マルタ共和国の8種類84品目の物価一覧を大公開(食材、日用品、娯楽等)

ヨーロッパで安価に英語を学べる留学先や、老若男女問わず安全に過ごせるリゾート先として注目されているマルタ共和国の物価の最新情報をご紹介します。

今後マルタでの滞在を検討されている方や、留学先に悩んでいる方!

ぜひ今回紹介するマルタの物価情報を参考に予算の捻出を行ってください。

マルタの物価を知る前に抑えたい現地スーパー事情

マルタの各エリアにチェーンの大型スーパーが点在しています。

スーパーの開店時間は朝早く7時台から営業しているお店が多いです

自給率の低いマルタであるため、スーパーの陳列棚には基本的にヨーロッパ諸国からの輸入品がずらりと並んでいます。イギリス、イタリア、フランス、ドイツなどの大手食品ブランドのものが比較的簡単に手に入ります。

物価は、輸送費がかかるため輸入先よりも1.5〜2.0倍に上がっていますが、それでも日本で購入するより安いです

また、地中海諸国のリビア、チュニジア、ギリシャ、トルコなどからの輸入品も多く揃っています。

これだけ種類が豊富であるため、トマトソース一つ購入するだけでもかなり時間がかかってしまいました。海外製品を見ることが好きな方には、楽しくてたまらないと思います。

ただし、上記で挙げたように加工品や冷凍食品が多いため、生鮮食品に関すると漁港で獲れるタコやイカ、マグロや他魚介類以外は、残念ながら日本と比べてしまうと新鮮さはあまり感じられないかもしれません。

地元の人々は、スーパーではなくトラックでの移動販売で、土のついた採れたての野菜を購入しています。スーパーに比べると、安価で新鮮なものが手に入るため、おすすめです

※本記事は、大型スーパーでの平均価格を参考にまとめています。2018年2月時点、€1=約133円

スポンサーリンク

飲料物価

品目物価(€)日本円の参考(1€=130円)
ミネラルウォーター(2L)50セント(€0.5)65円
コカ・コーラ1.5L€1.5195円
ビール(CISK)ラガー330ml×8€7910円
マルタ産ワイン750ml€4-5520円
牛乳1L€1.3169

 

さすがにフランスのように、水よりも安くワインを購入することはできませんが、それでも日本に比べるとアルコールは安価だと感じます

マルタで人気のビールは、地産のCISK(チスク)ビールです。

チスクラガーはさわやかな味で、苦味も少ないので、ぐびぐびと飲めてしまいます。

飲みやすいがために、水のように常に携帯している友人もいたほどです。ラガーだけでなく、エールや、ベリー・レモンなどのフルーツ味のものもあるため、ぜひお試しください。

スポンサーリンク

生鮮食品の物価

品目物価(€)日本円の参考(1€=130円)
鶏肉 1kg€7910円
豚肉1kg€6780円
牛肉1kg€12.51,625円
うさぎ肉1kg€6.5845円
マグロ1kg€6780円
タコ1kg€91,170円
パンガシウス(白身魚)1kg€4.5585円
エビ1kg€101,300円
スモークサーモン100g€3390円

 

地元の人々は、食品は一度に大量購入して、小分けに使用したり、もともと食べる量が多いため、基本的にはほとんどの食品がキログラム単位での価格表示です。

そのため、表示だけをみると一見高価に感じますが、100-300g程度に切り分けてもらうこともできるので、日本よりもお得だと思います。

マルタで有名な食べ物といえば、マグロとタコとウサギです

ウサギなんて可愛すぎて食べられない、かわいそうだと嘆いている観光客も多いですが、地元の人々にとっては伝統料理であり、家庭でも調理するそうです。

筆者も機会があったためウサギの煮込みを食べてみましたが、チキンよりも弾力があり、臭みもなく、おいしくいただきました。

また、日本でもスーパーでマルタ産のマグロをみかけることが多くなっていますが、マルタでは刺身よりもグリルして食べることが多いです。

せかいじゅうで大人のホームステイをしよう

海外在住の日本人宅のホームステイしませんか?

旅行ではできない現地生活・文化を体験できます。「人生一度きり。日本しか知らないのは勿体ない」ワクワクする事、心が穏やかになる国・街がある。世界中のホストがお待ちしています♪旅行ではなく、世界の日常を経験したい方はこちら

野菜、果物の物価

品目物価(€)日本円の参考
トマト1kg€3.5455円
玉ねぎ1kg€1.2156円
人参1kg€1.2156円
じゃがいも1kg€0.9117円
パプリカ1kg€3.5455円
ホワイトマッシュルーム1kg€4.0520円
ナス1kg5€3.5455円
キャベツ1kg€1.2156円
ズッキーニ1kg€3.5455円
パセリ1束€1.4182円
アスパラガス1束€4.0520円
りんご1kg€3.5455円
バナナ1kg€1.7221円
マンゴー1個€3390円
洋ナシ1kg€3.5455円
オレンジ1kg€1.5195円
プラム1kg€4520円

 

前述した通り、マルタでは野菜や果物は、移動販売トラックで購入する方が安価です

住宅街の片隅で、販売していることが多いので、移動販売トラックを見つけたらぜひ覗いてみてください。

ちなみに日本よりもじゃがいもの種類が多くあったり、玉ねぎは紫玉ねぎが基本だったりと、ちょっとした文化の違いを楽しむこともできます。

マルタは夏の間は、35℃前後とかなり暑く、乾燥した気候に変ります。

そのため、オレンジやマンゴー、プラム、スイカなどを多く生産しています。マンゴーも簡単に手に入ります。

珍しいものだと、サボテンの実が売られています。ジューシーな味わいだとのことなので、ぜひお試しください。

スポンサーリンク

穀物の物価

品目物価(€)日本円の参考
バケット1本58セント75円
チャバタ1個45セント58円
カイザー1個45セント58円
食パン1斤€1130円
フティラ(マルタのパン)1個30セント39円
スパゲッティ500g90セント117円
タリアテッレ500g€1.5195円
ペンネ500g90セント117円
ラビオリ250g€3390円

 

スーパーでも焼きたてのパンを販売しており、種類も驚くほど豊富です。日本でも馴染みのあるバケットから、イタリア発祥のチャバタ、ドイツ発祥のカイザー、マルタ発祥のフティラなど様々なパンを見つけられます。

スーパーでも、ざっとその数50種類以上

一見堅そうなパンでも、中はもちもちしていて食べやすいと感じました。

日本だと惣菜パンの種類が豊富ですが、こちらはセサミやナッツ類などがまぶしてあるプレーンのパンが多いです。

圧倒的にパンが安価であるため、筆者はランチに卵やハムを挟んでサンドウィッチを作り、節約しています。

特筆すべきは、パスタの種類の豊富さです

5mほどの陳列棚にずらりとパスタだけが並んでいるのが当たり前です。有名ブランドBarilla(バリラ)だけでも、40種類以上あります。

スパゲッティの太さが細かく分けられているほか、ペンネやラビオリ、タリアテッレなど大量にあります。日本の半額程度で購入できるため、いろいろなパスタ料理に挑戦してみてください

乳製品・他加工食品の物価

品目物価(€)日本円の参考
ギリシャヨーグルト1kg€6780円
ヨーグルト パック売り150g33セント43円
卵Mサイズ6個入り€1.35175円
ゴーダチーズ1kg€6.8884円
フェタチーズ1kg€5.9767円
ブルーチーズ1kg€9.51,235円
チーズディップ(20種類以上)1kg€11(通常1パック150g程度€1.75)1,430円
ハム(サラミや生ハムなど)50g€1130円
パスタペースト(30種類以上)400g€2260円
トマト缶(20種類以上)400g50セント65円
ツナ缶(15種類以上)80g×4€3390円
コーン缶(10種類程度)50g×3€2559円
ハチミツ(ゴゾ島特産)500g€4.3559円
イチゴジャム330g€2.3299円
コーンフレーク375g€2260円
ポテトチップス(プリングルス)€2260円
板チョコ(milka)100g€1.5195円
クッキー300g€1130円

 

マルタ、そしてヨーロッパ諸国民の食卓に欠かせない食べ物といえば、チーズです

スイス、フランス、ドイツ、オランダなど各国から多様なチーズが輸入されており、スーパーに並んでいるだけでもその数なんと300種類以上はあります。

主食のパンをバジルやサーモン味のクリームチーズにつけて食べることも多いです。

また、大型スーパーでは、「2つ買ったら1つ無料」、「4つ合わせて€5」など、加工食品に関しては、頻繁にスペシャルオファーがされているため、一度の買い物の量は多くなってしまいますが、お買い得だと思います。

バラまき用のお土産などにも、お土産店や空港で購入するよりも、ローカルのスーパーで購入した方が断然お得なので、滞在中に1度はスーパーに訪れていただきたいです。

マルタの特産物は、ゴゾ島で採れる

  • ハチミツ
  • オリーブオイル
  • ドライトマト

です。

どれも美味しいため、お土産におすすめです。

スポンサーリンク

調味料の物価

品目物価(€)日本円の参考
オリーブオイル(DANTE)750ml€6780円
マヨネーズ400g€3.5455円
ケチャップ570g€3390円
しょうゆ150ml€2260円
みりん150ml€2260円
酢150ml€2260円
のり11g€2260円

 

日本に比べると、やや高価に思えますが、何しろ1パックの量が多いため、価格としてはオイルなどに関しては、日本と同程度だと思います。

マルタでも日本食が人気であり、サンジュリアンにも3店ほど日本食料理店が営業しています。

そのため、日本の調味料は割高ではありますが、スーパーで簡単に手に入ります。

ほかにも、中華、タイ、トルコ、メキシコなどヨーロッパ以外の国の調味料も売られています。

日用生活品

品目物価(€)日本円の参考
シャンプー250ml€2.6338円
リンス200ml€2.6338円
ボディソープ250ml€2260円
トイレットペーパー12ロール€3390円
キッチンペーパー4ロール€1.5195円
ティッシュ150枚入り€1.19154円
ハンドソープ650ml€2.5325円
歯磨き粉75ml€1.62210円
食器洗剤875ml€4520円
洋服用洗剤2L€101,300円
柔軟剤875ml€5650円

 

日用生活品に関しても、日本で輸入されているような、ダブやパンテーン、ロレアルなどが揃っているため、どうしても日本製のものが良いといったこだわりのものがない限り、特に生活する上で困らないと思います。

洗剤や柔軟剤は、かなり香りが強いため、気になる方は1回の使用量を少なめにするとよいです。

ただし、ティッシュペーパーやトイレットペーパーは、日本で売られているものよりも、はるかに素材が固いため、敏感肌や乾燥肌の方は、日本のポケットティッシュを多めに持参することをおすすめします。

スポンサーリンク

娯楽関係の物価

品目物価(€)日本円の参考
カフェ コーヒー1杯€2.0260円
ハンバーガー(ポテト付き)1個€6-15780円
パスタ1皿€7-10910円
ピザ€7-10910円
映画大人€7.91,027円
バーでのビール1パイント€5ー6650円
バス 1回2時間乗り放題(大人)€2(夏季)、€1.5(冬季)260円(夏季)、195円(冬季)
ボーリング大人1ゲーム€7.5975円

 

マルタでの娯楽は、夏は特に透明度の高い海で、海水浴を楽しむ人々が多いです。

特にヨーロッパの人々は、お金をかけずに遊ぶことが上手なため、ハイキングをしたり、日光浴をして十分バケーションを満喫できているようです。

その後、日が落ちると、21時頃からバーに集まり、お酒を楽しんだあと、クラブに繰り出すことが週末の習慣のようです。

マルタの各名所に回るには、公共のバスや時にタクシーをうまく利用して観光してください。

グーグルマップで、目的地への行き方を検索すると、バス停やバスの番号を確認することができます。

マルタのバスは遅延が当たり前なので、急いでいるときには、タクシーを利用することがおすすめです。

ほかにも、1日かけてマルタをぐるっと1周まわる2階建てバスツアー(大人1日€25程度)もあります。

運が良ければ、チケット売り場の売り子さんから、ディスカウントしてもらえることもあります。

また、レストランや、カフェなどは、観光が栄えているエリア(サンジュリアン、スリーマ、バレッタなど)は、他のエリアに比べると、少々物価が高くなります。

レストランで気を付けてほしいことは、マルタの人々にとっての、良いレストランの評価の基準が、「いかに量が多いか」であるため、慣れないうちは一品一品の料理の多さに驚くかと思います

日本と同じ感覚で、サラダとメインとデザートと、料理を頼んでしまうと、後悔する可能性が高いため、友人とシェアするなど様子を見ながら注文してください。

マルタの物価事情まとめ

マルタは、イタリア、ギリシャ、アラビア、イギリスなど様々な文化が混ざった多彩な文化で成り立っています。

ぜひ肌で文化の違いを感じて、地中海独特のゆったりとした生活を送ってください。

スポンサーリンク

これまでにないユニークな海外滞在を!せかいじゅうホームステイ

せかいじゅうホームステイ

旅行ではできない、世界の暮らしを体験する「せかいじゅうホームステイ」

単身・友達・家族など、どんな方でもOK。長期滞在や留学、移住、リタイア生活にホームステイを利用しませんか?

北米、ヨーロッパ、アジア、オセアニアの世界各地のホスト宅で長期滞在を実現しよう♪

海外在住の日本人家族が海外の滞在先を提供します。詳しくは↓

世界各国のビザ、不動産エージェントの提携企業を募集しています

ビザ取得、不動産取得、法人設立など、日本人向けの海外移住・投資をする方のサポートをしている企業様へ

せかいじゅうは日本最大級の海外移住情報メディアです。このせかいじゅうを利用される海外移住希望者のサポートをしてみませんか?

主にビザ、不動産のエージェント企業様の応募をお待ちしています。せかいじゅう提携パートナーとして、ご協力ください。

ABOUTこの記事をかいた人

せかいじゅう編集部

せかいじゅう編集部です。海外で暮らすために大切な情報を集め、皆様にお届けいたします。「こんな記事が欲しい!」などあれば、お気軽にご連絡ください。