ボリビアの治安の実際は?危険対策と各都市の安全性を解説

南米大陸の真ん中の海のない内陸国、ボリビア。

近年ウユニ塩湖という一大観光スポットがテレビやCM、またSNSで取り上げられることも多くなり、日本でも注目が高まっています。しかし、それで気になるのが治安です。

「南米と聞くと、危ないんじゃないか?と不安に思う方も多いですよね?」

ボリビアの治安に関してはそれほど悪くないというのが結論です

もちろん、日本と同じ様にというわけにはいきませんので、注意が必要です。

それで、今回南米ボリビアの都市別の治安情報、そして注意したい点について書きたいと思います。

1. 意外に治安は悪くない。

意外に思われるかもしれませんが、ボリビア国内は他の南米の国に比べるとそれほど治安は悪くありません。

のんびりした人が多いという国民性もあるのかもしれません。

しかし、観光客が集まるところにはスリや引ったくりの被害もありますし、偽警官などがいたりします。もちろん、強盗が多発する地域もありますが、そうした地域には夜、一人で出歩かないことなどの注意をしていれば大丈夫です。

スポンサーリンク

2.スリには注意

人通りの多い観光スポットや普段の買い物に使うような市場では特に注意したいのがスリです。ボリビアで一番注意したい点です。

こちらボリビアでは日本人は目立ちます

現地の人は外国人はお金を持っていると思ってるので、スリたちは外国人をターゲットにします。

スポンサーリンク

3.町を歩くときに注意したいこと

ボリビアの田舎に移住するケースであれば、小さなコミュニティであり皆が顔見知りになるので、治安に関してそれほど注意は必要ありません。

しかし、都市部に住む場合や、観光スポットの近くや人通りの多い場所に住み、出歩く事がある場合は、それなりの注意が必要です。

貴重品は肌に身に着けておくこと、アクセサリーなどの目立つファッションを避けて、地元の人に馴染む服装をしておくこと。

人通りの多いところでは常にスリが狙っているかもしれないという心構えを持ち、ハンドバックなどのひったくられやすい持ち物を避けるようにしたほうが良いです。

また、レストランやバスやタクシーの待合所などでも置き引き被害が出てますので、常に自分の荷物には注意をしておく必要があります。

日中は基本的には心配ありませんが、夜になると場所によっては治安の悪い場所もあります。それで、夜の一人歩きは避けるようにしたほうが良いでしょう。

せかいじゅうからのご案内

日本と世界を繋ぐ仕事にたずさわる法人・個人の方へ

国内・海外でビジネスをしている方、これから海外で起業したい方必見!ここからスタートアップを図ろう→せかいじゅうSTARTUP

4.都市別の情報

ボリビアの治安の傾向として、都市部の人の集まる所は治安に関して注意が必要です。

それでも、目立つ服装や持ち物を身に着けることを避けて、夜に危険な地域を一人で出歩くといった行動を避けるなら大丈夫です。

これから主に移住先の候補としてもあげられる、

  • 首都ラパス
  • 第二の都市サンタクルス
  • 憲法上の首都スクレ
  • 多くの日本人が訪れるウユニ塩湖のあるウユニの町

の都市別の治安情報について書きたいと思います。

首都ラパス

世界一高い場所にある首都として有名なボリビアの首都ラパスは3800mの山岳地帯にあります。

治安が良くない場所だと言われますが、目立つ行動を避けて注意を払えば大丈夫です。

それでも、地元の人たちも危険だという地区があります。

例えば、国際空港のあるエルアルトという町があります。ここは標高4000mにもなる場所です。

ラパスはすり鉢状の大きな町で、標高が低い場所から高い場所にかけて、治安が悪くなると言われています

ですので、頂上部分にあたるこのエルアルトは治安のよくない場所として知られます。

夜の一人歩き、集団でも夜出歩く事はおすすめできません。

日中でも泥棒市と呼ばれる有名な市場が開かれますが、その時スリには警戒してください。

またラパスの町で、レナレス通り通称魔女通りと呼ばれる有名な買い物スポットでも、スリには最大限の注意が必要です。

サンタクルス

ボリビア第二の都市として経済的にも急成長している町、サンタクルスには多くの日系人の方も住んでいます

日本人に対して現地の人が慣れているとはいえ、注意が必要です。

bolivia-safe02

例えば、街の移動の拠点として有名な乗り合いタクシー、バスの乗り場であるエクステルミナルと呼ばれる場所の近くにあるラマーダと呼ばれる地区は日中でも注意が必要です。

ここは大きな市場が展開されていて、電化製品などがそろっています。

多くの人がやってくるので、スリや強盗に注意が必要です。

またバスターミナル付近ムトゥアリスタと呼ばれる大きな市場など、人がたくさん集まる所には必然的にスリが多発しますので、自分の持ち物は肌身離さず決して目を離さないように注意が必要です。

また夜は人通りも少なくなりますので、現地のボリビア人でも出歩く事を嫌がります。

地元の人でも夜は危ないと言いますので、夜の一人歩きはやめましょう。

スクレ

ボリビアの憲法上の首都として知られ、世界遺産にも認定された白い街スクレは、年中涼しく、外国人にも人気のスポットです。

ボリビアの中でも整備が進んでいて、教育も高いレベルでなされていて、スクレは治安も最もよい場所だと言われています

もちろん、日本と同じように考えることはできませんので、人通りの多い場所や観光客の多い場所ではスリには注意したいですが、この町は比較的治安は
安定しています。

ウユニ

世界中から観光客が押し寄せ、日本からの旅行者も激増したウユニ塩湖の玄関口となる町、ウユニの町は小さな町で、まさに観光客のための町といっても過言ではありません。

小さな田舎町なので、治安に関してはあまり心配する必要はありませんが、それでもスリや置き引きといった軽犯罪には注意したいところです。

レストランなどで油断して携帯や財布を机に置いたままにしたり、荷物を置きっぱなしにするといったことを避けるなら大丈夫です。

bolivia-safe01

スポンサーリンク

まとめ

ボリビアの治安についてこうしてまとめてきましたが、やはり注意したいのは、目立つ格好を避けること、貴重品は肌身離さず、そして、夜の街の一人歩きを避けること

など、最低限の安全行動をとっていれば大丈夫です。

もちろん、住んでみてわかる危険な地区などもありますので、そうした場所を避けたり、どうしても行かなければならない場合は現地のボリビア人と共に行動するなど、工夫が必要です。

それでも、ボリビアは注意していれば、決して治安はそれほど悪くはありません。

日本とは違うという安全意識さえあれば、そこで暮らすことも難しくはないのです。

スポンサーリンク

海外移住・永住でご相談・お悩みはありませんか?

プロエージェント

せかいじゅうが厳選する移民エージェントを紹介します

当メディアは世界中の各国へのコネクション・ネットワークを強みとし、その規模は世界最大規模。海外渡航に関する悩みやトラブルを解決します。

海外への移住手続きやビザ取得まで完全サポート!せかいじゅうが選び抜いた信頼できる専門家を紹介致します

せかいじゅうプロからお気軽にご連絡ください。

海外エージェント(移住・ビザ・仕事)の方はこちらからご応募ください。

これまでにないユニークな海外滞在を!せかいじゅうホームステイ

せかいじゅうホームステイ

旅行ではできない、世界の暮らしを体験する「せかいじゅうホームステイ」

単身・友達・家族など、どんな方でもOK。長期滞在や留学、移住、リタイア生活にホームステイを利用しませんか?

ホテルではできない、せかいじゅうホームステイだけが持つメリットを使って長期滞在を実現しよう♪

海外在住の日本人家族が海外の滞在先を提供します。詳しくは↓

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

せかいじゅう編集部

せかいじゅう編集部です。海外で暮らすために大切な情報を集め、皆様にお届けいたします。「こんな記事が欲しい!」などあれば、お気軽にご連絡ください。