アルジェリア1ヶ月の生活費は10万円。内訳と物価事情を紹介

アルジェリア1ヶ月の生活費は10万円?物価事情を紹介

日本から約1,1000kmほど離れた北アフリカの国・アルジェリアの生活費はいくらかかるのか?

「アフリカ=物価が安い」というイメージが定着しているかもしれませんが、首都のアルジェを例に実際の生活費を見てみましょう。

※1ディナール(DA)=0.9円で算出
※消費税は19%

【イベント情報・海外移住の扉】

せかいじゅうNight オーストラリアに参加しませんか?

12月15日(日)・オーストラリア居住者とのトーク&移住方法を徹底解説♪→イベント詳細はこちら

アルジェリアの家賃(首都アルジェの場合)

首都のアルジェを例に紹介します。

住宅の主な種類は

  • 一軒家
  • アパート

があります。

アルジェ市内でも、中心街に近い場所や高級地はやはり家賃が高くなります。

そして忘れてはならないのが、一般的にアルジェリアでは一人暮らしをしません。結婚するまでは実家暮らし、結婚後に相手とともに新しい家に移り住むといったスタイルになります。

なので、日本で一般的な一人暮らしに適した住まいというのは、なかなか見つけづらいでしょう。

一軒家

場所によって大きく値段が異なりますが、だいたいは庭とガレージが付いています。

アルジェリアでは何世帯もの家族と一緒に住むということが割と多いです。なので部屋数が多く、広々とした家が多いです。

・間取り、広さと家賃例

広さ家賃
250平米、3部屋、高級地(庭、ガレージ付き)200,000DA(181,000円)
270平米、7部屋、2階建(プール、庭、ガレージ付き)150,000DA(136,000円)
360平米、8部屋、2階建て(庭、ガレージ付き)650,000DA(588,000円)

アルジェリアの一軒家

アパート

日本のアパート(マンション)などと比べると1部屋がとても大きく感じます。外観からは想像できませんが、中は窮屈に感じにくいでしょう。

よくエレベーターがないアパートがあり、上層部に住んでいる方は苦労しています。エレベーターの有無をしっかり確認しましょう。

・間取り、広さと家賃例

広さ家賃
F2 (1LDK)20,000DA〜150,000DA (18,000円〜136,000円)
F3 (2LDK)150,000DA(136,000円)
F4 (3LDK)60,000DA〜200,000DA (54,000円〜180,000円)
F5 (4LDK)80,000DA〜220,000DA (72,000円〜199,000円)
スポンサーリンク

光熱費

アルジェリアの光熱費の支払いは3ヶ月ごとになります。

天然資源が豊富なアルジェリアは日本と比べると光熱費は安くなります。

そのため、他国と比べると節電や節水をしている印象はありません。

例: 一軒家(2人)の光熱費

種類料金
電気1,700DA (1,500円)
ガス700DA(600円)
1,500DA(1400円)

夏場はエアコンの使用頻度が高まるので、電気代が上記の価格より上がり、冬場はセントラルヒーティングが主な暖房機器として使用されるため、ガス代が増えるでしょう。

スポンサーリンク

アルジェリアの食費と外食費

食物の物価

アルジェリアの食物のほとんどが自国生産しています。

野菜、果物、肉類などの生鮮食品は量り売りで販売されていますが、どれも日本より安いです。

アルジェリアの果物は安い

他にもパスタや豆類などもアルジェリア料理で使うことが多く、豊富で安価です。

しかしながら、生鮮食品以外のシリアルなどはヨーロッパからの輸入品がほとんど。生鮮食品が安い分、慣れてしまうと高く感じてしまいますが、アルジェリア人は自国の製品より輸入品を好んで購入しています。

食材物価
水(500ml)25DA(22円)
フランスパン10DA(9円)
卵(10個)100DA(90円)
じゃがいも(1kg)45DA(40円)
トマト(1kg)110DA(99円)
にんじん (1kg)80 DA(72円)
たまねぎ (1kg)115DA(104円)
イチゴ (1kg)220DA(199円)
レモン (1kg)350 DA(316円)
りんご (1kg)1,500DA(1360円)
スパゲティ(500g)50DA(45円)
シリアル(国産)150DA(135円)
シリアル(輸入品)370DA ~500DA(334円~452円)
コカコーラ(500ml)60DA(54円)
牛ひき肉(1kg)1000DA(904円)
牛塊肉 (1kg)1,000DA~1,500DA(904円~1360円)
いわし(1kg)600DA(542円)
カマンベール(輸入品)300DA(270円)

外食費

外食はというと、街にあるレストランを見てみるとファストフードが目立ちます

伝統料理などのレストランはあまりなく、そのような料理は家で食べるというのが一般的です。

ファストフード以外だと、洋食やアジアンレストランもありますが、アルジェリアの若者には少しお値段が高いようです。特に魚料理は少し高めです。

※アルジェリアのレストランでチップは必要ありませんが、行きつけのレストランなどで仲の良い店員などにはあげる人もいます。

外食料金
ピザ400DA(362円)
ハンバーガー150DA(135円)
洋食1プレート800DA~1,500DA(723円~1357円)
魚料理1プレート850DA~3,000DA(769円~2,714円)
アジアン料理1プレート1,000DA~2,000DA(904円~1,809円)

洋食があるレストランの外食費は、意外にも日本とそんなに大きな差はないように感じます。

アルジェリアの外食費

アルジェリア人家族らは月に何度も外食をする人もいますし、もちろん頼むものもプレートの他にサラダやデザートを付ける人も多いです。

食にはお財布の紐がゆるいのかもしれません。

せかいじゅうで大人のホームステイをしよう

海外在住日本人宅へホームステイしませんか?

旅行ではできない現地生活・文化を体験できます。「人生一度きり。日本しか知らないのは勿体ない」ワクワクする事、心が穏やかになる国・街がある。世界中のホストがお待ちしています♪旅行ではなく、世界の日常を経験したい方はこちら

日用品の物価

こちらも国産品と輸入品があります。

特に輸入品はフランスからの輸入が多いです。

外食料金
ティッシュケース(1箱)100DA(90円)
トイレットペーパー(4ロール)100DA(90円)
シャンプー(国産)100DA(90円)
シャンプー(輸入品)250DA~500DA(226円~452円)
歯磨き粉(国産)100DA(90円)
歯磨き粉(輸入品)150DA~250DA(135円~226円)

 

スポンサーリンク

通信費(携帯電話)

こちらは通信会社によって異なりますが、以下の例はある大手の通信会社の価格です。

プリペイド式なので、毎回支払いに行かなければなりません。

例:
通話:5DA(4円)/30秒
40GB:1,500DA(1,357円)
(1ヶ月40GBもあれば十分にインターネットを使えます)

交通費

車社会のアルジェリア、石油が豊富こともあって、ガソリンは日本より断然安価です。

他にもバスやメトロ、タクシーなども主流ですが、どれも利用しやすい価格です。

アルジェリアの治安は意外にも良いため、公共交通機関を利用しても危険ではありません。

しかし出発時間など書いていないのと、特にバスは満員電車のようになることもあるので、確実な移動手段は車になります。

渋滞もしばしば発生するので、時間に余裕をもった方がよいでしょう。

交通手段値段
ガソリン(レギュラー)39DA(35円)/リットル
バス20DA(18円)/一律
メトロ50DA(45円)/一律
タクシー30DA(27円)/km

 

アルジェリアは車の移動が主流

一般的な移動手段は車が主流のアルジェリアですが、現地の人のようにスピードを出して運転するのはなかなか勇気がいります。

車の移動が難しいのであれば、メトロの駅が徒歩圏内の場所をおすすめします。

スポンサーリンク

医療保険

アルジェリアでは医療保険は基本的に働いている人は自動的に加入しています。そのため、一般的には働いていない人は加入していないです。

最近になってプライベートの社会保険会社ができましたが、一般人にはまだ浸透していないように感じます。

医療保険のメリットは、薬を割引価格で買えること。(薬の種類によって割引価格が変わります。)

無料のものから20%、30%支払うものまで様々です。

医療保険がある、なしに関わらず、病院の診察は誰もが無料で受けられます。そのためたくさんの患者さんが集まり、待ち時間が長くなります。

私立の診療所は料金がかかりますが、待ち時間は短いため、お金に余裕がある人などは私立の診療所に行きます。

学費

アルジェリアの学費は無料です。(幼稚園〜大学)

しかし、私立の学校はもちろん学費がかかります。

アルジェリアの学校

例: ある私立学校の学費

  • 小学校:13,000DA(11,764円)
  • 高校:21,000DA(19,000円)

※私立大学はありません。

アルジェリアでの1ヶ月の生活費は一人10万円程度

たとえば単身でアルジェに移住した場合の1ヶ月の生活費ですが、下記のように計算してみると91,500円になります。

こちらの計算はゆとりのある暮らしを想定していますので、節約するともっと費用を抑えることができるでしょう。

項目費用
家賃F2 (1LDK)72,000円
光熱費3500円
食費4500円
外食費(週1)6000円
日用品2000円
通信費1500円
交通費2000円
合計91,500円

 

ここでは、主な支出を記載していますので、その他娯楽費用などをあわせても10万円程度かと思います。

基本的にはイメージ通り、日本の物価より低い結果となりましたが、暮らしていると意外と同じような値段のものもあることが分かってきます。

アルジェリアの一般的な初任給は日本と比べると半分以下なので、物価に納得がいきますね。

アルジェリア人はそんなに働いていないように見えますが、心に余裕があり、人生はお金じゃないと言っているかのような雰囲気があります。

自由気ままなアルジェリアの生活をぜひ皆さんも体験してみてください。

スポンサーリンク

これまでにないユニークな海外滞在を!せかいじゅうホームステイ

せかいじゅうホームステイ

旅行ではできない、世界の暮らしを体験する「せかいじゅうホームステイ」

単身・友達・家族など、どんな方でもOK。長期滞在や留学、移住、リタイア生活にホームステイを利用しませんか?

北米、ヨーロッパ、アジア、オセアニアの世界各地のホスト宅で長期滞在を実現しよう♪

海外在住の日本人家族が海外の滞在先を提供します。詳しくは↓

世界各国のビザ、不動産エージェントの提携企業を募集しています

ビザ取得、不動産取得、法人設立など、日本人向けの海外移住・投資をする方のサポートをしている企業様へ

せかいじゅうは日本最大級の海外移住情報メディアです。このせかいじゅうを利用される海外移住希望者のサポートをしてみませんか?

主にビザ、不動産のエージェント企業様の応募をお待ちしています。せかいじゅう提携パートナーとして、ご協力ください。

ABOUTこの記事をかいた人

せかいじゅう編集部

せかいじゅう編集部です。海外で暮らすために大切な情報を集め、皆様にお届けいたします。「こんな記事が欲しい!」などあれば、お気軽にご連絡ください。