刺激的な人生!エジプト移住が魅力的な10の理由

海外移住を考えた時に思いつくのは、物価が安く日本からも近い東南アジア、はたまた文化・教育面ではヨーロッパなどではないでしょうか。

でも日本人がまだまだ知らない魅力的な移住地はたくさんあります。

エジプトはその中でもダントツにおすすめ。

その理由をエジプト在住者からお届けします。

【エジプトの関連記事はこちら】

↑エジプト滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去のこ記事一覧はちら

【NEW】せかいじゅうイベント情報

せかいじゅうNight マレーシア 9/16(祝日)at Tokyoに参加しませんか?

マレーシア居住者とのトークイベント&世界を目指す仲間を見つけよう♪お席は先着順!イベント詳細はこちら

1.遺跡見学が気軽にできる

エジプトと言えばピラミッド

壮大で個性的な古代エジプトの遺跡は、世界中の誰もが一生に一度は訪れたいと願う場所です。

三大ピラミッドやスフィンクス、ルクソールの王家の谷など、エジプトに来れば必ず見学する遺跡です。

しかし、エジプトにはこの他にも無数と言っていいほどの遺跡が存在します。

カイロだけでも訪れるべき遺跡・史跡・博物館など、数えればきりがありません。

短期の旅行ではいけないような場所にも長期滞在者であればアクセス可能。

ツタンカーメンの黄金のマスクを休みのたびに鑑賞する、といったことも、長期滞在者ならではの特権

季節のよい時期を狙って各遺跡を訪れ、好きなだけじっくり遺跡を堪能できるのは、移住者にしかできない楽しみです。

スポンサーリンク

2.エジプトは物価が安い!

移住となり、生活をしていくとなるとやはり気になるのはエジプトでの物価ではないでしょうか?

でも心配はいりません。

エジプトはまだまだ物価が安い国の一つなのです。

  • 野菜は地元の市場で買えば1キロ30円
  • 鶏肉は1キロ350円
  • 地下鉄は1回の乗車で12円

ほどです。

アパートは中流層が住む場所で、家具付き、100平米以上の物件が30,000円前後で見つかるでしょう

運転手や家政婦などは、ひと月20,000円程度で雇うことが可能です。

もちろん全てのものが安いわけではなく、日本より割高なものもあります。

日本と同等のクオリティーの生活にこだわるなら高くつきますが、おおむね日本よりはかなり安く生活できるはずです。

・エジプトの物価関連記事はこちら

エジプトの物価情報。ゴージャス生活も質素生活も自由に選ぼう

スポンサーリンク

3.意外!?カイロは過ごしやすい気候

年中灼熱地獄の砂漠のイメージがあるエジプト。

意外かもしれませんが、エジプト、特にカイロは過ごしやすい気候です。

夏はもちろん暑いですが、最高でも40度、湿度は日本より低く、思ったよりも過ごしやすい印象です。

冬は厚手の上着が必要ですが、最低気温は10度前後

凍死するレベルの冷え込みには至りません。暖房費もそれほど気になりません。

雨はほとんど降らず、毎日の天気予報に頭を悩ませる心配は皆無と言っていいほどです。ただし、春先には砂嵐が起こることがあります。

せかいじゅうで大人のホームステイをしよう

海外在住の日本人宅のホームステイしませんか?

旅行ではできない現地生活・文化を体験できます。「人生一度きり。日本しか知らないのは勿体ない」ワクワクする事、心が穏やかになる国・街がある。世界中のホストがお待ちしています♪旅行ではなく、世界の日常を経験したい方はこちら

4.ほどよい日本人コミュニティー

エジプトに長期滞在している日本人は約1,000名。多くが首都カイロに滞在しています。

さほど多くはないので、日本食材店はなく、日本人が満足するレベルの日本料理レストランなどは非常に少ないのが現状です。

しかし、コミュニティーレベルの交流は盛んで、スポーツ同好会、趣味の習い事などは豊富にあります

日本の食材などを定期的に販売するグループもあり、思わぬ日本食材が手に入ることも珍しくありません。

日本人会の活動も盛んで、小規模ですが日本の本の貸出しを行っている図書室もあります。

世界には、海外に移住しても日本語のみで、日本と変わりない生活ができる都市も多く、それは非常に便利なのですが、やはりせっかく外国に暮らすならその土地の情緒に浸ってみたいもの。

エジプトはまさにちょうどよい規模の日本人コミュニティーなのです

スポンサーリンク

5.英語が通じる

エジプトの公用語はアラビア語。

クネクネ曲がった文字で、最初は一つの文字を認識するのにも苦労するほどです。

少し勉強したぐらいでは、使い物にならないものです。

しかし、エジプトは英語が比較的通じるので、心配はないでしょう。

観光業が主な収入源というお国柄、英語に対する壁を感じない人が多く、少し余裕のある家庭でも子供のころから英語で教育を受けていることは珍しくはありません。

スーパーなどに置いてある大量生産品も、英語が併記してある場合が多く、買い物もさほど難しくはないでしょう。

まずは英語の基礎があれば暮らしていけるでしょう。

・現地語の関連記事はこちら

エジプト滞在に重宝する!アラビア語フレーズ30選

教育面が充実 インターナショナル校は充実

エジプトの社会問題の一つとして、教育が挙げられますが、一方で各国のインターナショナル校が充実しているのがエジプトです
カイロにはアメリカ、イギリスなどのインターナショナルスクール、日本人学校があり、それぞれの進路に合わせて充実した教育を受けさせることが可能です。

大人でも趣味の習い事から、本格的な勉強など、多くの機会があります。

個人教授をつけた場合でも、ほとんどの場合日本より安く勉強できるので、学習意欲がある人にはうってつけの環境です。

スポンサーリンク

治安は悪くない

こちらも意外ではないでしょうか?確かにテロ事件も発生しており、最低限の注意や情報収集は必要です。

しかし、報道されるようなテロ事件が日常生活に影響することはほとんどありません。

イスラムという宗教のおかけが、警察が強いお国柄なのか、理由は一つではないですが、殺人・強盗などの凶悪犯罪のニュースが連日あるということは少ないです。

基本的なことに注意していれば、犯罪に巻き込まれることは少ないはずです。

ただし犯罪がゼロというわけではありません。

ひったくり、空き巣などの軽犯罪は少なくありません。

・エジプト治安事情の関連記事

世界各国のビザ、不動産エージェントの提携企業を募集しています

ビザ取得、不動産取得、法人設立など、日本人向けの海外移住・投資をする方のサポートをしている企業様へ

せかいじゅうは日本最大級の海外移住情報メディアです。このせかいじゅうを利用される海外移住希望者のサポートをしてみませんか?

主にビザ、不動産のエージェント企業様の応募をお待ちしています。せかいじゅう提携パートナーとして、ご協力ください。

ABOUTこの記事をかいた人

せかいじゅう編集部

せかいじゅう編集部です。海外で暮らすために大切な情報を集め、皆様にお届けいたします。「こんな記事が欲しい!」などあれば、お気軽にご連絡ください。