バングラデシュ生活が楽に!ベンガル語のあいさつや日常会話フレーズ85選

バングラデシュ生活で重宝する!ベンガル語のあいさつや日常会話フレーズ85選

バングラデシュで生活するのであれば、ベンガル語は覚えて損なし!

というのも、若い人やビジネスシーンなどでは、英語でも問題なく通じますが、年配の方やリキシャ(人力車)・タクシーの運転手、小さなお店の店員、家のメイドさんなどは英語がほとんど通じなく、バングラデシュの母国語であるベンガル語をある程度話せないとスムーズに話が進まない場合があります。

ベンガル語で会話のキャッチボールをスムーズにできるレベルになるまで話せる必要はありません。

場合に応じて、最低限のベンガル語のみ覚えておけば大丈夫です。

そこで今回は、現地に在住して3年になる筆者が、日常的に便利で使えるベンガル語85のフレーズを紹介します。

イベント案内:世界中の移住オプションを知ろう

2021年4月11日(日)「せかいじゅうサロン」にて、世界各国のビザ専門家が集まり、世界移住会議が行われます。またとないレアな場に参加して、世界移住の選択肢を広げてみませんか?参加は無料です。

ベンガル語の挨拶のフレーズ

・こんにちは
「アッサラム ワライクム」

朝、昼、晩いつでも使えます。もともとはアラビア語で、直訳すると、「平和をあなたに」という意味です。この言葉に返答する際は、単語を前後入れ替えて、「ワライクム アッサラム」と答えましょう。ちなみに、バングラでは略して「アッサラム」という音も多いです。

・さようなら
「クダ ハフィズ」

・気をつけて
「バロ タケン」

英語で言う、「Take care」のようなもので、さようならの時に使います。

・調子はどうですか?
「ケモン アチェン?」「バロ アチェン?」 *アチェン=ある、いるの丁寧語

英語で言う、「How are you?」みたいなもので、気軽に使えます。

返答には、
「バロ アチ」いいです *バロ=良い
「バロ ネイ」良くありません
「モタ ムティ」まあまあ

・調子はどうだ?
「キ オボスタ?」
「ケモン アチェン?」や「バロ アチェン?」よりもう少しカジュアルな感じです。

・ありがとう
「ドンノバット」

・すいません
「ドゥッキト」

「ありがとう」と「すいません」についての補足

バングラデシュではほとんど「ありがとう」「すみません」のベンガル語を言いません。心のどこかでこう感じていれば良い、と言う感覚です。ものをあげてもお礼を言わない、遅刻しても謝らないなど、最初は腹立たしく感じられるかもしれませんが、これが現地の習慣なので理解するように頑張ってください。ちなみに、軽い感じで「Thank you」「Sorry」を使うことはあります。

・はい
「ジー」

・いいえ
「ナー」

バングラデシュでは、「はい」の時に首を横に傾げます。日本などのように、縦に首を振ることはしません。最初はそのジェスチャーから、「はい」なのか「いいえ」なのか良くわからず戸惑うかもしれませんが、慣れましょう。「いいえ」の時は、普通に首を左右に振ります。

世界中の日本人と繋がるコミュニティ

人生が世界へ広がるコミュニティ「せかいじゅうサロン(無料)」へ招待します

人脈ネットワークの構築、情報収集、新しいことへのチャレンジと出会いが待っています

基本的な会話でのフレーズ(自己紹介など)

・あなたの名前は?
「アプナル ナム キ?」*ナム=名前

・私の名前は太郎です。
「アマル ナム タロウ」

・出身国はどこ?
「デシュ コタイ?」*デシュ=国

・どこに住んでいますか?
「コタイ タケン?」

・私の家はグルシャンにあります。
「アマル バシャ グルシャネ アチェ」

・兄弟姉妹は何人いますか?
「コト ジョン バイ ボン アチェ?」*バイ=兄弟、ボン=姉妹

・3人います。
「ティン ジョン アチェ」
自分も人数に含めます。

・あなたは何をされていますか?
「アプニ キ コレン?」

・会社に勤めています。
「アミ カンパニテ チャクリ コリ」*チャクリ=仕事

・もう一度言ってください。
「アバル ボレン」*アバル=もう一度

・あなたは明日どこへ行きますか?
「アプニ アガミカル コタイ ジャベン?」*アガミカル=明日

・工場へ行きます。
「アミ ファクトリテ ジャボ」

・今何をしますか?
「アプニ エコン キ コルベン?」

・友達に会いに行きます。
「アミ アマル ボンドゥケ デクテ ジャボ」*ボンドゥ=友達 *デクテ ジャボ=会いに行く

・あなたは何日バングラデシュに住んでいますか?
「アプニ コトディン バングラデシェ バシュ コレチェン?」*バシュ コラ=住む

・2年住んでいます。
「アミ ドゥイ ボチョル バシュ コレチ」*ボチョル=年

・朝何を食べましたか?
「アプニ ショカレ キ ケレン?」*ショカル=朝

・ご飯を食べました。
「アミ バット ケラム」*バット=ご飯

・とても美味しい。
「オネク モジャ」

・たくさん食べました。
「オネク ケエチ」

・無理強いしないでください
「ジョル コルベン ナ」

*ジョル=無理強い

バングラデシュでは、食事に招待された時に、たくさん食べたのにもかかわらず、更に食べるよう無理に促されたり、他にも行き過ぎた親切心でいろんなおせっかいをされますが(バングラデシュの文化的にはあくまで普通なのですが…)、ここははっきりと「ジョル コルベン ナ」と言いましょう。日本人のように、阿吽の呼吸とか、空気を読む、とかそういったものはバングラデシュでは皆無です。はっきり言わないと絶対に通じないので、日本人的にはためらうかもしれませんが、自分の意思をはっきりと表示しましょう。

「日本中の全ての人に海外での語学留学・異文化交流を体験して欲しい。」

語学留学が半額以下で、1週間からできる。月額3000円〜できる「スマ留」を活用しよう。カナダ、マルタ、オーストラリア、フィリピン、アメリカ、アイルランド、イギリス等の新しい地へ一歩踏み出そう

留学の常識が変える。スマ留をこちら

買い物などの時に使えるフレーズ

小さな小売店で買い物をする際や、リキシャに乗る際の値段交渉にはぜひ、メジャーな数字を覚えておきましょう。

1: エク
2: ドゥイ
3: ティン
4: チャル
5: パチ
6: チョイ
7: シャット
8: アット
9: ノイ
10: ドシュ
11: エガロ

20: ビシュ
30: ティリシュ
40: チョッリシュ
50: ポンチャシュ
60: シャイ
70: ショットゥル
80: アシ
90: ノッボイ
100: エクショ

200: ドゥイショ
300: ティンショ
500: パッショ

リキシャの近距離の移動の値段には、良く20, 30, 50あたりを使います。

乗車前にいくらか必ず確認するようにすると(もしくはこちらから額を提示すると)、後に揉めなくなります。10分くらいのライドでだいたい30タカ(タカはバングラデシュの通貨)くらいの相場なので覚えておきましょう。

・これはいくらですか?
「エタ コト」*エタ=これ

・とても高い。
「オネク ベシ」

・お釣りください
「バンティ ディエン」*バンティ=お釣り

・○○ありますか?
「○○アセ?」

移住先の海外在住者や行きたい交流しよう

せかいじゅうサロン」では、海外在住者や日本在住者との交流。情報収集、海外ビジネスのニーズやノウハウのリサーチ等、あなたの目的に利用しよう。

道案内の時に使えるフレーズ

バングラデシュでよく現地の足として使うリキシャやUberのドライバーなどは、行き先の場所をよくわかっていない場合が多いです。

そのため、一番良いのはGoogle Mapなどで自分であらかじめ場所を把握しながら、道案内をすることです。

・〇〇へ行ってください。
「〇〇テジャン」

・右(左)へ曲がってください。
「ダン(バン) ディケ テジャン」

・ここに止まってください。
「エカネ タメン」

・少し前へ(後ろへ)。
「エクト シャムネ(ピチョネ)」

・気をつけて!
「シャブダネ!」

・ゆっくり
「アステ」

・早く
「タラタリ」

疑問詞。使い勝手は抜群!

何にでも使える、カタコトに言っても十分意味が通じる疑問詞は、使い勝手抜群です。ぜひ覚えておきましょう。

・ 何?
「キ?」

・どこ?
「コタイ?」

・いつ?
「コベ?」

・なぜ?
「ケノ?」

・誰?
「ケ?」

・どうやって?
「キバべ」
例:どうやって学校まで行きますか?「アプニ キバべ スクレ ジャン?」

その他便利な単語

<時間帯>

・朝
「ショカル」

・昼
「ドゥプル」

・夕方
「ビカル」

・夜
「ラト」

<家族の呼び名>

・私
「アミ」

・妻
「ボウ」

・旦那
「シャミ」

・父
「ババ」

・母
「マ」

・姉妹
「ボン」

・兄弟
「バイ」
兄だと「ボロ バイ」、弟だと「チョット バイ」と言います。「チョット(小さい)」は日本の言葉と一緒ですね。

・父方の叔父
「チャチャ」「カカ」

・母方の叔父
「ママ」

叔父さんだけでなく、年上の男性であれば、店の店員やリキシャのドライバー、知り合いの男性などにも使えます。

英語の「アンクル(uncle)」でも十分意味が通じますよ。

・年上の女性
「アパ」

・同い年から年下の男性
「バイ」
バイも、若目の年の店の店員やリキシャのドライバーに自然と使える呼び名です。

ベンガル語のおすすめ学習法

他にもベンガル語をもっと学びたい!と思った際は、竹内僚さんの「バングラ人もびっくり-超簡単ベンガル語学習-」がオススメです。難しいベンガル語表記はなく、全てカタカナで学べるため、初心者向けには頭に入って来やすいです。

表紙には「滞在日数1日〜3ヶ月程度」とあるのですが、在住歴3年を超える筆者にも十分な情報量です。(笑)

ここで紹介したベンガル語を覚えるだけで、バングラデシュの日常生活ではそこまで困らないはずです!

オススメしたい学習法は『音声講座』

また、アマゾンの本を音声で聴くサービスもオススメです。

語学を上達させるためにおすすめは、Amazonオーディブルで勉強する方法です。(月額1,500円)

アマゾンの本を音声で聴くサービスです。

「本を読むのは苦手・・」
「本とノートを出して、学習する時間が・・」
「通勤や運転中など、耳から学びたい・・」

という方にオススメです、

本や教材と向き合うのではなく、通勤時間の電車や車で、音声コンテンツで学び、ヒアリングや発音をして、効率的に学べます。

オーディオブックには

  • Eurotalk リズム ベンガル語

等、耳で学べるコンテンツが配信されています。

月1500円で、月に1コイン配布され、それで音声コンテンツを購入でき、その他の購入は30%割引です。もちろん、その他のカテゴリ、ベストセラーから名作、ビジネス、自己啓発、小説、洋書など、海外コンテンツと国内コンテンツを合わせ、40万タイトル以上が音声で楽しめます。

新規のオーディブル会員なら30日間無料で試せますので、やってみない手はありません。

アマゾンオーディブルはこちら

ぜひ、ここで紹介したフレーズを少しずつ使ってみましょう。

世界中の日本人が参加する「せかいじゅうサロン」

海外移住コミュニティ

世界へ広がる海外移住コミュニティ

世界中の日本人同士が繋がり、情報提供したり、チャレンジしたり、互助できるコミュニティ「せかいじゅうサロン」

参加無料。気軽に繋がってください。(2021年2月時点:参加者1400名超えました)

世界中を目指すメンバー集まれ!

海外在住の方もぜひ参加ください。こちらからご応募ください。