クロアチアの携帯・SIMカード利用方法をわかりやすく解説

クロアチアの携帯・SIMカード利用方法をわかりやすく解説

クロアチアでは一般的にプリペイド式の携帯電話が主流です。

維持費も日本と比べるとびっくりするくらいお安いです。

日本と同じ様な契約方法、いわゆるポストペイド式の契約方法もありますが、あまり個人で契約する人は少なく、プリペイド式の方がお手頃、簡単ということもあり、今回はこちらを紹介しようと思います。

携帯電話・スマートフォン本体購入

<現地で購入する際>

代表的な各キャリアのショップ( tele2… T-mobile… A1… など)はもちろん、日本と同様、電気屋さんなどで購入可能です。

大きなショッピングモールには、いずれかのキャリアショップが入っています。

<自身の携帯、スマホを持参の場合>

SIMフリーの本体であれば、SIMカードを購入すればすぐに使えます。

ただし、日本からのキャリアSIMロック解除済みのスマートフォンは注意が必要です。

日本の各キャリアSIMロック解除済みでもクロアチアのSIMカードに対応しない場合があります。事前に確認することが必要です。

世界中の日本人と繋がるコミュニティ

人生が世界へ広がるコミュニティ「せかいじゅうサロン(無料)」へ招待します

人脈ネットワークの構築、情報収集、新しいことへのチャレンジと出会いが待っています

クロアチアの3つのキャリア

プリペイド式キャリアの中でも最もお手頃で、代表的なキャリアは以下の三つです。

  • tele2
  • tomato
  • bonbon

これらのキャリアの値段設定は大きな差はなく、同じ様な金額帯です。

<tele2 の場合 >

50 〜 70 kn ( 800〜1,100円 )2,000分の通話、2,000 SMS、6GBのインターネットなどが付いてきます。

SIMカードの購入方法

どのキャリアもSIMカード自体の値段は10kn〜20kn ( 160〜320円程 ) で購入できます。

最初にSIMカードを購入する際、同じキャリアのバウチャーも一緒に購入します。(バウチャーについては次の項で解説します)

購入場所は各キャリアのショップはもちろん各キャリアのウェブサイト、スーパーマーケット、キオスク、ガソリンスタンドでも購入できます。

ただし、これらの購入場所は日本と違い店頭には並んでいないのでレジまで行き、直接口頭で伝えて購入します。

その際の「 SIMカードをください」は、「 Može li SIM kartica? ( モジェリ シム カルティツァ)」と言います。

無事に購入ができたら、SIMを差し込めばすぐに使える状態です。

また、驚くことにほぼどのキャリアもSIMカードに有効期限はなく、無期限でいつまででも使えます。

キャリア 料金
tele2 20kn ( 320円程 )
tomato 20kn ( 320円程 )
bonbon 10kn ( 160円程 )

 

移住先の海外在住者や行きたい交流しよう

せかいじゅうサロン」では、海外在住者や日本在住者との交流。情報収集、海外ビジネスのニーズやノウハウのリサーチ等、あなたの目的に利用しよう。

バウチャー購入方法・チャージ方法

バウチャーとは

いわゆる日本のコンビニエンスストアなどで販売されているような金券、ギフトカードといったようなものです。例えば、コンビニでよく見かける iTunes ¥2,000、Amazon ¥1,000 …. などといったような、まさしくあのカードのことです。

その携帯電話の各キャリアの欲しい金額分を伝えて購入するわけです。

購入方法、購入場所は、SIMカード購入方法とほぼ同様です。

また、クロアチアの銀行口座があれば、銀行によってはその銀行アプリからでも購入可能です。

<お店等でバウチャーを購入する場合 >

スーパーやキオスクなど、レジにて口頭で伝えてバウチャーを購入する際は、欲しい分だけの金額、キャリアを伝え購入します。

クロアチア語では
「 Može li voucher? (モジェリ ヴァウツェ(ル))」
でバウチャーをください、となります。

ちなみに、バウチャーはクロアチア語でもバウチャーですが発音が異なるので購入する際は気をつけてください。日本人からすると難しい発音なのでもし英語が通じる人だったら

「 Can I have voucher ? 」と聞いた方が無難かもしれません。

クロアチアでは若い世代を中心に、ものすごく英語が上手なので英語の方が逆に通じやすかったりします。

バウチャーの金額は、基本的には 50kn/ 100kn/ 200kn、から選びます。

クロアチア語でこれらの値段を伝え方は、

  • 50kn = ペッ•デセットクナ
  • 100kn = ストクナ
  • 200kn = ドゥヴィヤェストクナ

一般的には50kn・100knで思う存分使っても1ヶ月は持ちます。

また、スーパーマーケットやキオスクでなどで、口頭で伝えて購入する場合は、日本の様な綺麗なカードタイプではなくペラペラの白いレシート用紙みたな紙を渡されますが、それでもれっきとしたバウチャーなので安心してください。

<無事にバウチャーを購入したら>

渡された紙にはに太字で大きく連番が記載されています。

その記載されている連番を携帯・スマホ通話画面を表示し、連番を入力、電話します。電話すると言ってもオペレーターなどが電話に出るわけではなく、発信ボタンを押した後に 画面に残高金額が表示される様になっています。

これでプリペイド式携帯電話のセットアップは完了です。

bonbonの場合↓

本物は連番表示されています

<銀行口座アプリから購入する場合>

クロアチアには様々な銀行がありますが、今回は代表的な”ERSTE”という銀行からの口座アプリ英語バージョンを例にしてバウチャー購入方法をご紹介します。

  1. ERSTE のアプリを開いて”MENU”を選択
  2. MENUの中から”GSM voucher” を選択
  3. 右上角にある” + “を選択
  4. そうすると様々なキャリア名、金額の選択画面が出てくるので自身のキャリア、バウ チャー金額を選択
  5. キャリア、金額が正しいか確認したら”CONFIRM “を選択
  6. その後、詳細画面に切り替わり、次に”Copy Activation Code”を選択
    ( Copy Activation Code を選択した時点でバウチャーの連番が携帯本体にコピーされ ています)
  7. 携帯の電話発信画面に切り替え、番号をペーストし電話発信
  8. 画面に購入した金額が表示されれば無事に購入したバウチャーが投入されています。

電話発信後にこのような画面が表示されます。

店舗で購入したレシート用紙でも同じです

今回は金額 16.50knを選んだので画面には その金額が表示されています。

キャリア tele2 ・ERSTE 銀行アプリの場合

16.50kn / 27.50kn /55.00kn / 110.00kn /220.00kn、から選べるようになっています。

<バウチャーの有効期限>

有効期限は一般的にはどのキャリアもほぼ3ヶ月です。バウチャーを投入後、上記の画面が表示されたら、下の方に一緒に有効期限も記載されています。

バウチャーの残高確認方法

残高確認方法も簡単です。

携帯の通話画面から以下の番号を入力、発信して確認します。

発信後、画面に残高金額が表示される仕組みになっています。

キャリア 番号
tele2 *130#
tomato *101#
bonbon *100#

 

<残高が少なくなってきたら>

残高が少なくなってきたらキャリアからSMSでメッセージが送られてきます。

そしたらまた店舗や銀行アプリなどからバウチャーを購入し、同じ方法で金額をチャージします。

クロアチアでの携帯、SIM利用方法まとめ

  • プリペイド式の代表的なキャリア … tele2, tomato, bonbon
  • SIMカード .….. 10kn〜20kn ( 160〜320円 ) ・無期限
  • バウチャー …… 50kn/100kn/200kn/ ・金額に関わらず有効期限はほぼ3ヶ月 ( 50kn/100kn チャージすれば一般的には1カ月前後は持ちます )
  • チャージ方法 ….. バウチャーの紙に記載されている連番を通話画面に入力、発信
  • 残高の確認方法 …..各キャリアの残高確認用番号に電話発信、その後画面に残高が表示される

またEU圏内でしたら長期の旅行など行ってもそのまま同じ金額で使う事ができます。

日本のように後々、膨大な請求額が来ることもありません。

最初はプリペイド式は自身でチャージしないといけないので多少面倒ですが、慣れてしまえば使いすぎも防ぎ安心して使えます。

世界中の日本人が参加する「せかいじゅうサロン」

海外移住コミュニティ

世界へ広がる海外移住コミュニティ

世界中の日本人同士が繋がり、情報提供したり、チャレンジしたり、互助できるコミュニティ「せかいじゅうサロン」

参加無料。気軽に繋がってください。(2021年2月時点:参加者1400名超えました)

世界中を目指すメンバー集まれ!

海外在住の方もぜひ参加ください。こちらからご応募ください。