ベナンの食文化とは?主食や一般家庭料理、おやつを紹介

ベナンの食文化

西アフリカに位置するベナン共和国。

左はトーゴ、右はナイジェリアの間にあるこの国ではどんな食文化があるのでしょうか。

ここではベナン共和国の主食や一般料理などの紹介をしたいと思います。

ベナン共和国の主食

① パッド、アカサ

パッド、アカサ

パッド、アカサ

トウモロコシやヤムイモの粉を餅状にしたものです。

触感はもちもちというわけではありませんが柔らかいです。

パットには白(プレーン)、赤(トマト入り)、黒(炭入り)の3種類があり、定番なのは白で他のパットはあまり見かけません。

アカサ

アカサ

アカサはパットと似ていますが、発酵させて作られるため少し酸味があります。苦手な人も多いかもしれません。

② 米

長細いお米が一般的です。日本のお米とは違い、結構パラパラしています。

③ パスタ

パスタ

パスタ

かなり短く折られていて、柔らかめにゆでられています。

パスタはお米と一緒にピリ辛のトマトソースと混ぜて食べることが多いです。

④ フランスパン

フランスの植民地であったことから、フランスパンが多く出回っています。

朝ごはんや軽食で食べられることが多いです。

世界中の日本人と繋がるコミュニティ

人生が世界へ広がるコミュニティ「せかいじゅうサロン(無料)」へ招待します

人脈ネットワークの構築、情報収集、新しいことへのチャレンジと出会いが待っています

一般的なベナン料理一覧

① パット、アカサ

ソース副菜と一緒に食べます。

<代表的なソース>

  • トマトソース:
    かなり辛いです。トマトがメインで、玉ねぎや唐辛子、にんにくと一緒に煮て作られます。
  • モロヘイヤソース(クレンクレン):
    モロヘイヤを細かくきざみ、とろみをだしてソースにします。辛さはなく食べやすいです。
  • 豆ソース(アボボ):
    ひよこ豆やひよこ豆より少し小さい豆を唐辛子やトマトと一緒に煮て作られます。

② 米

ソースをかけて食べることが多いです。

☆代表的なソース

トマトソース

③リオグラ

ケチャップライスのような感じですが、結構辛さがあります。

焼き魚やゆでたまごと一緒に食べるのがおすすめです。

リオグラ

リオグラ

④アタシ

日本のお赤飯に似ています。

小豆のようなものと一緒に炊いたご飯と辛みそのようなソースを混ぜて食べます。

日本人の口に馴染む味です。

アタシ

アタシ

⑤ フランスパン

下記の具をはさんで食べます。

  • ドゥジュ:トマト、玉ねぎ、にんにくを炒めてコンソメキューブで味付けたソース
  • たまご炒め:たまご、玉ねぎ、にんにくを炒めて塩で味付けたもの
  • いわしと玉ねぎの炒め物:サーディン缶のいわしと玉ねぎを炒めたもの
  • アボカドと刻み玉ねぎソース

⑥ その他ベナン料理

・アチェケ

キャッサバから作られているつぶつぶした食べ物。それに先ほどのドゥジュをかけたりマヨネーズソースをかけて食べます。付け合わせで、きざみたまねぎと揚げバナナや焼き魚を一緒に食べると絶品です。

アチェケ

アチェケ

・イニャムピレ

ヤムイモを餅状にしたもの。パッドやアカサよりもふわふわでもちもちしています。ヤムイモの産地である北部に行くほど新鮮なため、おいしくなります。イニャムピレにはピーナッツソースをつけて食べることが多いです。

イニャムピレ

イニャムピレ

・アリコ

ガリというキャッサバを粉状にして乾燥させたものと油で豆を煮たソースを一緒に食べる

・パテ

ブイーという飲み物と一緒に朝食として食べる人が多いです。パテの中には少しだけたまねぎが入っていて、揚げパンのようになっています。

ブイーはトウモロコシの粉やきなこをお湯に溶かしたおかゆのようなものでレモングラス風味のものもあります。基本的に砂糖を入れて飲みます。

パテ

パテ

まだまだベナン料理はたくさんあるので、ぜひ現地で探してみてください。

ベナンのおやつ

① クリクリ

ビスケット生地を棒状にして固くした感じのもの。かなりかたいので、食べる時は歯が折れないように気をつけましょう。

② ドコ

揚げパンと揚げドーナツの間のようなもので、ほんのり甘いです。先ほどのブイーやパテと一緒に食べて朝食代わりにする人もいます。

ドコ

ドコ

③ アブロ

トウモロコシの粉でできた蒸しパンで、少し酸味のある甘酒のような味がします。

アブロ

アブロ

④ アッパングラッセ

トウモロコシの粉や粉ミルクでつくられたもので、砂糖と氷を入れて食べます。粉っぽい飲むヨーグルトのような感じです。

アッパングラッセ

アッパングラッセ

⑤ ファンミルク

街中で歩き売りされているアイスで、いちごやチョコ、ヨーグルト風味など様々な味があります。

ベナン料理は基本20円~100円程度で食べることができるので、現地に行ったら食べ歩きしても楽しいかもしれません。

ただほとんど辛いので胃腸が弱い方は注意が必要です。

ベナン料理の食べ方やマナー

首都近郊での食事では基本フォークやスプーンを用意してくれます。

しかしローカルな所へ行くと言わないと出てこない所もあるので、注意が必要です。ローカルなベナン人は基本的に右手の親指・人差し指・中指の3本指を使って食べます。

熱々な料理でも気にせず手で食べているので驚きます。

手で食べたいという方で食べ方が分からない方は、現地のベナン人に聞くと丁寧に教えてもらえますのでトライしてみてはいかがでしょうか。

世界中の日本人が参加する「せかいじゅうサロン」

海外移住コミュニティ

世界へ広がる海外移住コミュニティ

世界中の日本人同士が繋がり、情報提供したり、チャレンジしたり、互助できるコミュニティ「せかいじゅうサロン」

参加無料。気軽に繋がってください。(2021年2月時点:参加者1400名超えました)

世界中を目指すメンバー集まれ!

海外在住の方もぜひ参加ください。こちらからご応募ください。

世界中を仕事場にできるスキルアップ講座がスタートします!”

せかいじゅうの学校

せかいじゅうのコンセプトは
海外への無数の選択肢と可能性を提供すること

それを可能にするスキルと職業を手に入れませんか?

参加は無料。地球が仕事場となるコミュニティに参加しよう!詳しくは↓