エジプトの治安は危険?快適生活を送るための安全対策と情報

エジプト周辺国の現状が戦争状態の為に、エジプトも混乱に巻き込まれているのと思う人も多いでしょう。

しかし、日中暑いので夜型生活の国です。

女性の夜の一人歩きも問題ありません。日々新しい道路が伸び、歴史的建造物の整備などが行われています。

【エジプトの関連記事はこちら】

↑エジプト滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

日本でしておくべき安全対策

外務省の危険情報は常に確認しておきましょう。日本国が「危険」としている地域には行かないことです。

「エジプト入りすると、何でここが危険なの?」と思う事もあると思いますが、行く前は未知の国です。自分の目で確かめる前に、自己判断は危険です。

保険会社と相談して、自分の日程にあった保険に入っておくことをお勧めします。滞在期間が決まっていない場合でも、保険会社によっては対応するプランがあります。

エジプトは日差しが強く、イスラムの国です。

日本の日焼け防止衣類は気候面だけでなく、肌を露出しない前提の国では非常に有効です。

体にフィットする服を着ることは、自分に安心感も与えます。痴漢にも会いづらくなります。

在日本大使館に在住者登録をしましょう。大使館のサイトから登録でき、危険情報やデモ情報がメールで送られてきます。

世界中の日本人と繋がるコミュニティ

人生が世界へ広がるコミュニティ「せかいじゅうサロン(無料)」へ招待します

人脈ネットワークの構築、情報収集、新しいことへのチャレンジと出会いが待っています

エジプトのどこが危険か?

どこが危険で危険じゃないかを言うのは難しいです。「日本を旅したいけど地震は絶対こない?」と聞かれても答えようがないのと同じです。

外務省の危険情報をチェックして、危険度の高いところを避けるのが賢明です。

シナイ半島は、レベル3で渡航中止勧告が出ています。ただし紅海沿岸のシャルム・アル・シェイクやダハブはレベル1の十分注意してくださいになっていて行かれます。

空路で行くことが前提になっていますが、在住邦人の中には、バスでレベル3地域を通って行く人もいます。こうした行動は、現地情報をアラビア語等で確認できる人にのみ可能です。

テロで狙われやすいのは、軍等の政府機関や警官等です。

行動半径にこうした施設がある場合は避けるに越したことはありません。またミニバス等で乗車しているのがほとんど警官の場合は別のバスに乗りましょう。

停滞する日本ではなく、成長する世界へ転職する方法

日本人には世界中どこでも働くチャンスがある。海外で働くはじめの一歩のノウハウと準備方法をプレゼントします

世界で働く新しいオプションを手に入れる

治安が悪いから警官が多い?

egypt-safe01

警察や軍はいたるところにいるので、そういう映像を日本で見ると、物騒なのではと思われるでしょう。実際には彼らが沢山いることで治安は維持されています。

「腐っても警察」とエジプト人は言いますが、彼らのいる所でスリや痴漢等犯罪行為はしづらいものです。

喧嘩が起きてもすぐ仲裁に入りますし、事故等が起きてもすぐ救急車が手配されます。相次ぐ爆弾事件を境に、繁華街では路上駐車が禁止になりました。

国は常に危機回避に取り組んでいます。

治安悪化は外国人が原因?

私たちはとかく自分の常識で行動しがちです。しかし郷に入りては郷に従えでないと、エジプトでは自ら危険に飛び込んでしまうことがあります。

egypt-safe04

女性だけでなく、男性も基本的にイスラムでは肌の露出を良しとしません

日本の感覚で服装を選ぶと肌の露出が高くなりがちです。どうしても日本と同じような服装でいたい場合は、外国人が多く住む地域に住む事です。そこにいるエジプト人は外国人とはそういうものだと思っているので、問題は起きにくいです。

しかし家賃を抑えたい、異文化体験をしたい等の理由で、外国人のいない地区に行ったり、住むのは注意が必要です。

住民が外国人に慣れていないからです。肌を露出して闊歩したり、飲酒や婚姻関係のない異性間の付き合いが、自分たちの子供の目に触れると教育上悪影響を及ぼすと考えています。

言葉が通じない彼らは時に非常に判りやすい、石を投げるという行為で意思表示をします。大人がすれば子供も当然真似します。そうなると、外国人は「この地域は治安が悪い」と感じるわけですが、原因は自分にあるかもしれません。

安全はお金である程度買える国

日本人は階級社会というものに慣れていない上に、いつでも誰でもどこでも同じようなサービスが受けられるのが当然だと思っている節があります。

エジプトは1日の生活費が200円で一家が暮らす家もあれば、50万円使える一家もあり、この人達の接点は無きに等しいです

貧しい人は貧しい地域で暮らし、その地域に見合った物価で物を買って生活しています。富裕層地区は、すべてのものが高く設定され、税金もかかってきます生活レベルが同程度の人たちのところで問題は起きにくいです。

乗り物は何が安全か?

タクシーにはいくつか種類があります。

ロンドンタクシーや旅行代理店の車、女性専用ピンクタクシー等は高いですが安心安全です。

エジプトの流しのタクシーは比較的安心して乗れます。悪い運転手もいますが、その殆どはお金を沢山あげることで解決がつきます。

日本人は電車やバスが好きですが、公共の乗り物は庶民の足です。

地下鉄や大型バスは新型車両がどんどん導入されているので、乗りやすくなりました。地下鉄に乗る時、女性は一本遅らせてでも、女性車両に必ず乗るようにしましょう。

女性車両といえども油断は禁物、女スリもいます。

大型バスはバスによって金額が1~2.5ポンドまで様々です。

高いバスはその金額を払える客層が乗っていることが多いです。

差別するわけではありませんが、日本人は隣にみすぼらしい人が来ると、つい体を固くしてしまうものです。そうしたことから生まれる隙によりスリにあうことがあります

きちんとした格好でバックをしっかり持っていれば、電車もバスも居眠りしていてもさして問題はないです。

写真はエジプト人も大好き!

珍しいものがあればカメラを向けたくなるのはエジプト人も同じです。

egypt-safe02

イスラムの国だから写真は嫌がれるかといえばそんなことはありません。

しかし、私たちも歩いている時に急にカメラを向けられたり、自分の家の庭先を断りもなく撮られたらどうでしょうか?気分はよくないですよね。

それはエジプト人も同じです。

エジプトは軍や政府機関の建物や警官などの写真を撮ることを禁止しています。雑居ビルの一角に政府機関の施設が入っていても、私たちには判りません。

素敵な古い建物を撮ろうとすると職務質問にあったり、「No photo」と言われることがあります。

そういう時は素直に従いましょう

これも治安維持のために政府がとっている行動です。

誰がスパイで観光客かはわからないからです。

外国人はマリー・アントワネットになりやすい

「エジプトに来ている」それだけで、貧しい人達にとって、私たちはお金持ちです。

銀行に口座もない、カードも作れない。自分の生まれ育った村から出ることも殆どない人もいます。

彼らから見ると日本人はとても恵まれています。

羨望は妬みの裏返しになりやすいです。珍しいもの見たさに、村の中に入っていったり、民家に呼ばれることもあるでしょう。しかしそれは時にとても危険です。

きれいなものに触れてみたいのは、誰しも同じです。そこで「触られた」と言っても文句が言えません。

何故ならエジプト人であれば階級の違う人達に近づくことがないので問題は起きませんが、私たちは「自ら」そこに入っていったのですから、かわいい仔犬に触れるように触られても仕方がないのです。

私たちは無造作にいろんなものを持っています。

キーホルダーやアクセサリー等装飾品だらけです。お金も日本の感覚で持っています。幼い頃、よその家の木の実を取ったことがありませんか?花を摘んだことはありませんか?

「日本人は沢山何でも持っている。一個くらいもらったっていいよね。お金だって沢山持ってる。ちょっとくらいもらってもいいよね」教育も十分に受けていない人達の中には、そういう風に考える人も少なくありません。

日本人には全く理解できないことですが、こうしたことはよく起こります。

そして被害者は「この村は治安が悪い」と言います。

自分と同じ階級でないところに行くと言うことは、異なる常識の中に踏み込むことです。

「自分は金持ちだ」と思って歩いている日本人はまずいないでしょう。

しかしエジプトでは、恵まれた国日本からやってきたことを決して忘れてはいけません。私たちはいつでもマリー・アントワネットになり、問題を引き起こす原因になりかねないことを意識していなければなりません。

最後に

  • 外務省の危険情報は常に確認し、危険と言われているところには行かない。
  • 日焼け対策も兼ねて、肌の露出を抑えた服装にすると好意的に見られる。
  • 日本の常識を持ち込まない。
  • お金で買える安全は迷わず買う!

エジプトでは買える安全はお金で買って快適に暮らせます。

外国人が多い地区で暮らし始め、環境に慣れてきたら、徐々に自分にあったエジプト生活に移行していくことが大事です。

エジプト人は陽気で良い人達です。とてもフレンドリーです。

治安はそこで暮らす人たちの総合理解があって保たれるということを忘れないようにしたいものです。

【エジプトの関連記事はこちら】

↑エジプト滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去の記事一覧はこちら

世界中の日本人が参加する「せかいじゅうサロン」

海外移住コミュニティ

世界へ広がる海外移住コミュニティ

世界中の日本人同士が繋がり、情報提供したり、チャレンジしたり、互助できるコミュニティ「せかいじゅうサロン」

参加無料。気軽に繋がってください。(2022年6月時点:参加者3600名超えました)

世界中を目指すメンバー集まれ!

海外移住最短の道「海外転職」。世界で幸せに働くというオプションを手に入れよう”

せかいじゅうキャリア

せかいじゅうのコンセプトは
海外移住への無数の選択肢と可能性を提供すること

それを可能にする「海外企業への就職」

人生一度きり。毎日ワクワク、ドキドキする日常に変えてみよう!世界で働くという扉を開いてみたい方は↓