ベルギーの生活費と物価を大公開!(ブリュッセル・一人暮らし編)

今回ご紹介するのは、ベルギーのブリュッセルの生活費

実際の現地の生活費と物価を知れば、いくら貯金が必要かなどイメージしやすくなりますよね。

ベルギーの生活費が分からず不安な方、これからブリュッセルに滞在する方へ、ベルギー在住者からお届けしますので、ぜひ参考にしてください。

【ベルギーの関連記事はこちら】

↑ベルギー滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去のベルギーの記事一覧はこちら

ベルギー・ブリュッセルの家賃や光熱費はいくら?

はじめにお伝えするのが、ブリュッセルの家賃や光熱費。

どちらも長期滞在するには必要な出費となりますが、それぞれどのくらいかかるのかチェックしていきましょう。

ブリュッセルの家賃はどれくらい?

これは日本の場合と同じく、1人で住むのか誰かとシェアするのか、もしくは家族で住むのかで家賃が変わってくるといえます。

家賃の目安として、下記を参考してください。

物件の種類家賃
1人暮らし用のアパート€700〜1,000/月
シェアハウス€400〜700/月
家族向けのアパート€1,000〜1,500/月

こうしてみると東京の家賃と変わりはありませんが、同じ値段でもベルギーの方が広いアパートを借りられます。

光熱費はどれくらい?

家賃にプラスして、月々光熱費や水道代がかかります。

光熱費や水道代ですが、こちらも毎日料理をするのか、お風呂に入るのかなど、どんなライフスタイルを送るかで異なってきますが、合わせて
100〜150€/月くらいかかる
といっていいでしょう。

スポンサーリンク

ブリュッセルの通信費はいくら?

ブリュッセルの家賃や光熱費についてお伝えしたところで、次にインターネット代やスマホの代金についてご説明していきます。

インターネット代はどれくらい?

インターネットは契約内容によって料金が違ってきますが
約30〜70€/月
かかります。

ネット回線だけなのか、それとも固定電話番号も含まれるのかでもプランは変わってくるので、現地の業者と相談して決めていきましょう。

スマホ代はどれくらい?

次にスマホの代金について、こちらも契約内容によって料金が異なりますが、最近はSIMフリーのスマホを使って使用料金を抑えるのが、ブリュッセルでも主流のようです。

プリベイド式のSIMカードを使った場合、インターネットを1GB/月使えるプランだと、
約10〜15€/月
かかります。

この料金の中にベルギー内無料のSMSや、120分ほどの無料通話分が含まれているのが一般的です。

SIMフリーのスマホは料金が抑えられるほか、契約期間がないのもメリットとして挙げられます。

そのためブリュッセルの滞在期間が長いものの、いつ帰るかはっきり分からずスマホの契約を現地でしたくない方にも、SIMフリーのスマホはおすすめです。

スポンサーリンク

ベルギーの食費は高い?安い?

次にお伝えするのが、ブリュッセルで実際にかかる食費。

これもどんなライフスタイルを送るかで差が出てきますが、自炊した場合の食費はだいたい
1人150〜200€
かかります。

何にどれくらいかかるかというと、例えばベルギー人の主食となるパンは、ベーカリーでは

食品物価
バゲット2 €
クロワッサン1〜2 €
パンオショコラ1〜2 €

ほどで売られています。

スーパーではクロワッサンやパンオショコラが1€以下で販売されているので、もう少し安く購入できます。

また、野菜や果物のおおよその値段について、写真はベルギーのDELHAIZE(デレーズ)というスーパーで購入した野菜ですが、下記値段で購入しました。

ベルギーの玉ねぎ、人参、なす、ズッキーニ

ベルギーの玉ねぎ、人参、なす、ズッキーニ

食品物価
玉ねぎ (小ぶり2個)0.10 €
人参 (1本)0.10 €
なす (1個)0.55 €
ズッキーニ0.60 €

果物や果物は、こちらでは安く買えます。

さらにDELHAIZEオリジナルブランドの商品は、比較的安い値段で売られているので、節約したい方におすすめです。

写真は筆者が買い物したときのレシートですが、DELHAIZEオリジナルブランドの商品を下記値段で購入しました。

ベルギーのレシート

食品物価
バナナ一房(8本)1 €
牛乳(1リットル)0.67 €
ヨーグルト(125g×8個)0.99 €

これだけ見ても、かなり安いですよね。毎日自炊すれば、しっかり節約できるといえるでしょう。

ちなみにベルギーでも、日本の食材は手に入ります

いくらくらいかというと、

日本食材の物価

食品物価
豆腐2〜3€
納豆2〜3€
味噌5〜6€
日本米(5kg)15€

ほどかかります。

わさびや醤油といった調味料も手に入るものの、日本の2〜3倍くらいの値段で売られています。

そのため毎日日本食を作りたいという方は、食費を多めに見積もった方がいいといえるでしょう。

また、ブリュッセルではヘルシー志向の人も多く、オーガニック食材を扱うお店も多々あります。

質がいい分値段も通常のスーパーより高いため、毎日オーガニック食材を使いたいという場合も、食費は多めにかかるといっていいでしょう。

せかいじゅうで大人のホームステイをしよう

海外在住の日本人宅のホームステイしませんか?

旅行ではできない現地生活・文化を体験できます。「人生一度きり。日本しか知らないのは勿体ない」ワクワクする事、心が穏やかになる国・街がある。世界中のホストがお待ちしています♪旅行ではなく、世界の日常を経験したい方はこちら

ベルギーの日用品はいくら?

食材のほか、ブリュッセルの日用品がいくらくらいで売られているかも気になりますよね。

下記いくつか日常生活に必要なものを挙げましたので、参考にしてください。

日用品物価
洗剤2〜3 €
洗濯用洗剤10〜20 €
柔軟剤5〜10 €
歯ブラシ1〜3 €
歯磨き粉1〜3 €
シャンプー・コンディショナー4 €
ボディソープ5 €
カミソリ5〜15 €
化粧水・ローション5〜10 €
トイレットペーパー(6個入り)2 €
生理用品2〜4 €

 

日用品は、だいたい
20€/月
ほど見積もっておきましょう。

ちなみに食材と同じく、スーパーのオリジナルブランドの日用品の方が比較的安く購入できますよ

また、「日本では柔軟剤は使わなかったけど、ブリュッセルでは必要なの?」と疑問に思った方、ブリュッセルの水は硬水なので、柔軟剤なしで洗濯するとバリバリになってしまいます

そのためここでは、柔軟剤は必要不可欠なんです。

スポンサーリンク

外食費は高い?安い?

次に外食ですが、ブリュッセルのカフェやバーの値段は日本と同じ、もしくは安い、レストランは日本と比べるとかなり高いです。

場所によって違いはあるものの、カフェでは

カフェ

メニュー料金
ドリンク2〜4 €
サンドイッチ5 €
ケーキ2〜4 €

 

バーでは、

バー

メニュー料金
ビール3〜4 €
ワイン3〜4 €

前後かかります。

カフェの値段は、日本と大きな違いはありません。

ですがバーでは、日本に比べベルギービールが安く飲めるのは、嬉しいメリットといえるでしょう。

そしてレストランに関しても、お店によって違いはありますが

レストラン

メニュー料金
メインの料理一品15€〜30€
スープ5€
ドリンク5€

メインの料理は値段が高い分量も多いんですが、日本と比べると外食は高いといえます。

そのせいかベルギー人もあまり外食はせず、自炊する人が多いようです。

ブリュッセルの交通費はいくら?

ブリュッセル市内では、電車・トラム・バスが街中を走っています。

ここではこれら市内を走る3つの交通機関が、1つのチケットでまかなえる共通チケットを利用するのが一般的です。

この共通チケットの料金ですが、値段は下記の通り。

チケット料金
1回券2.1 €
1日券7.5 €
回数券(5回)8 €
回数券(10回)14 €

 

ベルギーに長期滞在するのであれば、1回券を使うごとに買うより、5・10回分の回数券を買う方がお得になるのでおすすめです。

特に10回分の回数券は1回券 を10枚買うより7€も節約できるので、ぜひこちらをご利用くださいね。

スポンサーリンク

ブリュッセルの交際費はいくら?

最後にお伝えするのが、交際費。

せっかくブリュッセルに来たのであれば、娯楽も楽しみたいですよね。下記だいたいの費用を記載したので、ぜひ参考にしてください。

娯楽料金
美術館・ギャラリーの入場料無料〜10 €
オペラ・劇場30〜100 €
映画10 €
ライブ・コンサート10〜40 €
クラブ10〜15 €

こちらは日本の値段と、そんなに変わらないといえます。

座席や上演内容によって料金も異なるので、実際に足を運ぶ際は、各公式ホームページなどをチェックしてみてくださいね。

また、ブリュッセルではアートやフード系の無料イベントも開催されているので、FacebookといったSNSもこまめにチェックすることをおすすめします。

ベルギーの生活費と物価まとめ

ブリュッセルの生活費をご紹介しましたが、

1ヶ月にかかる費用はだいたい1人1,000〜1,500 €

だといえるでしょう。

現地では毎日カフェに行きたい、週末はアートやオペラを楽しみたい、旅行にたくさん行きたい…など、どんなライフスタイルを送るかによっても生活費は変わってきます。

自分の理想の生活を送ると、どれくらいの費用が必要になりそうか、今回の記事を参考に考えてみてくださいね。

また、ベルギーに限らず海外生活には、予想もしなかった出費が必要になってくるときもあります。万が一のときに備えるためにも、気持ち多めに生活費の準備はしておいた方がいいといえるでしょう。

それでは皆さんのベルギー生活が、楽しいものになりますように!

【ベルギーの関連記事はこちら】

↑ベルギー滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去のベルギーの記事一覧はこちら

スポンサーリンク

これまでにないユニークな海外滞在を!せかいじゅうホームステイ

せかいじゅうホームステイ

旅行ではできない、世界の暮らしを体験する「せかいじゅうホームステイ」

単身・友達・家族など、どんな方でもOK。長期滞在や留学、移住、リタイア生活にホームステイを利用しませんか?

北米、ヨーロッパ、アジア、オセアニアの世界各地のホスト宅で長期滞在を実現しよう♪

海外在住の日本人家族が海外の滞在先を提供します。詳しくは↓

世界各国のビザ、不動産エージェントの提携企業を募集しています

ビザ取得、不動産取得、法人設立など、日本人向けの海外移住・投資をする方のサポートをしている企業様へ

せかいじゅうは日本最大級の海外移住情報メディアです。このせかいじゅうを利用される海外移住希望者のサポートをしてみませんか?

主にビザ、不動産のエージェント企業様の応募をお待ちしています。せかいじゅう提携パートナーとして、ご協力ください。

ABOUTこの記事をかいた人

せかいじゅう編集部

せかいじゅう編集部です。海外で暮らすために大切な情報を集め、皆様にお届けいたします。「こんな記事が欲しい!」などあれば、お気軽にご連絡ください。