【ルクセンブルク大学在学者が語る】特筆すべき魅力や学生生活の実際を紹介

ルクセンブルク大学。特筆すべき魅力や学生生活の実際を紹介します

ここでゃ、ルクセンブルク国内唯一の総合大学であるルクセンブルク大学に迫ってみたいと思います。

ここに書かれている情報は、大学の公式ホームページ、または筆者自身の交換留学による在学体験をもとにしています。

【NEW】せかいじゅうイベント情報

せかいじゅうNight マレーシア 9/16(祝日)at Tokyoに参加しませんか?

マレーシア居住者とのトークイベント&世界を目指す仲間を見つけよう♪お席は先着順!イベント詳細はこちら

ルクセンブルク大学の歴史

ルクセンブルク大学は、2003年に創立した新しい大学で、2019年で15周年を迎えました。

大学は、かつて栄えていた鉄鋼産業地帯に建てられています。

ルクセンブルク大学のキャンパス内の製鋼所

ルクセンブルクの主要産業が鉄鋼業から金融業に移行するにつれてこの地帯も衰退していったのですが、政府が大学を誘致することを決め、今に至っています。

そのため、今でもキャンパス内には、昔使われていた製鋼所がそのまま残っており、過去から未来へとつながるシンボルとなっています。

スポンサーリンク

ルクセンブルク大学の特長

国際性の高さ

大学の特長としては、まずその国際性の高さが評価されるのではないでしょうか。

2016年のThe 200 most international universities in the worldというランキングでは、2位にランクインしています。

ルクセンブルク自体が多言語国家ということもあり、授業はフランス語・ドイツ語・英語で開講されています。

どの学部であっても授業によってこの3言語で展開されていて、このうち2つあるいは3つを授業内で組み合わせているものもあります。

授業は上記3か国後で行われていますが、その3か国語を始めとした様々な語学コースも開講されています。

生徒は113もの異なる国籍を持つ人々が集まっており、国際的なネットワーク構築にたけています。

ルクセンブルク国籍を持つ学生が44%であるのに対し、54%の学生は他のEU諸国の国籍を持ち、19%はEU外の国籍を持つ生徒です。(2重国籍の場合を含むので100%を超える)

また、ルクセンブルク大学の正規生は、1学期間の留学が義務づけられています。354もの大学と提携をもち、それらの大学へ留学を送り出したり、学生を受け入れたりしています。

ヨーロッパの中心に建てられた大学

次に、ヨーロッパの中心に建てられている現代的な大学であることです。

Times Higher Education World University Ranking (2018-2019)では250位以内にランクインし、その中でのYoung University Ranking (2019)では17位にランクインしました。

ヨーロッパの金融・経済の中心であるルクセンブルクに建つルクセンブルク大学は、実際の社会や市場との結びつきが強く、実用的な学習ができると言われています。

ルクセンブルクの地理的条件も、他のEU諸国から学生が集まる理由となっています。

人間同士の距離が近い

また、生徒や教授に関わらず人間同士の距離が近いのもこの大学の特長です。

6366人の学生に対し、1823人の大学勤務者がいます。

学部によって教授対生徒の人数比は異なりますが、私の学科の場合だと教授はきちんと生徒の名前を覚えてくれていて、学内やスーパーマーケットなどで会うと話しかけてきてくださいます。

大学1年生には、最初の1学期のみ大学3年生のバディと呼ばれる人がつき相談などに乗ってくれます(大学3年生として留学した私にもつきました)。

お姉ちゃんお兄ちゃんのような存在で、ご飯を一緒に食べたり出かけたりしている人もいます。

バディ関係が終了した後でも、学内で会えば気にかけてくれる頼れる存在です。

3つの学部

学部は、

  • Faculty of Science, Technology and Communication (理工学系)
  • Faculty of Law, Economics and Finance (法経済学系)
  • Faculty of Language and Literature, Humanities, Arts and Education (人文科学系)

の3つです。

この3つの下にそれぞれいくつかの学科が存在しています。

学生はどれかの学科に所属することになりますが、他学部他学科の授業をとることももちろん可能です。

修士・博士課程も充実しており、多くの生徒が在籍しています。

大学自体が研究に力を入れているので、修士以降では学士課程にある学科がさらに細分化されていて、多様な研究がなされているようです。

スポンサーリンク

建物や大学構内

キャンパスは

  • Belval
  • Limpertsberg
  • Kirchberg

の3つがあり、コースによって分かれています。

学部生が通うメインキャンパスであるBelval(ベルバル)キャンパスについて紹介します。

まず、キャンパスのメインビルディングであるMaison du savoirです。この建物には教室と学校の事務、職員の部屋(一部)が入っています。

ルクセンブルク大学のBelval(ベルバル)キャンパス

1階(日本でいうところの2階)には小さなカフェテリアがあり、いつも行列ができています。

その階には机が並んでおり、ご飯を食べたりしゃべったりする生徒や職員でにぎわっています。グループでプレゼンテーションの準備を進めたり、一人で勉強をしたりする際にも利用していました。

ルクセンブルク大学のBelval(ベルバル)キャンパス内のカフェ

ルクセンブルク大学のBelval(ベルバル)キャンパス

通常の教室はこのような感じです。

壁がすべてホワイトボードになっていて、インタラクティブな授業がしやすいようになっています。

ルクセンブルク大学のBelval(ベルバル)キャンパス内の教室

教室

そして、食堂はこのような感じです。

ルクセンブルク大学のBelval(ベルバル)キャンパス内の食堂

食堂

ここは昨年の11月にオープンしたまだ新しい場所です。

ルクセンブルク大学の学食は賞もとっているほど本格的でおいしいものです。

メニューは、肉や魚・ピザやパスタ・麺類などの中から選び、それにサラダや前菜・フルーツといった小皿を自由に組み合わせていくようなスタイルです。きちんとみんなの嗜好や宗教に配慮し、ベジタリアンメニューやビーガンメニューなどもあります。

例えば、ある日の昼食なのですが、これで4ユーロ(500円)ほどです。

ルクセンブルク大学のランチ

4ユーロ(500円)で、おいしくボリュームがある!

物価が高いルクセンブルクでは大変安いし、ボリューミーなのでとてもおなかいっぱいになります。

最後に図書館です。

ルクセンブルク大学の図書館

図書館

ここも昨年の9月に完成したまだ新しいもので、とても綺麗です。

図書館は製鋼所のすぐ横に建てられていて、内部の柱や窓枠などに製鋼所の素材や組み込まれています。

個人で勉強するスペースとグループで活動するスペースに分かれており、どんな用途にも対応できるようによく考えて設計されています。

普通の椅子もあれば、ソファのような椅子もあり、飽きないように環境を変えやすい工夫がされていると思っています。

ルクセンブルク大学構内

ルクセンブルク大学構内

日本には無いためよく羨ましがられるのが、仮眠室です。

ルクセンブルク大学の仮眠室

仮眠室がある!

ここで少し睡眠をとってリフレッシュすることができます。

図書館内はどこでも飲食自由なのも日本とは違うところだと思います。

大学構内はどこでもWi-Fiとコンセントも完備されているので、何も気にせず快適に勉強に打ち込むことができます。

せかいじゅうで大人のホームステイをしよう

海外在住の日本人宅のホームステイしませんか?

旅行ではできない現地生活・文化を体験できます。「人生一度きり。日本しか知らないのは勿体ない」ワクワクする事、心が穏やかになる国・街がある。世界中のホストがお待ちしています♪旅行ではなく、世界の日常を経験したい方はこちら

ルクセンブルク大学の学費

学費は、学士課程の場合、入学金が400ユーロ一学期間に2,200ユーロかかると記載されています。

ルクセンブルクの学士課程は3年間のため、よって合計で400 + 2,200 ×6 = 13,600ユーロ (167万円) の学費がかかります。

日本だと、筆者が通っている日本の私立大学の学部を例に挙げると一年間で105万かかっていたので、それと比べると大変安いのではないかと思います。

日本で大学生活をする約一年間の学費で、このような素晴らしい大学で3年間在籍することができます!

留学としてルクセンブルクに来る学生に関しては、学費はかかりません。

修士課程以上では、コースによって異なりますが約20,000ユーロ (25万円) かかるようです。

スポンサーリンク

入学方法

ルクセンブルク大学に正規の学生として入学したいのであれば、まず高校の卒業証明書の提出が必要です。

それに加え、試験が課される学科、志望理由書やエッセイが課される学科などさまざまです。

自分が志望する学科のホームページを見ていただけたらと思います。

留学生として入学するのであれば、2種類の入学方法があります。

  1. 提携校からの交換留学
  2. フリームーバー

としての留学です。

EU圏内からくるのかそれ以外からくるのかによって必要書類が異なるのですが、ここでは日本国籍の人を想定します。

筆者は交換留学ですが、この場合、大学が指定する留学願・在学証明書・成績証明書・語学力の証明書・志望理由書などをまとめて出願しました。

その後、ルクセンブルク大学からの入学許可をいただき、自分が専攻する学科を決めてもう一度motivation letterと呼ばれる志望理由書及び留学計画書のようなものを提出しました。

そして正式に入学許可証をいただきました。

フリームーバーとは:

ルクセンブルク大学と提携を結んでいない大学からの留学のことなのですが、まず在学している大学からの推薦状が必要となります。大学経由ではではなく自分で連絡をしたり書類を送ったりしないといけないので、その分大変ではありますが、必要な書類や手続きはほぼ変わりないと思います。

ルクセンブルク大学生活の実際を紹介

学部によって異なると思いますが、参考までにここでは心理学科生である私の一日を紹介したいと思います。

この日は授業が二つと、タンデムが二つありました。

タンデムとは、教えられる言語と教えてほしい言語がマッチする人同士で教え合いを行うことで、言語習得のために積極的に行われています。

日本語を教えてほしいという学生は意外と多いので、日本語を教える代わりにドイツ語とフランス語を教えてもらっていました。

時刻内容
9:00家を出る
9:45-11:15心理学科の授業を受講
11:30-13:00学科の友達と食堂で昼食
13:30-14:30日本語・ドイツ語のタンデム
15:00-16:30英語学科の授業を受講
16:45-17:45日本語・フランス語のタンデム
18:00-20:00グループプレゼンテーションの準備
20:00-22:00図書館でレポート執筆
22:30帰宅

 

課題やプレゼン等が重なる時は上記のように忙しいですが、それらがない時は友達とご飯を食べに行ったり早めに家に帰ってきて家事をやったりしています。

現地の学生は、家族や恋人との時間をとても大切にしています。ルクセンブルクが豊かな国であるのが理由でしょうか、アルバイトをしている学生は少ないです。

日本の大学にあるようなサークル活動はないのですが、スポーツやアートなどが好きな人が集まって活動するコミュニティのようなものはあります。私は音楽のコミュニティに入っていて、同じく音楽が好きなメンバーと週に一回集まって、いろんな国の歌を歌ったり歌遊びをしたりしていました。

毎学期に数回、大学内のホールで大きなパーティーを開かれます。

そこではDJもいてお酒も販売されていて、いわゆる「海外の大学」のような雰囲気を楽しむことができます。

スポンサーリンク

まとめ

ルクセンブルク大学の特長や実際の学生生活についてまとめました。

日本からするとあまり馴染みのない留学先だとは思いますが、類まれなる国際的なこの大学に来ることができて本当に良かったと思っています。

これらの情報で、ルクセンブルク大学を留学先の選択肢の一つとして考えていただけたら幸いです。

【ルクセンブルクの関連記事はこちら】

↑ルクセンブルク滞在に役立つこちらの情報もご覧ください。過去のルクセンブルクの記事一覧はこちら

スポンサーリンク

これまでにないユニークな海外滞在を!せかいじゅうホームステイ

せかいじゅうホームステイ

旅行ではできない、世界の暮らしを体験する「せかいじゅうホームステイ」

単身・友達・家族など、どんな方でもOK。長期滞在や留学、移住、リタイア生活にホームステイを利用しませんか?

北米、ヨーロッパ、アジア、オセアニアの世界各地のホスト宅で長期滞在を実現しよう♪

海外在住の日本人家族が海外の滞在先を提供します。詳しくは↓

世界各国のビザ、不動産エージェントの提携企業を募集しています

ビザ取得、不動産取得、法人設立など、日本人向けの海外移住・投資をする方のサポートをしている企業様へ

せかいじゅうは日本最大級の海外移住情報メディアです。このせかいじゅうを利用される海外移住希望者のサポートをしてみませんか?

主にビザ、不動産のエージェント企業様の応募をお待ちしています。せかいじゅう提携パートナーとして、ご協力ください。

ABOUTこの記事をかいた人

せかいじゅう編集部

せかいじゅう編集部です。海外で暮らすために大切な情報を集め、皆様にお届けいたします。「こんな記事が欲しい!」などあれば、お気軽にご連絡ください。