフを送っていただけたら幸いです。

世界中の日本人が参加する「せかいじゅうサロン」

海外移住コミュニティ

世界へ広がる海外移住コミュニティ

世界中の日本人同士が繋がり、情報提供したり、チャレンジしたり、互助できるコミュニティ「せかいじゅうサロン」

参加無料。気軽に繋がってください。(2021年2月時点:参加者1400名超えました)

世界中を目指すメンバー集まれ!

海外在住の方もぜひ参加ください。こちらからご応募ください。